SQLの窓 イラストAC フリー素材

2021年12月28日

MySQL : 結合によるデータ作成と調整 : 14

テスト時に何らかのテストデータを作成したい時には、結合を使用します。仕様的には、結合するテーブルの条件で両方共データが存在する場合の行の一覧を取得しますが、プログラミング的には特殊な目的に利用する事になります。

この結合は、条件を指定しなければ、いわゆるとなるので、50件の社員マスタを自己結合させれば、2500件のデータを作成する事ができます。以下に社員マスタ(50件)を自己結合させて、2500件の 片方の社員マスタの列を表示する SQL を記述してください。


しかし、このままでは主キーが無い(本来の社員コードは重複してしまう)ので、CREATE TABLE ... SELECT 構文を使用して社員マスタと同じ列定義を持った社員テーブルを作成する SQL を記述してください


このテーブルに自動採番列( SERIAL )の ROWKEY という列を先頭に追加するSQL を記述してください


この際、自動的に ROWKEY というユニークなインデックスが作成されてしまいますが、主キーを作成する為にこのインデックスを削除する必要があります。その際、ROWKEY 列が NOT NULL である必要があるので、NOT NULL 制約を付加する SQL を記述してください


ROWKEY インデックスを削除する SQL を記述してください


最後に、ROWKEY に主キーを付加する SQL を記述してください




posted by at 2021-12-28 19:58 | 講師生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする