SQLの窓 イラストAC フリー素材

2017年06月03日

Planet X-2 and HDRI でカメラを山の麓に移動してみたもの。左が山で右が開けてるので壁紙としてメリハリが効いて使いやすい


最大表示 

※ イラストACのサイズは、1600x1200 あります

景観としては、まだ山の奥にも移動してみたいところです。その際、何か建造物でも置いてみたらいいかもしれませんね。ついこないだ、TerraDome3 用の PRO-HDR-SKIES Vol_2 for TerraDome 3 を買ったので差し替えてちょっと試してみたいです。とりあえず、人物の背景では試したのが以下の『演舞(開始)』です。


最大表示 


イラストAC よりダウンロード


posted by at 2017-06-03 00:31 | Comment(0) | 壁紙 : イラストAC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

DAZ3D の Blue Planet - Orbital View をベースに GIMP で少しアレンジした壁紙『静かなる青い地球』をイラストAC からフリーダウンロード


最大表示 

※ イラストACのサイズは、1600x1200 あります

昨日の夜作成しました。このプロダクトはとても良くできているのですが、Iray では無く 3Delight でレンダリングする必要があります。なので、明暗を強調したほうが美しくなる傾向があります。

ただ、GIMP でレタッチする場合、地球と宇宙との境界のグラデーションへの影響が大きいので、二つに分けて2セットレンダリングしてレタッチ効果を別々に出して合成します。

背景の宇宙はイマイチ解像度が悪いので、自前で作成しています。

イラストAC よりダウンロード



posted by at 2017-05-20 16:31 | Comment(0) | 壁紙 : イラストAC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DAZ3D の Planet X-2 and HDRI をモロ使った壁紙『幻想的なファンタジーな景観』をイラストAC からフリーダウンロード


最大表示  

※ カメラは少しワイドに設定しています
※ イラストACのサイズは、1600x1200 あります

自分で使ってみて思いの他いい感じでした。基本的には、Planet X-2 and HDRI を使用していますが、景観のシェーダはいろいろ工夫して熟考した結果のものです。

イラストAC よりダウンロード




posted by at 2017-05-20 16:15 | Comment(0) | 壁紙 : イラストAC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コマンドプロンプトから CD コマンドで『ワイルドカード』を使って移動する



深い階層でコマンドプロンプトを開けるには、エクスプローラでそのフォルダを選択して、SHIFT キーを押しながら右クリックする方法が一番確実ですが、コマンドプロンプト内からも、良く使うフォルダのパターンを知っておればこちらのほうが速い場合もあります。
C:\tools>cd \u*s\l*\d*
C:\Users\lightbox\Desktop>cd \u*s\l*\do*
C:\Users\lightbox\Documents>cd \u*s\l*\dow*
C:\Users\lightbox\Downloads>cd \u*s\l*\p*
C:\Users\lightbox\Pictures>cd \u*s\l*\ap*\l*\go*\c*\u*
※ 最後のフォルダは、Google Chrome のユーザデータフォルダです (C:\Users\lightbox\AppData\Local\Google\Chrome\User Data) 自分の環境では、Users の前に user があるので、cd \u*s となっていますが、一般的な環境では、cd \u* で問題ありません。次の階層の l* は、ここでのユーザ名 が lightbox なので、環境によって変わります。後は、共通で使えるはずです。 Program Files は注意 cd \p* が使え無いので、cd \pr* になります。以下は MySQL の bin フォルダです (C:\Program Files\MySQL\MySQL Server 5.7\bin) cd \pr*\my*\*se*\b*
posted by at 2017-05-20 12:09 | Comment(0) | コマンドプロンプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

Android の教科書到着しました。



ダウンロードページ

一部、実機でないとできないものもありますが、主に3年生向きとして考えています。

第1章 アプリを作るための準備

第2章 ツータッチ楽々メール――ラクにメールを送信しよう

本文では、内臓メールに intent で呼び出してるようですが、こちらで実際にメール送信します。
Android Studio で、javamail を gradle に書いて添付ファイル付きメール送信を行う

第3章 魅惑のあんばやしルーレット――お祭りでよく見るルーレットに挑戦!
(RecyclerView と CardView)

ListView 前提なので、先に簡単なリストビューを実装します。
Google スプレッドシートの内容を JSON として localhost で取得する手順

第4章 ○時になったよ!――カンタン便利なお知らせアラーム

通知。たぶんあまりおもしろく無い。

第5章 これ覚えておきたいねん――忘れると困ることは記録しよう!

フラグメントの一般論が書いてあるので、知る事は重要。ただ、実装としては Java の勉強の舞台として使用している Android としてあまり重要ではありません。

第6章 振って、ゆらして琉球音階――センサーとサウンドを活用しよう

ここは実機用

第7章 チキチキ障害物レース――センサーとSurfaceViewでゲームを作ろう!

ゲームは余程の事が無いかぎりしません。

第8章 パッと撮ってビャッ――写真はクラウドに残そう!

Dropbox のアカウントで API + カメラ。
Dropbox やるくらいなら、Firebase やります。

第9章 いつでもどこでも避難所マップ――地図&オープンデータの活用

Google MAP ですが、あまり役に立たないのでたぶん無視します。

第10章 ジョギングの友――ドロイド君と走ろう

SQLite ですが、Google MAP がらみなので微妙。
SQLite そのものは簡単ですが、環境やらAPIレベルやらの全体像把握がめんどくさい。

第11章 マインドストームEV3リモコン――Android端末でロボットを操作しよう

ここも実機用( Bluetooth )




posted by at 2017-04-24 11:13 | Comment(0) | Android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

GeForce GTX 980 のおかげで Iray でいいレンダリングができるようになったので、久しぶりに pixta に投稿しました。

いままで、非力な CPU レンダリングだったので、2011/02/28 に1枚、2013/09/22 に1枚、2017/02/12 に1枚と、計3枚しかありませんでしたが、いい景観が仕上がったので、8000x3000px で2枚登録しました。横長なので、PR用画像がより小さくなってますが、pixta で画質確認してもらうと仕上がりが確認できます。





この山は、モーフの無い単純ものですが、TerraDome3 を使ってもっといろいろ試したいと思ってます。



posted by at 2017-04-19 21:04 | Comment(0) | pixta | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX