SQLの窓 イラストAC フリー素材

2009年11月25日

さくらインターネットでRuby使ってmixiボイスで投稿する為に【その1】:PuTTYごった煮版でSSH接続



Ruby は飛び道具なんで、ずっとほったらかしてたのですが、mixi ボイスを Twitter から埋め尽くす
マイミクが居るので、ちょっと興味持って調べたらアプリでクッキーを保持してセッション継続したまま
やりとりできるのが解って始めたのですが、解説するには順序があるのでこれからです。

▼ すでに完成しているアプリはこちら( まだ実用段階では無いですが )
mixi ボイス投稿

いずれ、Twitter と同時投稿できるようにして、下のフレームでそれぞれのリスト表示をするというふうに
するつりですが、まずは実装の初期段階はクリアしたのでまとめています。

とにかく、ローカル(Windows)でできても仕方無いので、リモートでさくらへログインしなければ
なりません。コマンドラインの操作は嫌いですが( 十数年前に Unix の開発経験はあります )
仕方ないのでひさしぶりに Unix です。あんのじょう、vi が必要ですが、操作方法は綺麗さっぱり
忘れています。最低限必要なものを集めてまとめています。



さくらインターネット : PuTTY ごった煮版で SSH 接続




posted by at 2009-11-25 17:45 | Ruby | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します