SQLの窓 イラストAC フリー素材

2022年07月03日

2022年前期 (3) : その他

JavaScriptでライブラリを使用せずにページのコンテンツにアクセスするには、オブジェクトを使用する必要があります。HTML 要素に id 属性が記述( id="target" )されている場合、と記述する事によって、HTML要素のオブジェクトを取得する事ができます。しかし、この記述方法は記述が長く大文字小文字も区別されるので、間違いやすく問題が多いのが実情です。そこで、jQuery を使用する事によって簡潔に記述が可能になり、他の言語との親和性の高い概念を学ぶ事ができます。

まず jQuery で HTML 要素を参照する為に、CSS で使用される3種類のを使用する事が多くなります。一つ目は id 属性の値( id="target" )を使用して、と記述するだけで jQueryの HTML 要素のオブジェクトを取得する事ができます。二つ目は、属性のの値を使用して $(".target") と記述するだけで同じ値を持つ HTML要素を複数取得する事ができます。また、3つ目は HTML要素そのものなので、$("input") と記述すればページ内の全ての INPUT 要素を保持する jQuery オブジェクトが取得されます。

Excel の操作は非常に多岐に渡ります。作成するドキュメントを自由自在に操れるように最低限のショートカットを知っておく必要があります。まず、SHIFT + でワークシート追加します。その後、キーで直前の処理を繰り返してたくさんワークシートを作成してください。画面上には最後のワークシートが表示されなくなるので、左下の右向き三角をを押しながらクリックすると最後のワークシートまで移動します。逆にその状態で左下の左向き三角に同様の処理を行うと先頭のワークシートに移動できます。

書式を作成する為に列幅を全て1にする為に CTRL + で全ての列と行を選択します。そして適当な列タイトルを右クリックして列の幅に1を入力します。その状態で右下のアイコンをクリックして標準に戻ると、現在の1ページの輪郭にが表示されます。

その範囲の一番右下に何でもいいので文字列( X にします )を入力し、名前ボックスにと入力するか CTRL + キーで最初のセルに移動します。そして CTRL + SHIFT + キーで1ページぶんが選択されるので、CTRL + SHIFT + キーで輪郭に罫線を引きます。最後にキーでデータを削除し、CTRL + キーで印刷プレピューを起動して罫線を確認して右下ので余白罫線も表示させてレイアウトを調整します。

ワークシートは、で最初に選択(シート名で)したワークシートから右へ選択されていきます。(または SHIFT キーを押しながらマウスで最後のシートのシート名をクリック)ので、上記の一連の処理を選択状態で行うと、全てのワークシートに反映されます。最初のシートのレイアウトをコピーしたい場合は、で全ての列と行を選択してからコピーし、ワークシートを複数選択(シート名で)した状態で貼り付けます。選択状態の解除は、非選択のワークシートのシート名をクリックするか、任意の選択中のシートのうちの一つをシート名で選択してからキーを押しながらそのワークシートのシート名をクリックします。

ホームタブで一般に行われるセルの処理は、セルの書式設定ダイアログを CTRL + キー で表示させる事で場合によっては素早い処理が可能になります。特に、表示形式タブのユーザ設定では多様なフォーマットがあり、記号は文字列として列データが扱われます。また、データ側の先頭に記号を入力すると、以降の値が数字でも文字列扱いとなります。

の最後まで移動するには、それぞれ、CTRL + キーとCTRL + キーを使いますが、Excel には END モードというものがあり、キーを押すとステータスバーに END モード と表示されるので、その状態で キーとキーを使用しても同じように最終位置まで移動できます。但し、途中に文字が入力されていると、最後にデータが存在する列まで移動する事になります。


posted by at 2022-07-03 12:46 | 講師生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする