SQLの窓 イラストAC フリー素材

2009年10月12日

VB.NET(2005):クリスタルレポートの作成方法




VB.NET( 2005 ) : クリスタルレポート(CrystalReport) 作成の基本


Oracle7 の時に出会った有償ソフトウェアですが、今、どの程度使われているかは
さすがに知りません。ですが、有償版の Visual Studio にバンドルされているのですから、
レポート用ソフトウェアというものを知る為の手段としては、とても良いものです。

実際、実用レベルで設計されるレポート用のアプリケーションは複雑怪奇なので、
このようなソフトウェアを選択するかどうかはケースバイケースですが、単純な
集計や一覧であればとてもコストパフォーマンスの良いものです。

とはいうものの、学生レベルでは使いこなすには結構時間のかかるしろものではありますが・・・・




 





posted by at 2009-10-12 21:04 | VB.net | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月07日

VB.net:iText(PDF)で、MSGOTHIC.TTCを使って4つのレイヤーを使うサンプル(要itextsharp.dll)

posted by at 2009-10-07 01:05 | VB.net | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

VB.net:印刷処理

VB.NET ベースでかなりベタで印字処理するのに、何段階かに分けてまとめているのですが、
とりあえず、単純行印字まではできました。この次はヘッダ部分の印字や合計処理といった
ブレークや集計やら印字抑制やら・・・・

まずまとめるのは無理でしょうね。

VB.NET : 印刷(1)
VB.NET : 印刷(2)
VB.NET : 印刷(3)


PrintPreviewDialog のツールバーの変更
設計書としての印刷フォーマットのサンプル
コントロールブレイクのセオリー

posted by at 2009-06-29 18:50 | VB.net | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月11日

VB.net:valueとtextを扱うユーザーコンボボックス

VB.NET ユーザクラス(継承)

Visual Studio で普通に追加できる UserControl の継承元を ComboBox に変更して使用しています。
デザイナ部分の変更はできませんが、普通のコンボボックスと同様に利用できます。

valueとtextを扱うコンボボックス

オリジナルでは、Object をコンボボックスのコレクションに追加できるようになっているので、
ほぼ決め打ちですが、HTML で使用するような仕様にして、それに必要なメソッドを実装しなおしています。


posted by at 2009-06-11 16:14 | VB.net | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

dllや実行ファイルからアイコンデータを画像として抽出するのに、VB.NETのWindowsアプリケーションでFormを使わずにバッチ処理



VB.NET Framework2.0

学生のプロジェクトのテーマを昨日考えていて、おもいついたアイデアに一番最初に
必要そうなアプリを作ってみました。この3月の卒業生に、運良く窓の杜に掲載された
学生が居るのですが、その時システムのアイコンの扱いの相談を受けていろいろ
調べて書いたコードが残ってたので。

もともと、C# でみつけたコードがあって、それを VB.NET にコンバートして
テストしたものですが、今回他のサイトもチェックして一気に作りました。
( 窓の杜に掲載された学生はC#で書いています )

短いコードですが、裏付け取るのはそれなりに時間がかかるのです。
あとでこうやって紹介する予定もありますしね。

dll/exe等からアイコンを画像化


posted by at 2009-06-06 20:32 | VB.net | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

DXライブラリを使った2Dゲームのソースコードを引っ張り出して再公開してます

3年前に作った2Dゲームサンプルコードの再公開
Easygame

もともと、VC6++ で作ってたやつを、Visual Studio 2005 で読み直して、変換して
ライセンス表示を付加して使えるようにしました。ソースコードしか入ってないので、
Visual Studio 無いと使えませんが、あるのならば .sln からすぐ実行できます。
( DXライブラリ を同梱してますので )

※ 得点システム等は無く、ゲームとしては弾を撃って敵に当てるだけです

実は、このバージョンななるまで10段階くらい固めたファイルがあるのですが、
全く管理できていないので、今回少しずつ再チェックしようかと思ってます。
2Dゲームサンプルコードの 01 バージョンです
Easygame001


と、同時に DXライブラリにあった C# 用とかいうライブラリを VB.NET(2005) で動作
確認したので、C++ バージョンをVB.NETに移植していくつもりです。

VB.NET による EasyGame ( まずは基本クラスと初期処理のみ )


posted by at 2009-06-05 17:05 | VB.net | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

VB.NET+Oracle(最もシンプルなソースコード)

ソースーコードの参照



MySQL に続いて、Oracle でも書いてみました

自分の作ったクラスの中から切り貼りしてるだけなので、すぐできちゃったのですが、
やはり、MySQL に比べると処理が多くなります( あたりまえか )

結局これをクラスに作りなおせれば、Windows アプリケーションを作る目的の
半分は達成ですかね。システムとしての入力インターフェイスは王道があるので。

ちなみに、テストには Visual Studio は使用していません。
こちらのバッチビルドパッケージを使用しています ( Framework は 2.0 でテスト )
Framework のパスを変更すれば、上位 Framework でも使用できると思いますが、
そのテストは火曜となります。


 
posted by at 2009-04-19 19:23 | VB.net | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

【VB.NETバッチビルド】VisualStudio無しでForm+DBアプリケーション(1)

最初の内容なので、基本説明が多いです。
ソースコードさえあればなんとかなる「プログラマ族」にはあまり必要無いかもですが・・・
この手の内容も一度は書いておかないと。

今回の最終試験の一つですが、同じ仕様のマスタメンテを VB.NET と Java( Swing ) と Flex( +PHP )
で Oracle 接続で行います。卒業生はできて当たり前ですが、進級組にはちょいとキツイかもですが、
2週間くらい時間与えるし、事前にする事を半年前から言ってるし、ダメだったら自分のせい(笑)

機能だけを乗っけるならば、デザイナは余計な時間を喰います。
テキストエディタだけでやったほうが速いし、裏事情も学べるし、
言語は違っても基本変わらない事が一目瞭然。

それ以外の奥深〜いネタ振りも兼ねてるんですが。


続きを読む
posted by at 2008-11-27 16:52 | VB.net | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月06日

【VB.NET】ユーザーコントロールなコンテナでDockingManagerをもっと使いこなす為に

DockingManager (Magic Library 1.7.4) の利用方法では、DockingManager を 
Form に適用していたので、Form にメニューを実装するとドッキングするコントロールが
メニューとフォームの間に入り込んでしまいます。

これを避けるには、フォーム以外のコンテナに DockingManager を適用して
その中にコントロールを配置すれば解決します


続きを読む
posted by at 2008-11-06 21:58 | VB.net | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VB.NET : VisualStudio のようにする為に、DockingManager ( MagicLibrary1.7.4 ) を使う為のチューニング

Visual Studio のツールボックス枠のような、「タプのみ」「外枠張り付き」「浮いた状態」の3つの状態を持つコントロールを実装する為のフリーのライブラリです。

現在最新バージョンは有償ですが、この有償になる直前のバージョンの利用方法をまとめた記事です。

↓最新バージョン



通常ですと、閉じるボタンで非表示になってしまって、メニュー等から再度表示させる必要があるのがこのコントロールの特徴ですが、Visual Studio のような多くのツールウインドウを必要としない、一般ユーザのアプレケーション用にチューニングし、非表示にならないコントロールを行っています 


posted by at 2008-11-06 21:57 | VB.net | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します