SQLの窓

2015年09月17日

Google Chrome で、表示するページのドメイン以外から Flash を参照していると、クリックするまで Flash が動作しないようになっています。

なので、Seesaa も含めてかなりのブログでは Flash はそのままでは動作しないと思います。直接は影響ありませんが、広告内で Flash が使われていると(一度クリックしないと)当然動作しないようになっています。

▼ こん感じです


自分のサイトであれば、.swf は、表示されるページと同一ドメインに置いて読み込む事で解除されます。
( サブドメインは別ドメインです )


posted by at 2015-09-17 22:49 | Comment(0) | Google Chrome | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月16日

マジ、今気がついた・・・・Google Chrome で画像サイズは、『タイトル』に表示されていた。

めっちゃ、ショック。自分的におそろしく盲点だった。。。。



ひょっとして・・・と思い、Firefox で確かめると・・・おんなじだった。

そして。


さすが IE11 はアホだった。
( 右クリックでプロパティね )


posted by at 2015-03-16 01:42 | Comment(0) | Google Chrome | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月14日

Google Chrome が 41 になって、ある限定ユーザだけが UI のフォントの変化に困る場合

MacType ユーザ

MacType は、Windows のフォントが嫌いな Mac ユーザの為のソフトウェアですが、Google Chrome が 41 になって、『directwrite』という機能が UI に使われるようになったらしく、少し小さめの変な表示になるようです。

対処方法は、起動オプションで --disable-directwrite-for-ui を指定する事です。

テーマに Windows クラシックを使用しているユーザ

これ以外のテーマでは起きなかったのですが、やはりフォントがおかしくなったので --disable-directwrite-for-ui を指定すると元へ戻りました。ま、でも、これを機会にテーマを変えましたけれど。



posted by at 2015-03-14 18:03 | Comment(0) | Google Chrome | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月28日

Google Chrome デベロッパーツールの JavaScript の整形

Pretty Print JavaScript

ソースを表示しているウインドウの左下の {} ボタンをクリックします。戻す時は、左側の現在選択されているソース名をクリックします。

▼ 実行前



▼ 実行後





posted by at 2014-06-28 14:38 | Comment(0) | Google Chrome | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月28日

Google Chrome 32.0.1700.76 の問題が 32.0.1700.102 で解決

多くの問題が解決されたようです。特に、スクロールできなかったりクラッシュしたりしていた問題はすぐ解決したほうがいいと思います。chrome://chrome で更新しましょう。

MONDAY, JANUARY 27, 2014
Stable Channel Update


▼ 上記リンクにある原文を簡単に翻訳
● フルスクリーンモードを終了した後にマウスポインタが表示されなくなっていた。
● クロームへのドラッグ&ドロップのファイルが正常に動作しない場合があった。 
● QuickTimeのプラグインがChromeでクラッシュしていた
● Chromeが応答しなくなる事があった
● トラックパッドのユーザーは、水平方向にスクロールできない場合があった 
● コンボボックスのスクロールをドラッグできなかった
これら以外にも、このアップデートには 14のセキュリティ修正が含まれているそうです。 関連する記事 Google Chrome 32.0.1700.76 の問題が、開発版(34.0.1794.5 canary) で正常になります。
posted by at 2014-01-28 20:07 | Google Chrome | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月24日

Google Chrome の『最近閉じたタブ』ってのはこう使うのか・・・。助かった。ブログで入力していた内容を復帰してくれる!!

最近気が付きました。もっと早く知っていたら、何度も悲しい思いしなくて済んだのに・・・。と、結構本気で思いました。

この機能を使うと、『意図的に投稿内容を保存できる』という事なんですが、開き直すとその履歴は無くなるので注意が必要です。

さらに、Seesaa では複数のブログを扱っている場合、セッションに保存されるのは今作業しているブログです。しかし、セッションが切れてしまう場合がたまにあって、切れた後投稿するとエラーになってしまいます( 先頭のブログに変わっています )。

つまり、そのタブのデータを保存できても、セッションが切り替わっていると表示されない事もあります。( そして履歴が消失するので注意です )



最近閉じたタブより選択



もちろん、入力済みのものは全て復帰してくれました。

気になって、Firefox と IE11 で探してみたら、Firefox は同じ機能のものがありました。でも、IE は無いみたいです。( IE は閉じたタブを開く機能はあるのですが、入力データが戻りません )

