SQLの窓 イラストAC フリー素材

2017年10月11日

DAZ3D : Millennium cat で子猫を作る



DAZ3D の Millennium Cat はとても良く出来たプロダクトなのですが、プロダクトページの画像に子猫が居るにもかかわらず、そういったオプションはありません。(ひょっとして他の Millennium cat プロダクトに混じってるのかもしれませんが)

で、いろいろ調べてみると『がんぱって自分で作る』というのが正解だそうです。たしかに、想像以上のモーフがあるので可能だとは思ったのですが、猫を飼ってるわけでは無く(好きだけど、飼いたいけど)、詳細の調整に自身がありません。

探しました

2010 Kitten MOR.pz2 というファイルでちょっとこのままでは日本的子猫では無いですが、ここからなら調整できると思い作ったのが画像の子猫です。

▼ readme より
This file cam be used in commercial or non commercial renders. The kitten MOR pose can also be redistributed as long as this readme remains with it. 

このファイルは商用または非商用レンダリングで使用できます。 子猫のMORポーズは、このreadmeが残っている限り、再配布することもできます。
ファイルは偶然残っている可能性もあるので、欲しい人はダウンロードしておいたほうが...(これ以外見つける事ができなかったし)
posted by at 2017-10-11 21:57 | Comment(0) | DAZ3D プロダクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

DAZ3D : $48.95 のちょっとお高いアーマーを半額で買って、そのまま Genesis8 に装着しても面白く無いから、Genesis2 に着せて頑張ったイラスト





高いけど、解る人には解る価値あるプロダクト。迷ったけれど、あわせ技で半額になるので思い切って買いました。

The Legend for Genesis 3 and 8 Female(s)

詳細書いてると時間がいくらあっても足りないので要点だけ。

試したフィギュアは Giselle 6。これも超安値で買った、コスパのいい造形を持ったフィギュア。妖精系のモーフを持っていて、とても美しく可愛い。

結論から言うと、手足の末端が合わないです。
( Genesis3 用を Genesis2 に装着 )

胴体に近いパーツは普通にフィットしますが、パンツはおしりはみ出るのでコリジョンを強めにして合わせました。しかし、ブーツはブーツの上に足が突き出るので非表示で対応( とても良く使う処理 )。それでほぼ問題なしですが、デフォルトのコリジョンを 0 にしておかないと造形が崩れます。

袖の長いアームグローブは袖の上腕部分が全く合わないので、使えません。当然グローブも合いません。使いたかったら、Genesis2 を Genesis3 にコンバートして使うという手がありますが、まあ無くてもこれはこれで使えるわけです。

そもそも、こういうパーツ的な使い方のできるアーマーだからこそ惚れたわけですし。

上腕用のアーマーは合いませんが、Fit させずに直接あわせて Parent を上腕にすれば使えます。(イラスト左手参照)

もちろんというか、ソードも自分で合わせます( これは過去いっぱいやってきたしね )

▼ で、Genesis8 にヘルメット以外を フルで使用するとこんな感じです。





posted by at 2017-09-23 21:16 | Comment(0) | DAZ3D プロダクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

DAZ3D : Haze(靄) を Iray で表現する AtmoCam for Iray( カメラ ) を使ったレンダリング


最大表示 

正直使い方が良く解らないプロダクト(AtmoCam for Iray)でした。

カメラなんで、カメラに付属の Haze や 色の効果を適用するのかと思って使ってみても変化無く、カメラの中にもう一つあるオブジェクトに適用するものでした。



また、専用のライト(測光ライト)があるのですが、使い方がイマイチ良く解らずここでは普通に上から照射しています。これは通常のライトに比べてかなり強い光線であるというスペックを持っているようです。

この Iray のレンダリングはパッと見この程度で問題無かったので中止しましたが、拡大するとまだ完了していない点が多く残っていました。来年は、今度こそグラボ買って時間短縮したいです。



posted by at 2016-12-31 10:51 | Comment(0) | DAZ3D プロダクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

DAZ3D のプロダクトに、亜人の IBM にしか見えないフィギュアがあるんですよ。

▼ これです


まあ、発想として似てくる形状なのかなぁとは思うのですが、結構似てるので好きだったりはしますが、$24.95 と少しお高いので、値下げがあったら手に入れてもいいかなとは思っています。

本編、面白くなってるというか良く仕上がってますよねぇ



連載当初、なんか少年もののような影があったのですが、このお話の一番いいところに物凄くいいアプローチを途中から始めたんですよね。その結果生み出された化け物が『佐藤』なんですが、とても絶妙なバランスで超常現象たる『不死身』を生かした戦いが今回も一つの山場を迎えたというか、とっても素敵です。

難を言うと、戸崎と下村の存在価値が全く失せてるというか、下村に至ってはお話の中で浮いてるというか。

ま、でもなんか戸崎周りで何か起きて新しいストーリーの軸が出そうな気配を描いてるのでまだまだヒートアップしそうです。いずれにしても、今回一区切りでまた外堀から埋める作業が始まるんでしょうが、制作側は結構頭痛いんじゃぁないかなぁ・・・なんて。

期待してます



posted by at 2016-11-20 01:09 | Comment(0) | DAZ3D プロダクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

DAZ3D : Star2.0 for Genesis3 と V4 アーマーの合体

最大表示
※ この スキンは、Victoria7 のものです。 Wear Them All - Autofitting Clones and Clothing Smoothers for Genesis 3 Female(s) のおかげで、Star2.0 for Genesis3 で V4 の衣装の グローブやブーツが使えるようになりました。 購入前は、Body 部分であればなんとか着せれる事はできましたが、グローブは指が合わないので掌部分は非表示にする必要がありました。ブーツはどうにもならないので、Genesis 2 の Auto Fit で 下半身は別のアーマーを使う必要があったり。 ただ、一つだけ問題があって、この画像ではその問題を回避するためにパンツ部分は Genesis3 用の AlphaKini Fantasy を使用しています。 問題点 Genesis3 に過去のモデルのビキニパンツを装着させようとすると、太ももの内側にパンツが引っ張られて伸びていきます。これは股を大きく開くほど顕著になります。 困ったもんです。
▼ ちょっと引っ張られてますね・・・ 最大表示
無敵の Star2.0 完全なアニメキャラなので、過去の資産がとっても似合ってくれます。
posted by at 2016-11-15 20:41 | Comment(0) | DAZ3D プロダクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月02日

DAZ3D の PoserCF と StudioCF

そもそも、CF とは、companion file の略で、PoserCF なら、Poser から読み込めるようにする為のファイルの事のようです。

※ 参考1 : What is this CF?
※ 参考2 : Poser Companionファイルを作る( 操・活・解 )

ですから、StudioCF は、DAZStudio から読み込むのに必要なファイルだと思うのですが・・・。

それも結局 DAZ3D Install Manager その3:その他の情報(操・活・解) が参考になります。

というか、DAZ3D の日本語技術情報といったらここしか無いんですけれど。

で、結局以下のような感じの結論みたいです(操・活・解 より)。
背景素材の中でも、DSファイルの製品はDAZ Studio Formatsのフォルダから読み込めば良いのですが、基本ファイルとStudioCFの組み合わせの製品はPoser Formatsのフォルダから読み込み、DAZ Studio Formatsのフォルダ内にあるマテリアルファイルを適用するという手順になります。
posted by at 2013-10-02 01:50 | DAZ3D プロダクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月24日

普通に組み上げただけなのに異様にかっこよくなった『Anwyn Warrior』

肌の色と赤い目がとてもマッチしていて、普通に X-MEN に出て来そうです。顔は V4 に Anwyn を適用しているだけで( 専用の顔変形は使用していません ) V4 ノーマルです。本来はここから調整するんですが、目の色を変えただけでハマりました。時間かかったのは髪の毛が長いのでそこの不自然さの調整と、パンツのフィットです。下半身は表示されてませんけれど、その部分が一番時間かかりました。のちのちいろいろレンダリングしたいですね。



Anwyn for V4 & Genesis

このパーツは、モーフやスキンで、髪の毛や衣装は付いていません。ですけれど、お買い得だと思います。V4 のノーマルのスキンはヘボいので、これ一つで格段に違います。

そもそも、Victoria 4.2 Female 3D Model Morphs++ が必要ですが、このモーフとの連動効果で筋肉質はとてもいい感じ。

衣装は、パンツが Nighthawk for V4 で、グローブが、Tevireth で、胸部分が The Sentry 3D Character Model です。

髪は、Gregoria Hair ですが、思ったより美しくレンダリングされます( アイコンとか結構最低なんですけれど )


タグ:DAZ3D
posted by at 2012-10-24 01:05 | DAZ3D プロダクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します


Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX