SQLの窓 イラストAC フリー素材

2014年11月06日

DAZ3D : なんでも、進撃の巨人と Marvel が Crossover するそうなので




http://comicbook.com/2014/11/03/marvel-attack-on-titan-crossover-revealed/

英文ばかりで良くわかりませんが、Marvel が巨人に目を付けたのは間違いなさそうです。



なんで、既存のシーンのカメラ角度やポーズ等いろいろ変えてリビルドしたものを GIMP でモーションぼかし等いろいろ付け加えて作成しました。

▼ これは編集なし

但し、画像サイズを横に広く取って立体機動の動作空間を強調してみました。



▼ 色と明るさの調整

人物が正面なので、正面に合ったポーズとして典型的な刀の持ち方に変えて、股の間を調整。



▼ 輪郭強調

最後に人物の表情(怒り)を調整した上で、輪郭を強調して漫画チックにしてアピール。個人的な意見ですが、モロ 3D ですと、なんだか感情をうまく表現できていないような気がします。で、漫画のようなラインを追加しています。





posted by at 2014-11-06 23:26 | DAZ3D DAZStudio イラスト 2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フリーフォントを使って PHP 画像(GD)として埋め込むアクセスカウンターの DB 処理部分

アクセスカウンターの文字列表示部部下は、PHP 画像(GD)として埋め込むアクセスカウンターの画像出力部分の作成 を参照して下さい。

ここの get_value() 関数の戻り値を $img_text = get_value(); としてセットするだけです。
※ require_once( "example_db.php" ); も必要です

▼ example_db.php
<?php
function get_value() {

	// ***********************************************
	// グローバル変数
	// ***********************************************
	$server = 'サーバー';
	$db_name = 'データベース';
	$user = 'ユーザ';
	$password = 'パスワード';

	// ***********************************************
	// データベース接続
	// ***********************************************
	$connect = @ new mysqli($server, $user, $password, $db_name);
	if ($connect->connect_error) {
		return "----------";
	}

	$query = "update counter ";
	$query .= " set c1 = LAST_INSERT_ID( c1+1 ) ";
	$query .= " where rkey = 1";

	$result = $connect->query($query); 
	if ( !$result ) {
		return "==========";
	}

	$query = "select LAST_INSERT_ID()";

	$result = $connect->query($query); 
	if ( !$result ) {
		return "==========";
	}

	$row = $result->fetch_array(MYSQLI_BOTH);

	$ret = sprintf( "%010d", $row[0]+0 );

	return $ret;

}
?>

要点は、LAST_INSERT_ID( n ) を使用して、カウンター用のレコードの一つの列を更新して、その結果を取得して使用しているところです。

テストに使ったテーブル定義
CREATE TABLE `counter` (
  `rkey` int(11) NOT NULL,
  `c1` int(11),
  `c2` int(11),
  PRIMARY KEY (`rkey`)
)
この方法ですと、一つのテーブルの1レコードだけで複数のカウンターを管理できます。


posted by at 2014-11-06 22:14 | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フリーフォントを使って PHP 画像(GD)として埋め込むアクセスカウンターの画像出力部分の作成

アクセスカウンターのカウントアップは、データベースを使用すると簡単です。その部分は別に作成するほうが内容の重要な部分が明確になります。

数字画像を作成するのは、imagettftext を使用すれば容易です。文字に対していろいろ装飾するには、追加処理が必要ですが、ここでは単純に白い背景に対して黒い文字を『GN-キルゴ』というフォントで出力します。

※「GN-キルゴ」は、漫画『キルミーベイベー』のタイトルロゴをイメージしたフォントです

▼ 実際の PHP による画像表示



<?php
// ***********************************************
//
//  プログラム名 : アクセスカウンターの下準備
//  作   成   者 : lightbox
//  作   成   日 : 2014/10/31
//  ソ   ー   ス : UTF-8N
//
//  概要 : 指定したフォントで数字文字列画像作成
//
// ***********************************************
header( "pragma: no-cache" );
header( "Expires: Wed, 31 May 2000 14:59:58 GMT" );
header( "Cache-control: no-cache" );

// ***********************************************
// 使用するフォント
// ***********************************************
$font_path = "GN-KillGothic.ttf";
// ***********************************************
// 初期テキスト
// ***********************************************
$img_text = "8888888888";
// ***********************************************
// 幅と高さ
// ***********************************************
$width = 220;
$height = 30;

// ***********************************************
// キャンバス作成
// ***********************************************
$im = imagecreatetruecolor( $width, $height );

// ***********************************************
// 画像の背景色( 白 )
// ***********************************************
$white = imagecolorallocate( $im, 255, 255, 255 );
imagefilledrectangle($im, 0, 0, $width, $height, $white);

// ***********************************************
// 画像の文字色( 黒 )
// ***********************************************
$black = imagecolorallocate( $im, 0, 0, 0 );

// ***********************************************
// 使用不可サイトのチェック
// ***********************************************
$site = false;
$target_sites = array("http://toolbox.winofsql.jp/","http://logicalerror.seesaa.net/");
foreach( $target_sites as $target ) {
	$len = strlen( $target );
	$ref = substr( $_SERVER['HTTP_REFERER'], 0, $len );
	if ( $target == $ref ) {
		$site = true;
		break;
	}
}

// ***********************************************
// 【使用許可サイトの場合】
// ここに、DB から取得した文字列をセットする処理
// を入れる予定です
// ***********************************************
if ( $site ) {
	$img_text = "1235467890";
}

// ***********************************************
// フォントより文字列画像作成
// ***********************************************
imagettftext(
	$im,
	20,	// サイズ
	0,	// 角度
	5,	// x 座標
	25,	// y 座標
	$black,
	$font_path,
	$img_text);


// ***********************************************
// ブラウザへ出力
// ***********************************************
header('Content-Type: image/png');
imagepng($im);


// ***********************************************
// 後処理
// ***********************************************
imagecolordeallocate( $im, $black );
imagecolordeallocate( $im, $white );
imagedestroy($im);


?>

imagefilledrectangle は、その名の通り( FILL ) 四角形の塗りつぶし処理です。

関連する記事

フリーフォントを使って PHP 画像(GD)として埋め込むアクセスカウンターの DB 処理部分



posted by at 2014-11-06 21:26 | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月03日

親(parent) フレームに jQuery が無い場合に jQuery をインストールする。

通常はこのような手順は必要無いのですが、ブックマークレットを使ってページ内のセキュリティの制限なしに IFRAME を追加作成して、元のページのアクセスに jQuery を使いたい場合です。

任意のページに追加機能(ページをリロードすると失われます)を付け加えたい場合、ブックマークレットを使用しますが、ブックマークレットの中に書けるコード量はかなり制限があるので、ブックマークレットから iframe を about:blank で作成して、その中にスクリプトを外部から読み込んで(http ページからは http、https からは https である必要があります)利用します。
※ 実際は iframe 内の document に対して スクリプト要素を document.write します

画面作成は、読み込まれた外部 JavaScript 内で作成します。画面作成は、JavaScript(DOM) のみでも可能ですが、一般的にクロスブラウジングの必要の無い HTML コードを iframe 内で document.write して作成します。
※ HTML を document.write したほうが画面定義としての可読性が良くなります

しかし、親ページに対して加工を加える場合は、DOM を使う必要があります。( document.write は、ページロード時にしか使用できません )

よって、親ページに対する jQuery のインストールは、以下のようなコードになります
<script type="text/javascript">
if ( !parent.jQuery ) {
	(function() {
		var x = parent.document.createElement("script");
		x.setAttribute( "src", "//ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.9.1/jquery.min.js" );
		parent.document.body.appendChild( x );
	})();
}
</script>

※ 無名関数を使っているのは、x という変数をグローバルに定義しない為です。

関連する記事

手ブロのハートデータの左上 16x16 ぶんを Galleria でハート送信できるブックマークレット


ブックマークレットから、ページ中央に固定する IFRAME ウインドウを作成する



posted by at 2014-11-03 23:22 | jQuery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月01日

かな/ローマ字入力を切り替える方法


漢字入力可能な状態で

1) CTRL + Shift + カタカナ.ひらがなキー で即時に切り替えれます

2) ALT+カタカナ・ひらがな でメッセージボックスの確認後、切り替えれます


Microsoft 文書

▼ かなり古い文書( キーボード )
IME2000:かな/ローマ字入力を切り替える方法

方法 1 - プロパティで切り替える
方法 2 - ALT + カタカナ・ひらがなキーで切り替える
方法 3 - カナキーで切り替える
     106       CTRL + Shift + カタカナ.ひらがなキー
方法 4 - IME ツールバーの [KANA] ボタンで切り替える

▼ Windows8 / Windows7

「ローマ字入力」 と 「かな入力」 の切り替え方法


タグ:Windows Windows8
posted by at 2014-11-01 00:48 | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します