▼ Firefox 26.0


しかし・・・IE は本当にダメダメですね。ちなみに、タブだけが復帰する IE の手順は、『新しいタブを開いて』『閉じたタブをもういちど開く』から選択します。( いらんけど )




posted by at 2014-01-24 14:50 | Google Chrome | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月23日

Google Chrome 32.0.1700.76 からデベロッパーツールでスマホのタッチスクリーンがエミュレートできます。あわせて、横表示も使うとさらに使いやすくなります。

Sensors の Emulate touch screen のチェックで ON/OFF です



横にするには、



を長押しして。



というふうにして、横置きアイコンをクリック・・・・▼ あらステキ ハート(トランプ)



▼ 以下詳細
Chrome DevTools => Mobile emulation

関連する記事

Google Chrome デベロッパーツールの新しい 『Mobile emulation』という機能


posted by at 2014-01-23 18:37 | Google Chrome | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月21日

Google Chrome 32.0.1700.76 のコンボボックススクロールバーがドラッグできない場合の対処方法

気分的に良いものでは無いとは思いますが、作業に支障が出るよりはましという方向けです。

個人設定で、デスクトップを Windows クラシックに設定して下さい。

これで何故かドラッグできるようになります。( Windows8 ではそもそも起きませんでした )


関連する記事

Google Chrome 32.0.1700.76 の問題が、開発版(34.0.1794.5 canary) で正常になります。

Chrome 32.0.1700.76 : window.open で開かれたウインドウでよくクラッシュします

Google Chrome 32.0.1700.76 になってしまいました。コンボボックスのスクロールバーのスクロールボックスをドラッグできません( I can not drag the scroll box in the scroll bar. )

Google Chrome 32.0.1700.72 で、Yahoo! の番組表がめちゃめちゃになる



posted by at 2014-01-21 19:52 | Google Chrome | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月20日

Google Chrome 32.0.1700.76 の問題が、開発版(34.0.1794.5 canary) で正常になります。

ダウンロードしてインストール(別アプリとしてインストールされます)した後、バージョン確認するといきなり『34.0.1795.2 canary』 に更新されます。なんだこれ・・・

▼ ここから


どういう順序で何を優先しているのかさっぱりわかりませんが、『もう一つの Google Chrome』としてインストールして利用するものなのかなぁ・・・と思ってしまったりしています。

ブックマークは、エクスポートしてインポートすればいいですが、Google Chrome のログインしての同期はさすがに気が引けて試していません。とりあえず様子見て情報が集まるのを待ちたいですね。


Google Chrome 32.0.1700.76 のコンボボックススクロールバーがドラッグできない問題が、開発版(34.0.1794.5 canary) で修正されたそうです

Google フォーラムのこの修正情報の発信元

この対応している社員さん大変そうです。情報が無いのでずっとユーザーさんに満足してもらえるような答えができなかったんでしようね。しかも、自分で動作確認してないのか、できなかったのか、たぶんいろんな仕事を抱え込んでてるんでしようね・・・・。そんな気がしました。

こちらのほうは、なんか殆ど返答しないまま閉じてしまってますし。。。

chromium バグレポート?

英語力無いので良くわかりませんが、こんなの探してレポートするのはたいへんですね。



posted by at 2014-01-20 23:37 | Google Chrome | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月16日

Chrome 32.0.1700.76 : window.open で開かれたウインドウでよくクラッシュします

この画像は、Blogger の設定ウインドウですが、他の場所でも起きています。



どうも本当にクラッシュしているのでは無く、Google Chrome が違った認識を起こしているような感じはします。また、ウインドウサイズを指定するような window.open で開かれたこのウインドウでもスクロールバーをドラッグできません。


関連する記事

Google Chrome 32.0.1700.76 になってしまいました。コンボボックスのスクロールバーのスクロールボックスをドラッグできません

Google Chrome 32 はフォームのコントロールの見栄えが軽く変わっていました

Google Chrome 32.0.1700.72 で、Yahoo! の番組表がめちゃめちゃになる



posted by at 2014-01-16 13:47 | Google Chrome | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します


Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX