SQLの窓 イラストAC フリー素材

2022年06月26日

2022年前期 (2) : Visual Studio Code (2)

ウインドウの左端に縦にアイコンが並んでいます。この縦長のエリアをバーといいます。一番上のアイコン(  )はで、フォルダやファイルをツリーで表示します。ここでのコンテンツは、アイコンで表現されますが、このアイコンを拡張(  )によって変更可能です。Material Icon Theme をインストールして、 をクリックして表示される設定メニューののテーマMaterial Icon Theme を選択してください。

 でフォルダを選択した状態で、 +  + F キーで、フォルダ内にあるファイルを対象に、文字列検索を実行できます。例えば、select と入力して検索し、-select- と select * from 等が一覧として表示された場合SQL のみを対象としたい場合は、 をクリックしてを使用します。検索用文字列は [^-]select と入力してください ( 置換処理も可能ですが、多くの失敗を避ける為ここでは使用しないでください )。

エディタで単一のファイルを開いている場合は、検索処理は CTRL  + キーで文字列入力のツールが表示されます。置換する場合は、CTRL  + キー です。エディタ上の文字列を使用して検索したい場合は、ワードならば任意の場所をクリックして、CTRL  + キーで検索対象の文字列が決定して、キー で次の文字列へ移動します。逆に戻りたい場合は、キーを押しながら先ほどのキーを押します。エディタ上の文字列を使用して置換したい場合は +  + L キーです。その後置換したい文字列を入力すると全てが変更されます( または、右クリックして全てのを変更 )。

矩形選択をしたい場合は、 +  でカーソルをドラッグして下さい。また、コピーしたソースコードを貼り付けした場合、自動フォーマットの機能で元の形が崩れた場合は、 + Z キー で戻してみて下さい。

エディタのコマンドに、末尾の空白のトリミングというものがありますが、ソースコードの編集時にどうしても発生するので +  + DELETE キーに設定してあります。この機能を UI から実行するには、ステータスバーの右下のキャラクタセットの左横の表示(  )をクリックして実行します。これ以外にも、 の相互一括変換のコマンドも実行できます。

その他全てのエディタ表示を閉じるコマンドを CTRL + キーに、 の表示を全てキャンセルするコマンドをCTRL + キーに登録しています。大文字小文字への変換は、CTRL + キーと CTRL + キーに登録しています。

拡張には、VS Browser という拡張があり、Visual Studio Code 内で localhost を表示する為のブラウザを使用できるようになっていますが、の実装で sandbox が有効になっておらず、 のような OK・CANCEL を選択するようなダイアログを表示する事ができません。ショーシカットは +  + Bキー に登録してあります。UI から表示するには、ステータスバーの右下に VS Browser とありますのでクリックしてください。

エディタを開いている時に + Gキーで、GYO( 行 ) ジャンプする為のコマンド入力が開きます。現在の行を選択するには、CTRL + キーが使用できます。関数やメソッドの文字列部分をクリックして、SHIFT + キーを押すと、特別なウインドウで参照されます。

ファイルをバイナリ表示して確認する為に、拡張から Hex Editor と Hex Viewer をインストールしてください。これらの拡張でファイルを開くには、エディタのタブを右クリックしてエディターをアプリケーションの選択を選択して Hex Editor または Hex Viewer を選択します。Hex Editor は実際にデータを変更可能なので注意してください。データをバイト単位で選んで、その場所の10進数の値をすぐに参照できます。ただ、Hex Editor では UTF-8 の日本語をそのまま表示する事ができないので、Hex Viewer を使用してステータスバーより UTF-8 を選択して日本語表示が可能になります。


posted by at 2022-06-26 12:24 | 講師生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする