SQLの窓 イラストAC フリー素材

2011年12月25日

青年漫画風ミタさん



今年はあまり絵を描かなかったです。それどころでは無かった部分も多く、先行きが不安な事ばかり続く一年でした。

ミタさんは最後だけ見ました。評判からだいたい想像できたし、見なくてもインターネットをうろうろしていると、いろいろあらすじはちゃんと耳に入ります。

でも、時間がある日に最終回だったので最後は見ました。視聴率は予想通り自分みたいな人がみんな見たのだと思います。でも、物語って『終わる』のが最も難しいのです。そういう意味で点数付けるとすると50点くらいかもしれませんね。でも、仕方無いんですよね。

主人公の女優さんに似せても意味無いので、普通に無表情を意識して描きました。

実写って多少感情移入が難しいです。俳優や女優が演技している事解ってるし、その人がそのドラマに挟まれた CM にでも出て来ようものなら、ちょっと現実に引き戻されてしまいます。その点、ノベルや2次元ならそれは無いかもしれません。

というか、セカイで最もそれが凄い国に住んでるせいでそんな事思うのかもしれません。


posted by at 2011-12-25 17:46 | Comment(0) | 手書きブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月24日

妖怪人間終わっちゃいました



亀梨クンの帽子取った姿は、ベムと言うよりどう見ても『手天童子』なんですね、自分の中では。とても絵になってましたし、変身後の姿は別の意味で日本のああいう技術が普通にドラマに使えるレベルになったんだなぁ・・という感動もあります。

妖怪人間もそうですが、ワイルド7とか、大昔の物語が今の技術でどこまでドラマ化できるかって事を考えると、これからは『なんでもいける』ような気がしてならないです。



posted by at 2011-12-24 22:38 | Comment(0) | 手書きブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手書きブログと、メリー・クリスマス



また一年経ってしまいましたが、年末に手ブロはかなり様変わりしました。

今年は描いてませんが、今日はクリスマス・イブなので過去のサンタ絵を貼ります







posted by at 2011-12-24 22:26 | Comment(0) | 手書きブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月25日

最近「手書きブログ」の変化が激しいです



いまいちどういうコンセプトで変化を繰り返しているのか解らないですが、
「デザイン」に関しては先走り感がいなめません。自分は知識があるから、
どうってことは無いカスタマイズですが、ちゃんと使ってる人が居るとは
あまり思えないですね。

以前解説本が出版されましたが、ほとんど役に立たない本と化してます。

エディタの進化は、とても面白いですが、これも普通の人には解りづらい
ところが多いようです。もともと、「マニュアル」というものを作らない
で、その内容をユーザにもてあそばしてモチベーション上げると言うよう
な手法と感じていましたが、そんな事言ってられない社会情勢なんでしょ
うか。

とにかく、いろんな部分で「必死感」を感じますが慣れない作業に戸惑って
いて、全体の管理が破たんしつつあるような所感です。

ユーザも、絵を各く人も多いのは解りますが、それがどの程度収益につな
がるかどうかで、なりたつかどうかも決まるわけですが、ユーザの動きを
イマイチ制御できていないような気がしたり。

そもそも、みんな「描くこと」以外に殆ど興味無い若い人ばかりのような
気がしますし、本当のプロのような人達は、閉鎖的な気がします。

もっと、外側へマーケティングして欲しいです


posted by at 2011-11-25 01:51 | Comment(0) | 手書きブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

実際問題「時間」っていくらあっても足りないですね




今日おふくろと電話で話しました。4年越しの問題が解決したそうで、とてもとても、いつもより声が大きかったです。

息子としても、とてもうれしいのです。


posted by at 2010-12-05 21:53 | Comment(0) | 手書きブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月27日

トニー・ジャー




監督や演出としてはまだたまだ感のある映画ですが、このシーン(「ガルーダの翼峰」の指揮を執る事になった時)の風貌を記憶を元に無理やり再現しました。表情はもっと険しかったですが、手プロなのでやさしめに。


posted by at 2010-08-27 08:33 | Comment(0) | 手書きブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

本心



ほんとうに良くある構図ですが、パレットプラグインの薄い色使いをテストして、髪の毛の光沢を出したかったのですが、薄い色と濃い色との融合って凄く難しい事が解りました。

しかし、時間がかかりますね。色にこだわると。


posted by at 2010-05-26 21:44 | Comment(0) | 手書きブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

パレットプラグインの機能テストの為にアマゾン画像の模写

夏候淵 妙才 : フィギュア模写


多少アレンジはしていますが・・・


以前は、デスクトップの左に画像を置いて、右に手ブロを開く
と、当然ですがプラグインは隠れてしまっていましたが、移動
可能にしたのでどうなるかな・・・と試してみると思いの他快
適でした。

実際問題、もう本体のパレットは必要無いので、その部分を重
ねて使えるように、ペン用のコンテンツをプラグイン側にセッ
トすると、もっと心地よいかな・・・とも思いました。

ゴールデンウィークももうすぐですし、色々もっと機能を付加
したいのですが、誰かもっとアイデア提供してくれないもので
しょうか。


こちらは元画像

一見膝蹴りにも見えますが・・・



タグ:模写
posted by at 2010-04-18 11:58 | Comment(0) | 手書きブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

最近視力が落ちてきましたので

元々乱視ぎみだったのですが、歳とともになんか見えたり見えなかったり。
これはいっその事見えない事を利用してぼんやり見える影から切り出しました。

ほんまかいな。





ハート機能が復活しましたね。
なんか、かわいいハートもらって、とてもうれしいです。




posted by at 2010-03-30 20:28 | Comment(0) | 手書きブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

Bones( テンペランス )の最後の一言

この落ちには日本人に近い感性を感じました。



字幕は確証は無いのですが、たしかこう言っていて、

「豆粒大の前頭葉のままじゃイヤ!」

これは、そもそも本編の途中で出てくるブースの言動で、さらに彼の弟にもからめておいて、最後にブレナンがこう言った時は爆笑です。しかも、その後のブレナンの可愛い事。これもなんか日本人ぽい演出だなぁ・・・と思ったり。

で、気になったので調べてみるとやっぱりセリフを書いてるところがありました。さすがインターネット。その気になるとみつかるです。

Bones (TV series) - Wikiquote

元々のセリフは以下。

--------------------------------------------------------------
Look, these kids, they go out into the world. They're alone, 
they have no supervision, they have to be bad. It's just in 
order to figure out what it is. It's a scientific fact that 
their frontal lobes are the size of raisins.
--------------------------------------------------------------

とっても日本人に合った訳は「豆粒大」なんですが、元はレーズンでした。確かに、レーズンサイズの前頭葉ではピンと来ませんものね。こういうのをきっと Goog job と言うのでしょうね。


タグ:似顔絵
posted by at 2010-03-22 18:39 | Comment(0) | 手書きブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します