SQLの窓 イラストAC フリー素材

2019年09月21日

WordPress ( 5.x.x ) の 投稿用のエディタ( Gutenberg )を 昔ながらのエディタにする為、functions.php に一行追加

詳細は以下のサイトより
WordPressエディタGutenbergを無効にする方法について(準備ができていない!)

結局 functions.php の先頭に以下を追加しました

add_filter('use_block_editor_for_post', '__return_false', 10);
【インターネットの最新記事】
posted by at 2019-09-21 15:27 | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月26日

Java : Okhttp( GET ) と Google Gson( JSON => オブジェクト ) で WEB アクセス

Okhttp のダウンロードは、files の jar リンクです。( Maven リポジトリ)

Okhttp は Okiokotlin-stdlib に依存しているのでこれらもダウンロードする必要があります。
import java.io.IOException;

import com.google.gson.Gson;

import okhttp3.OkHttpClient;
import okhttp3.Request;
import okhttp3.Response;

public class Main {

	public static void main(String[] args) {
		
		String url = "https://lightbox.sakura.ne.jp/demo/json/syain_api_bind.php";
		String result = "";
		
		OkHttpClient okHttpClient;		

		okHttpClient = new OkHttpClient();		
		Request.Builder builder = new Request.Builder();
		builder.url(String.format("%s?name=%s", url, "田"));
		Request request = builder.build();

		Response response = null;
		try {
			response = okHttpClient.newCall(request).execute();
			result = response.body().string();
		}
		catch (IOException e) {
			e.printStackTrace();
		}

		System.out.println(result);

		Gson gson = new Gson();

		Syain[] syains = gson.fromJson(result, Syain[].class);

		for (Syain syain : syains) {
			System.out.println(syain.社員コード);
			System.out.println(syain.氏名);
			System.out.println(syain.フリガナ);
		}

	}

	private class Syain {

		public String 社員コード;
		public String 氏名;
		public String フリガナ;

	}

}




posted by at 2019-08-26 22:41 | Java | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

C# : PHP と連携してバイナリデータを WebClient.UploadDataAsync でそのままアップロードする

WebClient.UploadDataAsync Method

バイナリデータは、HTTP のボディ部分で送られるので、ファイル名は HTTP ヘッダにセットして渡します
using System;
using System.IO;
using System.Net;
using System.Windows.Forms;

namespace WebPut
{
	public partial class Form1 : Form
	{
		// 読み込むファイルのパス
		string image_path = @"C:\Users\sworc\Pictures\IMG0330.JPG";

		public Form1()
		{
			InitializeComponent();
		}

		private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
		{
			WebClient webClient = new WebClient();
			// ファイル名を HTTP ヘッダーで渡す
			webClient.Headers.Add("UserData", Path.GetFileName(image_path));

			// イベント作成
			webClient.UploadDataCompleted += (object _sender, UploadDataCompletedEventArgs _e) => {

				if (_e.Error != null)
				{
					// エラー
					Console.WriteLine(_e.Error.Message);
				}
				else
				{
					// サーバからの応答( バイト配列なのでテキストに変換 )
					Console.WriteLine(System.Text.Encoding.GetEncoding("UTF-8").GetString(_e.Result));
				}

			};

			// 画像ファイルをバイト配列に読み込む
			FileStream file_stream = new FileStream(image_path, FileMode.Open, FileAccess.Read);
			byte[] bin_buffer = new byte[file_stream.Length];
			file_stream.Read(bin_buffer, 0, (int)file_stream.Length);
			file_stream.Close();

			// バイナリデータアップロード開始
			string access_url = "http://localhost/php/upload/php-put.php";
			webClient.UploadDataAsync(new Uri(access_url), bin_buffer);

		}
	}
}


PHP 側は、php://input を利用した単純なコードです。

php-put.php
<?PHP
header( "Content-Type: text/html; charset=utf-8" );

$id = uniqid();

$fp = fopen( "php://input", "rb" );
$wfp = fopen( "data/{$id}_{$_SERVER["HTTP_USERDATA"]}", "wb" );

while( $ret = fread( $fp, 4096 ) ) {

	fwrite( $wfp, $ret );

}

fclose($wfp);
fclose($fp);

?>
データが保存されました




posted by at 2019-08-26 21:25 | C# | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

C# : WebClient で JSON データを取得後 Json.NET でオブジェクト化( ついでに PropertyInfo でプロパティデータ一覧を foreach で取得 )

Json.NET は ダウンロードボタンで NuGet 用のコマンドラインが表示されます

Json.NET でオブジェクトに変換するだけならば、 { set; get; } でプロパティ化せずとも単純な public な変数の定義で可能です。ここでは、プロパティの名前の一覧を配列で準備して foreach でデータを取得できるように { set; get; } でプロパティ化しています。
using Newtonsoft.Json;
using System;
using System.Net;
using System.Reflection;
using System.Text;
using System.Web;
using System.Windows.Forms;

namespace WebJson
{
	public partial class Form1 : Form
	{

		// フィールド名一覧
		private string[] field_names = {"社員コード", "氏名", "フリガナ", "所属", "性別", "作成日", "更新日", "給与", "手当", "管理者" };

		public Form1()
		{
			InitializeComponent();
		}

		private void action_Click(object sender, EventArgs e)
		{
			WebClient webClient = new WebClient();
			webClient.Encoding = Encoding.GetEncoding("utf-8");

			// DownloadStringCompleted の引数は、https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.net.downloadstringcompletedeventhandler
			webClient.DownloadStringCompleted += (object _sender, DownloadStringCompletedEventArgs _e) => {

				Console.WriteLine(_e.Result);

				// Json.NET は、NuGet でインストールします : Install-Package Newtonsoft.Json
				// https://www.newtonsoft.com/json
				JsonData[] data = JsonConvert.DeserializeObject<JsonData[]>(_e.Result);

				// 画面にデータをセット
				name.Text = data[0].氏名;
				furi.Text = data[0].フリガナ;

				// プロパティ名一覧より、データを取得
				PropertyInfo property;
				string value;
				foreach (string name in field_names)
				{
					property = typeof(JsonData).GetProperty(name);
					value = property.GetValue(data[0]).ToString();
					Console.WriteLine(value);
				}

			};

			// HttpUtility.UrlEncode は System.Web を参照する必要があります
			string access_url_query_string = $"https://lightbox.sakura.ne.jp/demo/json/syain_api_bind.php?name={HttpUtility.UrlEncode("田", Encoding.UTF8)}";

			// WEB データ取得開始
			webClient.DownloadStringAsync(new Uri(access_url_query_string));

		}

		private class JsonData
		{
			// PropertyInfo.GetValue を使用する為に { set; get; } でメソッド化しています
			public string 社員コード { set; get; }
			public string 氏名 { set; get; }
			public string フリガナ { set; get; }
			public string 所属 { set; get; }
			public int 性別 { set; get; }
			public DateTime 作成日 { set; get; }
			public DateTime 更新日 { set; get; }
			public int 給与 { set; get; }
			public int 手当 { set; get; }
			public string 管理者 { set; get; }
		}
	}
}




posted by at 2019-08-26 20:08 | C# | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IE11 : フォルダを選択して、フォルダ内のフォルダとファイルの一覧を jQuery で表示する

Windows の標準の COM では、ファイルを選択するダイアログを使用できません。( Excel がインストールされておれば使えます )

しかし、Shell.Application を使用すれば、フォルダの選択は可能なうえにファイルの一覧をフォルダオブジェクトより取得して利用可能です。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta content="width=device-width initial-scale=1.0 minimum-scale=1.0 maximum-scale=1.0 user-scalable=no" name="viewport">
<meta charset="utf-8">

<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.4.1/jquery.min.js"></script>
<link rel="stylesheet" href="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/twitter-bootstrap/4.3.1/css/bootstrap.css">

<link rel="stylesheet" href="https://lightbox.sakura.ne.jp/demo/two-section.css">

<script>
// Windows Shaell
var objShell = new ActiveXObject("Shell.Application");

$(function(){

	$("#action").on("click", function(){

		buildTable( );

	});

});

// ******************************
// jQuery でテーブル作成
// ******************************
function buildTable( ){

	// 1:0固定, 2:タイトル, 3:1はファイルシステムのみ, 4:0はルートがデスクトップ
	// 4:https://docs.microsoft.com/en-us/windows/win32/api/shldisp/ne-shldisp-shellspecialfolderconstants
	var objFolder = objShell.BrowseForFolder( 0, "フォルダ選択", 1, 0 );
	if ( objFolder == null ) {
		alert("フォルダの選択がキャンセルされました");
		return;
	}
	if ( !objFolder.Self.IsFileSystem ) {
		alert("ファイルシステムではありません");
		return;
	}

	// TABLE 部分クリア
	$("#tbl").html("");

	var objFolderItems = objFolder.Items();

	var nFiles = objFolderItems.Count;
	var arrData = [];

	// フォルダとファイルの一覧を配列にセット
	var nFiles = objFolderItems.Count;
	for( i = 0; i < nFiles; i++ ) {
		var objItem = objFolderItems.Item(i)
		// フォルダの場合
		if ( objItem.isFolder ) {
			arrData.push( " [" + objItem.Name +"]" );
		}
		else {
			arrData.push( objItem.Name );
		}
	}

	arrData.sort();
	arrData.unshift("-------------------------------------------------------------");
	// 選択したフォルダのパス
	arrData.unshift(objFolder.Self.Path);

	// TABLE に一覧を作成する
	for( i = 0; i < nFiles; i++ ) {
		var tr = $("<tr class='rowdata'></tr>")
			.appendTo("#tbl");

		$("<td></td>")
			.appendTo(tr)
			.text(arrData[i]);
	}

}
</script>

</head>
<body>
	<div id="head">
		<input
			id="action"
			class="ml-4 btn btn-outline-primary"
			type="button"
			value="フォルダ選択">
	</div>

	<div id="extend">
		<table class="table">
		<tbody id="tbl">

		</tbody>
		</table>

	</div>

</body>
</html>










posted by at 2019-08-26 13:30 | IE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月25日

PHP : 画像を返す処理( readfile ) と画像を縮小する処理( GD )

この PHP を指定ファイル名で呼び出すと、幅を 100px で縮小された画像を返します( 無ければ縮小画像を返します )。

▼ 縮小
imagecopyresampled
<?php
$debug = false;

// *************************************
// 画像があるフォルダの相対パス
// *************************************
$image_dir = 'images';

// *************************************
// QueryString より対象の
// 画像ファイル名を取得
// *************************************
$file = "{$image_dir}/{$_GET['name']}";

// *************************************
// 画像が存在しない場合は、
// エラー用の画像をブラウザに返す
// *************************************
if ( !file_exists( $file ) || $_GET['name'] == '' ) {
	header("Content-Type: image/png");
	$file = "{$image_dir}/error.png";
	header('Content-Length: ' . filesize($file));
	readfile($file);
	exit();
}

// *************************************
// ファイルの MIME を取得
// *************************************
$mime = image_type_to_mime_type( exif_imagetype( $file ) );

// *************************************
// ファイル名から拡張子を除いた部分を
// 取得して、縮小ファイルのファイルの
// パスを作成する( .jpg )
// *************************************
$path_parts = pathinfo($_GET['name']);
$small_file = "{$image_dir}/s/{$path_parts['filename']}.jpg";

// *************************************
// 縮小ファイルがなければ作成して
// ブラウザに返す、あればそのまま返す
// *************************************
if ( !file_exists( $small_file ) ) {
	if ( ImageConvert( $image_dir, $_GET['name'], exif_imagetype( $file ) ) ) {
		header("Content-Type: image/jpeg");
		header('Content-Length: ' . filesize($small_file));
		readfile($small_file);
	}
	else {
		// 縮小に失敗した場合は、大きい元のファイルを返す
		header("Content-Type: {$mime}");
		header('Content-Length: ' . filesize($file));
		readfile($file);
	}
}
else {
	header("Content-Type: image/jpeg");
	header('Content-Length: ' . filesize($small_file));
	readfile($small_file);
}

// *************************************
// ファイルを縮小して保存
// *************************************
function ImageConvert( $dir, $filename, $type ) {

log_print( "$dir, $filename, $type" );

	// *************************************
	// ファイルの属性等を取得
	// *************************************
	$target	= getimagesize( "$dir/$filename" );

log_print( print_r($target,true) );
 
	// 現在のサイズ
	$width	= $target[0];
	$height	= $target[1];

	$width_new	= 100;	// 幅固定

	// *************************************
	// 縮小後の高さを計算で求める
	// *************************************
	$height_new = (int)( ($height/$width)*$width_new );

	$target_path = "$dir/$filename";

	$jpeg = false;

	// *************************************
	// 画像の種類によって、オブジェクト作成方法を選択する
	// *************************************
	if ( $type == 2 ) {
		$jpeg = @imagecreatefromjpeg( $target_path );
	}
	if ( $type == 3 ) {
		$jpeg = @imagecreatefrompng( $target_path );
	}
	if ( $type == 4 ) {
		$jpeg = @imagecreatefromgif( $target_path );
	}
	if ( $jpeg === false ) {
		return false;
	}

log_print( "現画像取得" );

	// *************************************
	// 新しい空のイメージ
	// *************************************
	$jpeg_new = @imagecreatetruecolor( $width_new, $height_new );
	if ( $jpeg_new === false ) {
		return false;
	}

log_print( "新しい画像取得" );

	// *************************************
	// サイズ変更して新しいイメージへ転送
	// *************************************
	$ret = @imagecopyresampled(
		$jpeg_new,
		$jpeg,
		0,
		0,
		0,
		0,
		$width_new,
		$height_new,
		$width,
		$height
	);

	if ( !$ret ) {
		return false;
	}

log_print( "縮小完了" );

	// *************************************
	// JPEG ファイルとして、
	// クオリティ 75 で出力
	// *************************************
	$path_parts = pathinfo($filename);
	$ret = @imagejpeg ( $jpeg_new, "$dir/s/{$path_parts['filename']}.jpg", 75 );
	if ( !$ret ) {
		return false;
	}

log_print( "ファイル出力完了:$dir/s/{$path_parts['filename']}.jpg" );

	return true;
}


// *************************************
// デバッグログ
// *************************************
function log_print( $msg ) {

	if ( !$GLOBALS['debug'] ) {
		return false;
	}

	file_put_contents("debug.log", $msg ,FILE_APPEND );
	file_put_contents("debug.log", "\n" ,FILE_APPEND );

}


?>





posted by at 2019-08-25 22:06 | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする