SQLの窓 イラストAC フリー素材

2021年12月26日

SQL MySQL ベーシック : 15

データベースにはいろいろな種類があり、それぞれを管理するシステムと言う意味で一般的な通称としてと呼びます。その中で MySQL はSQLにおいて自由度の高いものとなるので、Oracel でできなかった事ができたりするので、MySQL で出来た事を【常識】と考えない事が必要です。

SQLには一般的に、データを操作するとデータを定義するに分かれますが、MySQL では、データベースを管理する SQL があります。その中でも SHOW 構文がプログロマにとっては有用なのでいくつか暗記しておく必要があります。

 : テーブル一覧
 : データベース一覧
 : 社員マスタのテーブル定義( CREATE 文 を表示 )
 : 社員マスタのテーブル情報
 : システム変数の値

また、MySQL には information_schema というデータベースが最初から存在し、MySQL のいろいろな情報を読み出す事ができます。特にの定義と列の情報は有用で、列の情報が格納されているのはというオプジォクトです。

データを定義する SQL は本来管理者が使用するものですが、最低限プログラマも知る必要があります
 : lightbox データベースを作成
 : 社員マスタに削除フラグを varchar(1)で追加
 : 社員マスタから削除フラグを削除
 : 社員マスタの性別のデータ型をvarchar(1)に変更
FieldTypeNullKeyDefaultExtra
社員コードvarchar(4)NOPRI
氏名varchar(50)YES
性別intYES
生年月日datetimeYES
上記定義で 社員というテーブルを定義するSQL を記述してください





posted by at 2021-12-26 10:15 | 講師生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする