SQLの窓 イラストAC フリー素材

2021年12月25日

Excel : 16

Excel の操作は非常に多岐に渡ります。作成するドキュメントを自由自在に操れるように最低限のショートカットを知っておく必要があります。

でワークシート追加します。その後、で直前の処理を繰り返してたくさんワークシートを作成してください。画面上には最後のワークシートが表示されなくなるので、左下の右向き三角をを押しながらクリックすると最後のワークシートまで移動します。逆にその状態で左下の左向き三角に同様の処理を行うと先頭のワークシートに移動できます。

書式を作成する為に列幅を全て1にする為にで全ての列と行を選択します。そして、適当な列タイトルを右クリックして列の幅に1を入力します。その状態で右下のアイコンをクリックして標準に戻ると、現在の1ページの輪郭にが表示されます。

その範囲の一番右下に何でもいいので文字列( X にします )を入力し、名前ボックスにと入力するかキーで最初のセルに移動します。そしてキーで1ページぶんが選択されるので、キーで輪郭に罫線を引きます。最後にでデータを削除し、印刷プレピューを起動して罫線を確認して右下ので余白罫線も表示させてレイアウトを調整します。

ワークシートは、で最初に選択(シート名で)したワークシートから右へ選択されていきます。(または SHIFT キーを押しながらマウスで最後のシートのシート名をクリック)ので、上記の一連の処理を選択状態で行うと、全てのワークシートに反映されます。最初のシートのレイアウトをコピーしたい場合は、で全ての列と行を選択してからコピーし、ワークシートを複数選択(シート名で)した状態で貼り付けます。

選択状態の解除は、非選択のワークシートのシート名をクリックするか、任意の選択中のシートのうちの一つをシート名で選択してからキーを押しながらそのワークシートのシート名をクリックします。

posted by at 2021-12-25 13:50 | 講師生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月24日

Windows のアプリケーション : 15

Windows には GUI を持ったアプリケーションとバッチ処理用のアプリケーションがあります。以下の説明に該当する有益なアプリケーションのファイル名を記述してください。

【GUI】
 : 電卓
 : スクリーンキーボード
 : レジストリエディタ
 : ディスク イメージ書き込みツール
 : Windows のバージョン情報

【バッチ】
 : コマンド ライン ツールの出力を Windows クリップボードにリダイレクトします
 : ファイル (複数可) 内のテキスト文字列を検索します
 : ファイル内のテキストのパターン(正規表現を使用)を検索します
 : 現在のホストの名前を出力します
 : 確実なファイルコピー( xcopy ではありません )
 : コマンド処理の一時停止

Windows では、ms-settings:設定名 で各種設定ウインドウが開きます。以下の説明に適した設定名を記述してください

 : スピーカ・マイクの音量等
 : 解像度・マルチディスプレイ等
 : コンピュータ名・メモリ量・Windows バージョン等
privacy- : アクティビティの履歴をオン・オフ





posted by at 2021-12-24 17:39 | 講師生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月23日

リモートアクセス( 遠隔操作 ) : 16

リモートアクセスは、いろいろな場面でとても有用な手段となっています。特に昨今の在宅勤務でも威力を発揮しています。但し大きく分けて二種類のレベルがあり、一つはを介して世界のどこであってもアクセスが可能なものと、内でのみ利用可能なものです。

前者を A、後者を B とした場合それぞれ二つづつのソフトウェアの名称を記述してください
A1 : 
A2 : 
B1 : 
B2 : 

A1の力を借りるもので、アカウントと PC を紐づけて自宅より会社のPC にアクセスが可能となります。
A2 は本来は別の目的で使用されますが、相手が時にこちらから遠隔操作を可能にするものです。

B1 はWindows の標準機能で、相手側の PC でアクセスを許可する必要があり、相手側の PC はになります。
B2は、片方のPC にソフトをインストールしてソフトからアクセスします。B1 とは違い、相手側の PC も利用可能なので、自分のPC をにしてプロジェクタに接続しているPC をにする事によってリモート操作の重さを感じずに任意の PC でプレゼンが可能です。

A1 では、接続時にも共有するようになっているので、二つの PC を一つのデスクトップ内で切り替えて使うような事になります。また、大きなファイルはという単純な操作で相互にやりとりが可能です。


posted by at 2021-12-23 16:10 | 講師生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月22日

Windows 基本操作 : 13

Windows から様々なアプリケーションを実行し、業務や開発を効率化する為に Windows のデスクトップからの操作と重要なアプリケーションの核となるポイントを把握しておく必要があります。

Windows にユーザでログインして最初に表示される情報は大きく分けて3種類あります。
A : 
B : 
C : 

A は特殊フォルダです。とファイル名を指定して実行やエクスプローラのアドレスバーに入力する事でそこにあるファイルの一覧を表示する事ができます。この一覧に表示されるのは、B です。Cにはさらに様々な情報が表示されていますが、日本語入力に関するの扱いは重要です。

A は、フォルダという側面とという側面を持ちます。なので、必要なデバイスを整備するとという拡張が可能になり、他のデバイスに A の中にある情報を表示する事が可能になります。これは、特殊なアプリを使う事によって、他のデバイスはスマホやタブレットでも可能です。その際に利用するデバイスは無線LAN子機で可能で、という機能で有線LANのPCにスマホ等からWiFiで接続可能になった状態で可能になります。



さらに、で起動された拡大鏡によって、A は画像データ+αとしてシステムに管理されるようになり、拡大鏡の機能によって、システム経由で取得可能な文字が機械音声に変換されます。また、Zoom では画面共有時には Zoom のコントロールが相手側に表示されませんが、拡大鏡を起動すると表示されるようになります。

B はファイル・フォルダそのものか、ユーザがアプリケーションを起動する為のショートカットが殆どとなりますが、システムが管理するものもあり、表示・非表示をでチェックボックスで指定します。このダイアログは【個人用設定】>【テーマ】の右サイドにある関連設定からリンクされています。

C の一番右端をクリックすると即座にを表示する事ができます。その後、でシャットダウン等を選択可能なダイアログを表示する事ができます。


posted by at 2021-12-22 14:34 | 講師生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タスクマネージャ : 16

タスクマネージャは、Windows をリアルタイムで管理する重要なツールですが、それ以外にもいくつかの利用パターンがあるので覚えておく必要があります。

実行は、タスクバーを右クリックしてメニューから実行するのが直感的ですが、スタートメニューの右クリックメニューにもありますし、ショートカットキーはで、アプリケーションとして実行する場合は.exe です。



通常の運用では【詳細】表示でプロセスが開きますが、デスクトップで明示的に実行したアプリーションを強制終了したい場合は【簡易表示】に切り替えて選択して右下の【タスクの終了】をクリックします。しかし、表面から解らない任意のアプリを強制終了するには、タブかタブを使用します。特に後者では全ての実行単位が表示されるので、その実行ファイルのを知るのに役立ちます。また、この画面では列にを追加する事によって、64ビットアプリなのか32ビットアプリなのかを確実に知る事ができます。

もう一つリアルタイムな情報としてはタブでPCのレスポンスにかかわるを知る事ができるので、作業効率を考えてチェックする必要もあります。

それ以外の利用方法としてはタブで StartUp フォルダレジストリに登録されている自動実行アプリを無効にする事ができます。また、タブの下部に管理ツールを起動するリンクがあります。そして、タブからエントリを右クリックして表示されるメニューからコントロールバネルの該当ページが開き、そのページ左側最後のリンクから設定ダイアログを開く事ができます(システム用はここからは変更できません)

それ以外の特殊な利用方法としてメニューから選択してするウインドウにできるので、デスクトップでの動画作成時に隠したい情報の上に重ねる事ができます。(メニューから一時停止にできるのでリアルタイム表示が止まっている場合があるので注意してください)

最後に非常にレアな使い方ですが、ファイルメニューからがあるので、を再起動するのに使用する事ができます。
posted by at 2021-12-22 11:47 | 講師生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

管理ツール・コントロールパネル : 13

Windows を管理する GUI で最も代表的なのはです。起動方法は、WIN + で表示されるメニューか、PC アイコンを右クリックで表示されるポップアップメニューからが一般的です。

 ( ローカルユーザとグループは Windows の Home エディションでは表示されません )
赤線で囲われたアプリケーションの主な役割を記述してください
1) 
2) 
3) 
4) 
5) 
さらに、もう一つの Windows を管理する上でとても重要なアプリケーションが.exe です。このアプリケーションを実行する事で表示されるウインドウはと呼ばれていますが、コマンドの引数としてを指定し、その後に【正規名】(https://docs.microsoft.com/en-us/windows/win32/shell/controlpanel-canonical-names) を指定する事でいろいろな管理アプリケーションウインドウを開く事ができます。

例えばファイアーウォールを開く為の【正規名】は、です


※ 実際のファイアーウォールの設定は、左サイドのをクリックします

全てのツールをエクスプローラ上で見渡すには、【正規名】であるを使用します。

posted by at 2021-12-22 09:25 | 講師生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする