SQLの窓

2017年03月13日

ゾウフォントの配布元のサイトが閉鎖されたようです




アクセスすると、ロリポップのレンタルサーバの 404 エラーが表示されます。検索しても、他のサイトがみつかりませんし、インターネットアーカイブにもありませんでした。

元々、アーカイブには『002zou-Regular.otf』が入っていただけで、ライセンス等はサイトに記述されていたと記憶しています。
配布している素材やフォントは商用OK・著作者表記不要・無料でご利用いただけますが、著作権は放棄しておりません。再配布、素材の販売、画像の直リンク・公序良俗に反する利用はおやめください。本サイトの素材やフォントをDL・使用した場合に発生した事故や障害等は、一切責任を負いません。

利用報告やクレジット表記・リンク等は不要ではありますが、していただけるととてもうれしいです。
フォントファイルは所有していますが、再配布不可なのでどうにもなりませんね、残念です。
【フリーフォントで...の最新記事】
posted by at 2017-03-13 18:22 | Comment(0) | フリーフォントで... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SILオープンフォントライセンスに対する基本的な考え方

まず、できない事がただ一つあります。それは、『元のフォントと同じ名前を使えない』という当たり前の事で、これは『自由にみんなで使えるフォント正しく管理する』という目的だと思えばいいと思います。この制約にしても、実は元の著作権所有者が書面による明示的な許可を与えておれば可能のようなので、『制約』というものには到底あたらないと思います。

ライセンス的な文章を読み取る場合、あといくつか制限がありますが、残りのものは殆ど『みんなで自由に使うためのルール』のようなものです。

1) 単体で販売してはならない

これを許してしまうと、オープンソースライセンスと矛盾してしまいます。だから禁止されていますが、たとえば『Hello world』のような簡易なプログラムであっても同梱することで回避することが出来るので、これは『オープンソースライセンスですよ』と言ってるだけです。

2) 派生フォントは SILオープンフォントライセンスです

『フォントソフトウェアは、改変の有無にかかわらず、一部または全体を問わず、すべてをこのライセンスに基づいて配布しなければならず、また、他のライセンスに基づいて配布することはできない』

これも当たり前で、オープンソースライセンスの骨子ですね。これを制限しないと、途中で誰かが勝手な事をして、みんなで使えない事になってしまいます。

3) 他のソフトウェアと同梱する場合は

誰でもフォントを自由に使える事が解るようにする必要があります(つまりライセンス情報を付加しなさいって事)。それさえ守れば、同梱したソフトウェアを SILオープンフォント 込みで、再配布しようが、販売しようが自由って事です。

4) フォントから作られたグラフィックは

当然、そのグラフィックを作った人が著作者となります。グラフィックを作った人は、そのフォントを『使っただけ』なので、何の制約も受けません。もちろん元のフォントが持つライセンスも何も関係ありません。ただ、気持ちとして『これ使ったんだよ』と明示する事を阻む理由は無いので自由にやって下さいという事になります。

これに関しては、SIL へメールを送った人のブログにあったのですが、現在消失しているのでインターネットアーカイブから確認できます参考リンク

SIL Open Font License (SILオープンフォントライセンス)

SIL Open Font License(wikipedia)


関連する記事

IPAフォントライセンスv1.0 の骨子について



posted by at 2017-03-13 00:05 | Comment(0) | フリーソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

授業で教えたいサービス等の覚書

マンガルー

著作権問題の無い特定の漫画の部分(ブログに貼れる程度のサイズ)で切り取って、ブログ等に貼り付けれるサービス。Twitter で使うと(最後に共有URL を貼り付ける) Twitter カードとして切り取った画像が表示されます。

▼ サンプル
『マンガルー』という漫画のコマを切り抜いてブログに貼り付けるサービスを使ってみた。virustotal

いろいろウィルスチェックソフトで(50〜60種類)、アップロードしたファイルをチェックしてくれるオンラインサービス

➡ PaintsChainer

線画をアップロードして色を塗ってもらうサービス。線画によりますが、とんでもなく凄いです。

➡ jQuery Ripples

水紋効果のプラグイン

➡ Shape Shifter

Android 用の SVG アニメーションを作成するサービス。二つの SVG データに同一数の点を設定して、モーフィングさせてくれるようです。

➡ Twilog

Twitter 関連のサービスでは老舗?。主に、自分の過去のツイート内から文字列検索する時につかってます。他人のツイートでも最新200件までなら対象にできます。

➡ Card validator

Twitter の純正ツールで、Twitter カードの目視確認に使います。

➡ Run Code

いろいろな言語をオンラインでサラっと実行できるサービス

➡ フリー素材有名どころ

1) いらすとや
   一般生活にとてもよく使われているイラスト素材
2) 足成
   とても多くの画像素材
3) ぱくたそ
   フリー素材モデル多数の画像素材サイト
4) Image After
   海外のフリー画像素材

➡ 銀行毎の ATM での条件の詳細

セブン銀行で使える銀行ですが、銀行毎に手数料やら利用可能な時間帯やら一発で解ります。

➡ ネットプリント

セブンイレブンのプリンタに PC から印刷

➡ クロネコFAX

FAX をコンビニから送る。FAX をコンビニで受け取る。


※ 取り急ぎ、これだけ。後々追加予定。

➡ Firebase の使い方 / Google の 1 GB まで無料のホスティングサービスインターネットで使う特殊文字一覧アマゾンアソシエイト

著作権のある画像の利用

➡ トレンドマイクロ オンラインスキャン

とりあえず、安心するためのウィルスチェック

➡ Seesaa ブログlivedoor ブログGoogle の検索設定と検索キーワードGoogle フォーム - アンケートを作成、分析できる無料サービス


posted by at 2017-03-01 23:52 | Comment(0) | WEBサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

Windows Firewall を止めると、ファイルの共有ができない



そもそも、通信に問題があれば Windows Firewall は止めたほうがいいなんて、漠然と思ってました。

※ 止める = サービスで停止

仕事場では Firewall 止めるような事はしませんが、自宅のルータ内のプライベートなネットワークでそんなものが必要とも思えないとも思ってました。

最初は、NTT の PR-500KI がマスタブラウザを持って行ってしまったんだろうと※1(そのような記事を見たので)、WORKGROUP を GROUP に変更したら繋がったのでした。しかし、後日またおかしくなったので再び WORKGROUP に戻したりしてたのですが、どうもうまくいかない。

※1 : PR-400MIのマスタブラウザ
(結局 500 系になって改善されたようなんですけど)

二台を同時に一つのキーボードで切り替えながら操作をしていたので、正直正しい切り分けができている自信は無いのですが、結果として Windows Firewall を止めると、止めた PC への接続が出来ないという事がわかりました(PING すら通りません)

もともと?

それとも、Windows は Firewall を停止するとデフォルトで遮断する通信があるようにいつからか成ったんでしょうか。ちなみに、Firewall の 無効では通信は正しくできるわけです。

ネットワークってホント面倒くさい。
(Wins なんか出て来るとたぶんごっそり時間持って行かれる : 以前やったのは 10年以上前)



ファイルとプリンターの共有 のポート

 

 

ファイアウォールのプロファイルについて (Microsoft Technet)

RICOHのデジタルフルカラー複合機でスキャンしたPDFを自分のPCに保存する

▲ これ(上のリンク先記事)は、Windows Firewall 動作したまま共有が出来なかったケースで、ドメインプロファイル を有効にする必要がありました。

ローカルグループポリシーエディタ



こいつが元凶かと思いきや、有効にしても変わらずでした。


※ Windows Firewall が邪魔な時は、正式に『無効にする』という結論


posted by at 2017-02-05 19:05 | Comment(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

PaintsChainer 用、線画作成 GIMP(Script-Fu)スクリプト

PaintsChainer

FU_sketch_pencil-sketch-BW.scm が元になっています。オリジナルは、パターンファイルを使ってさらに加工するのですが、その部分を省いて線画だけを表示するようにしています。出来上がったレイヤーは複数ありますが、線画のみを表示状態にしています。





; FU_sketch_pencil-sketch-BW.scm
; version 1.0 [gimphelp.org]
; last modified/tested by Paul Sherman
; 02/17/2014 on GIMP-2.8.10
;
;==============================================================
;
; Installation:
; This script should be placed in the user or system-wide script folder.
;
;	Windows Vista/7/8)
;	C:\Program Files\GIMP 2\share\gimp\2.0\scripts
;	or
;	C:\Users\YOUR-NAME\.gimp-2.8\scripts
;	
;	Windows XP
;	C:\Program Files\GIMP 2\share\gimp\2.0\scripts
;	or
;	C:\Documents and Settings\yourname\.gimp-2.8\scripts   
;
;	Linux
;	/home/yourname/.gimp-2.8/scripts  
;	or
;	Linux system-wide
;	/usr/share/gimp/2.0/scripts
;
;
;==============================================================
;
; LICENSE
;
;    This program is free software: you can redistribute it and/or modify
;    it under the terms of the GNU General Public License as published by
;    the Free Software Foundation, either version 3 of the License, or
;    (at your option) any later version.
;
;    This program is distributed in the hope that it will be useful,
;    but WITHOUT ANY WARRANTY; without even the implied warranty of
;    MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.  See the
;    GNU General Public License for more details.
;
;    You should have received a copy of the GNU General Public License
;    along with this program.  If not, see <http://www.gnu.org/licenses/>.
;
;==============================================================
; Original information 
; 
; based on....
; pencil-sketch.scm
; Jeff Trefftzs <trefftzs@tcsn.net>
;
; but with a custom pattern and very specific, altered settings
;==============================================================


(define (FU-pencil-sketch-BW 
		inImage 
		inLayer
		inMerge
	)
	
	(gimp-image-undo-group-start inImage)
	(define indexed (car (gimp-drawable-is-indexed inLayer)))
	(if (= indexed TRUE)(gimp-image-convert-rgb inImage))	
	
  (let*
      (
       (WhiteLayer (car (gimp-layer-copy inLayer TRUE)))
       (MaskedLayer (car (gimp-layer-copy inLayer TRUE)))
       (EdgeLayer (car (gimp-layer-copy inLayer TRUE)))
       (LayerMask (car (gimp-layer-create-mask MaskedLayer 0)))
       )
    
    (gimp-image-insert-layer inImage WhiteLayer 0 -1)
    (gimp-image-insert-layer inImage MaskedLayer 0 -1)
    (gimp-image-insert-layer inImage EdgeLayer 0 -1)

    (gimp-item-set-name WhiteLayer "Paper Layer")
    (gimp-item-set-name MaskedLayer "Copy with layer mask")
    (gimp-item-set-name EdgeLayer "Edges from original image")

    (gimp-drawable-set-visible WhiteLayer FALSE)
    (gimp-drawable-set-visible MaskedLayer FALSE)
    (gimp-drawable-set-visible LayerMask FALSE)
    (gimp-drawable-set-visible inLayer FALSE)

    ; Real work goes in here
    (gimp-drawable-fill WhiteLayer WHITE-FILL) ; Fill the white layer
	
    ; Create the layer mask and put the paper pattern in it.
;    (gimp-layer-add-mask MaskedLayer LayerMask)
;    (gimp-context-set-pattern "Pencil-Sketch")
;    (gimp-edit-bucket-fill LayerMask PATTERN-BUCKET-FILL NORMAL-MODE
;		      100		; opacity
;		      0			; threshold
;		      FALSE		; no sample-merged
;		      0 0)		; X, Y coords
;    (gimp-image-unset-active-channel inImage) ; finished with it
    
    ; Now find the edges
    (gimp-image-set-active-layer inImage EdgeLayer)

   (define tmplayer (car (gimp-layer-copy EdgeLayer TRUE)))

   (gimp-image-insert-layer inImage tmplayer 0 -1)
   (gimp-layer-set-mode tmplayer DIVIDE-MODE)
   (plug-in-gauss-iir TRUE inImage tmplayer 14 TRUE TRUE)
   (set! EdgeLayer 
	 (car (gimp-image-merge-down inImage tmplayer
					 EXPAND-AS-NECESSARY)))
   (gimp-levels EdgeLayer HISTOGRAM-VALUE
		210 ; low input
		255	; high input
		1.6	; gamma
		30 255)
	   
    (gimp-layer-set-mode EdgeLayer DARKEN-ONLY-MODE) ; in case white bg
	
	;(gimp-desaturate-full EdgeLayer DESATURATE-LUMINOSITY)
    (gimp-image-set-active-layer inImage inLayer)
    ); end let
	;(gimp-desaturate-full inLayer DESATURATE-LUMINOSITY)
	(if (= inMerge TRUE)(gimp-image-merge-visible-layers inImage EXPAND-AS-NECESSARY))
	(if (not (= GRAY (car (gimp-image-base-type inImage))))
		 (gimp-image-convert-grayscale inImage))
    (gimp-image-undo-group-end inImage)

    (gimp-displays-flush)


  )

(script-fu-register "FU-pencil-sketch-BW"
	"<Image>/Script-Fu/Sketch/Pencil Sketch BW"
	"Creates an black and white pencil sketch of an image."
	"Paul Sherman"
	"psherman2001@gmail.com"
	"Tuesday, 02/18/2014"
	"*"
	SF-IMAGE 		"The Image" 								0
	SF-DRAWABLE 	"The Layer" 								0
	SF-TOGGLE     	"Merge layers when complete?" 				FALSE
)




タグ:GIMP Script-Fu
posted by at 2017-02-02 09:56 | Comment(0) | GIMP スクリプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

DAZ3D : AtmoCam for Iray の Haze は Surface の SSS Amount で設定されているようです


イラストAC からダウンロード(1600x1200)



AtmoCam for Iray は、カメラの視界にオブジェクト(MAR Atmo Volume)を置いて、そのオブジェクトの Surface を使って色と Haze を設定していました。


最大表示 

SSS は、表面下散乱(サブサーフェイス・スキャタリング)と呼ばれ、これを利用して光のボリュームを表現しています。

付属の Haze の濃さの設定は、SSS Amount を変更していました。SSS Amount および他のパラメータの解説はこちら(英語)になります。



posted by at 2017-01-22 04:08 | Comment(0) | DAZ3D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX