SQLの窓 イラストAC フリー素材

2021年12月22日

Windows 基本操作 : 13

Windows から様々なアプリケーションを実行し、業務や開発を効率化する為に Windows のデスクトップからの操作と重要なアプリケーションの核となるポイントを把握しておく必要があります。

Windows にユーザでログインして最初に表示される情報は大きく分けて3種類あります。
A : 
B : 
C : 

A は特殊フォルダです。とファイル名を指定して実行やエクスプローラのアドレスバーに入力する事でそこにあるファイルの一覧を表示する事ができます。この一覧に表示されるのは、B です。Cにはさらに様々な情報が表示されていますが、日本語入力に関するの扱いは重要です。

A は、フォルダという側面とという側面を持ちます。なので、必要なデバイスを整備するとという拡張が可能になり、他のデバイスに A の中にある情報を表示する事が可能になります。これは、特殊なアプリを使う事によって、他のデバイスはスマホやタブレットでも可能です。その際に利用するデバイスは無線LAN子機で可能で、という機能で有線LANのPCにスマホ等からWiFiで接続可能になった状態で可能になります。



さらに、で起動された拡大鏡によって、A は画像データ+αとしてシステムに管理されるようになり、拡大鏡の機能によって、システム経由で取得可能な文字が機械音声に変換されます。また、Zoom では画面共有時には Zoom のコントロールが相手側に表示されませんが、拡大鏡を起動すると表示されるようになります。

B はファイル・フォルダそのものか、ユーザがアプリケーションを起動する為のショートカットが殆どとなりますが、システムが管理するものもあり、表示・非表示をでチェックボックスで指定します。このダイアログは【個人用設定】>【テーマ】の右サイドにある関連設定からリンクされています。

C の一番右端をクリックすると即座にを表示する事ができます。その後、でシャットダウン等を選択可能なダイアログを表示する事ができます。


posted by at 2021-12-22 14:34 | 講師生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする