SQLの窓 イラストAC フリー素材

2016年11月30日

久しぶりに Twitter のアプリを追加しようとしたら、『電話番号登録しなさい』って言われたけど、Softbank のスマホに SMS 通知が来ない

こんなものは、Softbank 側の設定に決まってるので調べたら、

海外からの
電話番号メール
⇒受け取らない

となってるので、一時的に解除しました。なのに、それでも通知が来ないのでしばらく考えてたんですが・・・

『あ、そういやスマホ側で迷惑メールフォルダってあった』と思い、チェックしたら迷惑メールが800件以上たまっていて、Twitter からの通知も来てました。



電話番号が登録された後この画面になりますが、このまま放置です。右下にある、『詳細はこちら』をクリックすると以下へと移動しまます。

▼ こんなの必要? てな内容でした
TwitterのSMSコマンド

例)  "オン" とだけ入力して送信してください。許可したTwitter通知をすべてオンにします。

ソフトバンクのスマホ側設定説明

[SoftBankメール]迷惑メールフォルダの利用方法を教えてください。

それから、マイソフトバンクってこんなページでしたっけ?



My Y!mobile の画面の印象があったのですが、長い事使ってなかったので、何がどうなんだか。





posted by at 2016-11-30 20:59 | Comment(0) | Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月14日

TweetDeck が複数アカウントで画像同時追加できるのを確認して二日目。

とても気持ちいい。



こんな事公式クライアントでしかできません。



posted by at 2013-09-14 03:24 | Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月04日

開発者向け Twitter のアプリケーションのアクセストークンの再作成

『Recreate my access token』をクリックしても、変わらないので、自分の通常 Twitter アカウントの『設定』から、『アプリ連携』で該当アプリをいったん削除してから再度『取得』します。

Twitter Discussions

Unable to recreate my access token

APIキー取得手順(アプリ作成)

Twitter アプリを登録して、バッチファイルで投稿 - NAVER まとめ

PHP

PHP + cURL で、Twitter API 1.1 の search/tweets を呼び出して、RSS に変換する

VBScript(WSH)

WSH : VBScript と JavaScript で Twitter に投稿する ( API 1.1 で動作確認しました )



posted by at 2013-06-04 21:58 | Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月31日

TwitterAPI : OAuth の手順と受け渡しするデータの意味

OAuth の用語は解りにくいので、まず前提条件として表現を変えます。

1) Consumer key : アプリケーションID
2) Consumer secret : アプリケーションパスワード

1) Access Token : アクセスID
2) Access Token Secret : アクセスパスワード

さらに、通常の投稿をするには手順中の一時的なトークンがありますが、呼び出し URL が api.twitter.com/oauth/request_token なので以下のような呼び名にします

1) Token : リクエストID
2) Token Secret : リクエストパスワード
最初の呼び出し 呼び出すAPI : https://api.twitter.com/oauth/request_token 必要な情報 1) コールバック URL 2) アプリケーションID 3) ランダムな文字列 4) "HMAC-SHA1" 5) Unix タイムスタンプ 6) "1.0" これらのデータを含む文字列を HMAC-SHA1 で、アプリケーションパスワードを使って signature 文字列を作成します。そして、http ヘッダーに signature 文字列 を含む他の情報をセットして呼び出します。( POST データとして送る事もできるはずです ) 向こう側では、その送られたデータを、向こう側で保存されている アプリケーションパスワードで、HMAC-SHA1 を使って signature 文字列を作成し、送られて来たsignature 文字列と一致するかどうかを確かめます。一致すれば リクエストID と リクエストパスワードを送り返します。 Twitter サイトでの承認 https://twitter.com/oauth/authorize?oauth_token=リクエストID でアクセスします。WEBアプリケーションからスムーズに移行するには、リダイレクトしますが、デスクトップアプリケーションの場合は、ここだけはブラウザを使用する事になります。 この結果、Twitter にログインしていない場合は、大元のユーザ ID とパスワードを入力しますが、ログイン済の場合は、承認のみ行う事になります。この結果、WEBアプリケーションでは、コールバック URL に対して、oauth_verifier が戻される事になります。これは、デスクトップアプリケーションにおけれ PIN にあたりますが、要するに「ワンタイムパスワード( 本人確認の手順の一部 )」です。 アクセスIDとアクセスパスワードを取得 これでやっと、ユーザIDとパスワードの代替えである、アクセスの委譲を行う為のアクセスIDとアクセスパスワードを取得する事ができます。 呼び出すAPI : https://api.twitter.com/oauth/access_token 必要な情報 1) アプリケーションID 2) ランダムな文字列 3) "HMAC-SHA1" 4) Unix タイムスタンプ 5) リクエストID 6) ワンタイムパスワード 7) "1.0" このデータの送信で使われるパスワードは、アプリケーションパスワード に加えてリクエストパスワード です。両方を使って signature 文字列を作成して API に対て http ヘッダーを通して情報を送ります。今回だけのリクエスト ID と今回だけのワンタイムパスワードを含む文字列を秘密のパスワードを二つ使って署名します。 このデータは、一連の手順を経ないと得られないものであり、かつ、サーバのみ一致するかどうかを確認できます。 この結果得られるのが、アクセスID と アクセスパスワードであり、必要であればこのデータをセッションやファイルやデータベースに保存しておくと、認証の必要無く API にアクセスできる事になります。 このアクセスID と アクセスパスワードは有効期限の無いセッションのようなもので、ずっとPCを切らないで、ブラウザを閉じないようなものです。但し、キャンセルする方法として、ユーザの「連携アプリ」として登録されている該当のアプリを削除(許可を取り消す)するとキャンセルされます。( 次に使う時は再度承認する事になります ) そうする事によって、このアクセスID と アクセスパスワードはリセットされ、以前とは違うものになります
posted by at 2010-05-31 20:00 | Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します


Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX