SQLの窓

2013年12月08日

DAZ3D : 初音ミクと刀



やはり日本人。刀を持たせる事になにか憧れを感じます。ですが、いままで持ち方を工夫した事が無かったので、ちょっと努力してみました。刀はどちらかの掌に固定しなければならないので、結構両手での表現は面倒です。なんで、持ち替える瞬間のシーンです。







posted by at 2013-12-08 01:48 | DAZ3D DAZStudio イラスト 2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月22日

DAZ3D : SFファンタジー的、女主人公『侵入シーン』

最初は背景構築してただ立っているポーズだったのですが、あたりの気配を感じつつ、ゆっくりと移動するシーンです。



いずれもカメラ位置を変えただけですが、動いている連続シーンのようにも見えます。

▼ クリックして拡大表示してから、左右の矢印キーでシーンの移動が可能です


フィギュアの立ちポーズは、胸を張るのがコツです。ですから、本体を回転させて立ちバランスを取る事になります。あと、首と頭で下向きかげんにして、目を上向きにするとかっこよくなります。



▼ この左手の甲の骨格が突っ張ったところがうまく出来ました。



要するに、フィギュアが優秀なだけなんですけれど。



posted by at 2013-11-22 18:39 | DAZ3D DAZStudio イラスト 2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月11日

DAZ3D : Space Dark Elves の顔アップ



ブログでの画像最大幅は 600px って決めてるので、切り取ってみました。
できる限り初見でキャラの雰囲気がわかるっていうのも大事ですし。

で、その後『シーン』に移ればいい流れかもしれないし





posted by at 2013-11-11 21:03 | DAZ3D DAZStudio イラスト 2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月30日

DAZ3D : 夕陽のダーク・スペース・ファイター



なんか、日本語で無理やり題名付けると、クラクラするくらいダサい・・・・

関連するイラスト

DAZ3D : The Wasp Class Space Fighter + Dark Elves

※ Wasp =  スズメバチ


posted by at 2013-10-30 23:01 | DAZ3D DAZStudio イラスト 2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月28日

DAZ3D : The Wasp Class Space Fighter + Dark Elves



Supersuit Sci-Fi Content Bundle に付属している Space Fighter です。

機体の汚れ具合がいい感じで、これはなかなか拾い物でした。デザインも悪く無いです。ただ、フィギュアをのっけると、ちょっと機体が小さいようで・・・かなり調整が必要でした。

どうせならと、遠目でも存在感と特徴のはっきりする Dark Elves に搭乗してもらいました。



posted by at 2013-10-28 01:27 | DAZ3D DAZStudio イラスト 2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月27日

DAZ3D : Skyrider



Supersuit Sci-Fi Content Bundle に付属している Skyrider です。

結構古い製品なんで、あんまり明るい画面に置くのは遠慮したいところです。デザインもイマイチなんで、角度もこれが一番いいポジションだと思われます。

※ Compatible 3D Figures / Victoria 3, Victoria 2 & 1, Michael 3, Michael 2 & 1

▲ 勢いでパッケージした感が満載。


posted by at 2013-10-27 02:08 | DAZ3D DAZStudio イラスト 2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月26日

DAZ3D : Urban Future 4 の看板データ(テクスチャ) を変更

▼ です(画面左下)。


基本的に、DAZ3D のテクスチャは個別に変更する事によって、自分の個性を出す事ができます。Urban Future 4 :Street Level の看板のテクスチャは、正直言ってあまりピンと来ないです。漢字が使われていますが、日本語では無いし、そもそも漢字は特別な場合を除いて風景としてはクールではありません。



今回変更したのは、右上の上から二番目の看板文字です。以前から、『梵字』がいいと思っていたので、フリーフォントで簡単ロゴ作成に登録して使いました。内容は適当です。文字の形で選びました。






posted by at 2013-10-26 19:01 | DAZ3D DAZStudio イラスト 2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月23日

DAZ3D : 3Dな背景を主役にレンダリング



もともとは、Windows ストアアプリの Grid の背景用に作成してみたんですが、これが案外おもしろいです。それに、いつかフィギュアの背景にも使えるだろうし、そのうち PIXTA に投稿してみてもいいなぁと。

というか、どこか無料素材サイトで DAZ3D で作ったこういう画像を受け付けてくれないかなぁ・・・

時代はまだここに付いて来ていないのかもしれない。









posted by at 2013-10-23 23:02 | DAZ3D DAZStudio イラスト 2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月21日

DAZ3D : YAMAKI GTX FZR だけじゃ寂しいので、進撃の巨人立体機動を装備して車から降りて来た・・・ような



DAZ3D では最近バカみたいな 90% オフの商品が出る事があります。これで2回目ですが、$6.99 でバイクと車とトラックとその他もろもろが手に入りました。

で、まず試しに車をレンダリングしてみたんですが、黒の車の光沢が出ない。おっかしいなぁ・・・といろいろやってるうちに、『車体への映り込みが必要』だという事が解りました。これ、予想以上に面倒くさくって、あとで GIMP で調整しないとうまく行かないです。

で、最初に試したのは以下の画像で、それでは寂しいので最初の画像になってます。いろいろ苦労があります。DAZ3D イラストの道は長く険しい・・・かもしれません。





posted by at 2013-10-21 23:40 | DAZ3D DAZStudio イラスト 2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月17日

DAZ3D : Urban Future 3 をレンダリングして、Google+ の新しい画像編集を使ってみました

▼ センターフォーカス => ドラマ => フレーム
適用前 適用後
Urban Future 3

今回の画像編集機能は、Google+ からのみ利用できて、Picasa では利用できません。というか、Picasa ではそもそも画像編集ができなくなってしまいました。

ま、でも Google+ 経由で処理すればいいので特に問題はありませんが、Google はどうしても、Google+ でユーザが滞在する事を望んでいるようです。

編集はとても簡単。しかも、適用後でも元に戻す事ができるのでいろいろ楽しむといいと思います。



posted by at 2013-10-17 23:54 | DAZ3D DAZStudio イラスト 2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します


Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX