SQLの窓 イラストAC フリー素材

2018年08月13日

DAZ3D : Attack on Titan / 巨人の頭上を通過する立体機動のようなもの


( Google Photo で見る )

かなり前に作ったシーンの Iray 化です。Iray 化にあたって、いろいろリアルになったのと同時にアラも出て来たので、巨人の指を自分で塗りました。


▼ 昔の 3Delight のがこちら


▼ さらに、その前のプロトタイプ


ま、なんと言っても当時と一線を画すのは、グラフィックボードを買ったおかげで Iray が使えるようになったというところです。偶然買った布用のシェーダーがたいていの物体に対して使える(画像そのままで Iray 化して3パターンの質感を選べる)のがおかげさまと言うか。

この画像にしても、人物は V4 だし、巨人は Genesis だし、衣装も寄せ集めで立体機動装置はロボットの prop で、ワイヤーはただの棒ですからね。それに、Iray のおかげで FOG カメラが入ってるわけです。結論として、NVIDIA GeForce 無しに DAZStudio は始まりませんって事です。




で、本編のお話ですが...なんか良く解らなくなってますね。






posted by at 2018-08-13 01:38 | Comment(0) | Iray DAZ3D DAZStudio イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月08日

DAZ3D : 長い髪のエルフ



この髪は、『Bronwyn Hair for Genesis 3 & 8 Female(s)』 です。

造形が汎用的そうで、40% オフで、スタイルセットが付属(15 Sample Hair Poses)してたのが購入ポイント。髪型は、キャラクタのバリエーションなので、素直でかつキャラクタの個性を主張できる必要があると思うので、いわゆる現実的な髪型はキャラクタが目立たないし、特殊すぎる髪型は髪型にキャラクタを決められてしまう。

その上で、プロダクト画像でも使われている日本型のエルフ耳(真横に伸びる耳)を持つキャラクタでカメラ位置を一生懸命探って、一番いい髪のスタイルを選びました。

髪の垂れ方や、髪の間から出る目や鼻や口の雰囲気がとてもアニメっぽくなってますが、いろいろやると結局これが一番美しいんですよね。必要無いラインは隠したほうが( そもそも、それが髪の毛の役目だし / スキンヘッドで魅力が出るはずもなく )

髪は、G8・G3 兼用ですが、このフィギュアは Genesis。しかし、問題無く FIT しています( このへんはいろいろプロダクト買ってるせいだとは思うけど、特定するのに時間かかるので省略 )。

元のシーンとの比較

以下は、元のシーンです。背景を全て Iray の 金属系に変更して、キャラクタの邪魔になりそうな型の防具を不透明にして排除しています。



背景に使っているシェーダー

Uber+ Iray Antique Metals 2

光源の強いところでは光りすぎる傾向がありますが、暗めの場所ではとてもいい感じを演出できるシェーダーです。

▼ これは、V4 時代の PROP でしたが、シェーダー一つでこんな感じにはなります。






posted by at 2018-08-08 01:05 | Comment(0) | Iray DAZ3D DAZStudio イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

DAZ3D : Genesis8 : Ktarya で美しい悪魔的ファンタジー



Ktarya Bundle for Genesis 3 and Genesis 8 は Genesis3 と Genesis8 両方あるし、いわゆる『欧米的』な容貌では無いのでじっくり使えそうです。

最初、Genesis8 で初めて入手したので(とは言っても今でも2種しか無い)、以下のようなイマイチなものを作成して DAZ3D のギャラリーに上げたのでした。



牙の影響で、思ったものが出来なかったので暗さでごまかしたものです。で、Iray 用の設置ライトでいい角度を見つけて作成したら、思いの他綺麗な悪魔が出来上がったのでした。

最近、Iray の 環境光ばかりをテストしていて、直接のライト使う機会が無かったんですが、やはり暗さと光と影のバランスで出来上がるもののほうがグっと来るものがあります。

ごく普通にレンタリングすると以下のようになりますね(まったく面白く無いですが)





タグ:DAZ3D DAZStudio
posted by at 2017-10-10 23:46 | Comment(0) | Iray DAZ3D DAZStudio イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

DAZ3D : ホワイト・ブロンドのダークエルフ


最大表示 

この画像は、イラストAC から 1600x1200 でフリーダウンロードできます。その画像をデスクトップの壁紙(1280x1024)として使用し、アイコンを非表示にして、DAZStudioの 4.8 で開いて Iray ビューで表示している状態です。

※ DAZStudio の 4.9 は、Windows10 で運用しており、通常作業するのが Windows7 です。

キャラクタ自体は昔に作った V4 ですが、パンツは Genesis2 のものです。基本的に背景も V4 当時に手に入れた古いものばかりですが、シェーダーは Iray 用を使ってそれなりに見えるように頑張っています。また、衣装の一部にもところどころ Iray のシェーダーで引き締めた感じです。

髪は、Daria Hair for Aiko 4 を使用していますが、アニメチックでいいものが A4 のHair では多いので、今じゃかなり安くなっていると思うのでお勧めです。それがたとえ A3 用でも、髪だと Head にさえ固定していれば、必ずしも Fit させる必要も無いのでどの世代でも使えるはずです。

背景は Saxon RuinsIray のシェーダーを使ってから縦横のスケール調整をしています。
※ Mec4d PBS Shaders vol.2 for Iray( vol.2 がおすすめ vol.1 はイマイチ )

以下はこの記事用に髪を変えて、ブーツを調整してレンダリングしました。



もともと、ブーツは V4 用で最初から装着していたのですが、パンツも履かせたので混じってしまっていたので、ブーツを パンツにフィットさせ、Smoothing Modifier を適用して Collision を少し大きめにセットしました。

超有名な方法ですね。

※ もし、くるぶしより先が変な具合になる場合は、V4 本体のその部分を非表示に設定します。



posted by at 2017-06-27 14:40 | Comment(0) | Iray DAZ3D DAZStudio イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します


Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX