SQLの窓 イラストAC フリー素材

2012年04月09日

Win2K、WinXP、Win7 3世代同時運用のはじまり。

この記事は 2012/4/29 当時の古い記事です。この 1 年後には、Windows8 が追加されて、さすがに Windows2000 は現場から去り、2014/11/26 現在では WindowsXP もサポート外になったので、インターネットから外して、めったに電源が入る事はありません。

先月やっと i5-2500 の PC を買って揃いました。

そもそも、WinXP の乗っている PC では全く IE が使い物にならなくなったので、こうなりましたが、i5-2500 でも IE は遅いですね・・・。

まあ、ブラウザはそれぞれに良いところがあるので、平たく愛でる必要がありますが、メインは Google Chrome です。速さが作業量の命ですし。まだ、Firefox はインストールしていませんが、IE9、Chrome、Firefox の3つは避けては通れないのが実際です。

Win2K はあまり利用価値は無いのですが、ハードディスクが生きている以上いろいろ資料が詰まってはいます。しかし、モニタ切り替えは2台までなので、Win2K には、UltraVNC を入れて Win7 から参照にしました。これが思いの外快適で、動画でも表示しないかぎり、直接動かしてるのと殆ど変らないです。まあ、もともと遅いとは言え、Win2K そのものが XP から比べると軽いですし。



WinXP と Win7 のモニタ切り替えで、Win7 が 1024x768 に勝手に戻る問題もなぜか解決しちゃったし、ずっとインストールしたかった、DAZ3D の Genesis も使い始めたし、あとは『ボカロ』買って『光』にすれば・・・・・


やっと平凡になれそうです。





posted by at 2012-04-09 23:55 | Comment(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

Windows7:XPモードを独立したPCとしてカスタマイズ


XPモードのXPを独立したPCとして運用する為にカスタマイズを行う
XPモードは Windows7 上で動かない古いアプリケーションを動作させる為
の目的がエンドユーザに多い事を想定して「モード」と呼んでいますが、
開発目的では、ファイルひとつがひとつの「PC = 開発環境」と考えて構成
して利用する事によって最もこの機能の恩恵を享受できると思います。

いくつかの設定を行うだけで、親PC の中に親和性の高い使い捨ての環境を
作る事ができます。気持よく実行するには、親PC のメモリ量が十分であ
る事と、それ相応のCPUパワーを必要としますが、通常業務アプリケーシ
ョンの開発にはそれほどのスペックを必要としない事が多く、むしろ自
由に幾通りもの環境をストックできる事のほうが有益です。


Xpmode_net

Xpmode_pc

Xpmode_key

Xpmode_close


posted by at 2010-03-26 16:29 | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

Windows7(Vista)つまり、WindowsNT6のNTSERVICE\TrustedInstallerというRole(役割)の権限


Windows7 : NT SERVICE\TrustedInstaller : 消せないファイルと変更できないレジストリ
思うに、昔の(今は知りませんが)汎用機では、基本ソフト(OS等)をインストールする管理者と運用を管理する管理者は全く別にされていたと思います。そうしないと、保守する側がエンドユーザ側の管理者に振り回されてしまいます。 パーソナルコンピュータともう誰も言わなくなった昨今ですが、この WindowsNT6 ではセキュリティ上の観点からそういう権限を使いだしたのでしょう。しかし、少し知ってる人間であれば、既存の知識でこの制限は解除できるのですが、全て手作業となる為、ものによっては現実的ではなくなるので、結果的に Microsoft 側が困難な目にあわないと言った防波堤だと思います。 ですから、この NT SERVICE\TrustedInstaller は、正式な文書を MSDN( 英文 )では見つけられなくて、サポートドキュメントでしか知る事ができませんでした。解る人には「これでじゅうぶんだろ」と言わんばかりの様相ですが、ま、昨今の実情から考えれは仕方の無い事だと思います。 世間で見かけたのは殆どファイルやフォルダのお話でしたが、私は Shell が大幅に変更されているので、いろいろレジストリを変更している最中に遭遇しました。 Adminstrators グループにも関わらず、フルコントロールが与えられておらず、このロールにのみ与えられています。当然自分自身ではフルコントロールに変更できませんが、Adminstrators グループは、所有者の変更を行う権限は保持しているので、自分自身に権限を移行できます。但し一度変更してしまうと、戻す場合は手入力で先のロールを入力する必要があります( 一覧にはありません ) これは、世間では Adminstrator よりの上の権限のように表現されていますが、「役割」の違いだけだと思います。単なる防波堤で、通常の権限の世界はこれどころで無いほど複雑で面倒です。きっちり権限管理をすれば少なくとも通常のファイルでユーザ間で全くなにも参照できなくなりますし。 絶対したくないですけれど、今回 XP モードを使えば普通にできてしまうと言う管理メリットもあります。特定ユーザは、XP モード内でだけ作業すれば、運用ルールだけでかなり高度に閉じてしまう事が可能だと思います。
posted by at 2010-03-20 20:19 | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Windows7とIIS7とPHPとFastCGI


Windows7 : IIS7 で PHP を動作させる
今時 IIS でなければならない理由はありませんが、Windows に付属してくる WWW サーバーですし、地味にイントラネットでは良く使われるはずですし、知 っておく必要がある優先順位は高いです。 Win7iis7_3 今回、少しびっくりしたのは、Vista をすっ飛ばした間に時代が進歩していて、 FastCGI というものが標準的に運用するようになっいます。まあ、仮想 PC が 普通に実装される時代ですから、当たり前といえば当たり前ですが、動作確認 する立場としては氾濫する情報から純度の高いものを探すのが重要となります。 リンク先では、PHP サイトにある情報を紹介しています。
posted by at 2010-03-20 19:39 | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

Windows の共有

コンピュータの管理から、共有の一覧



共有を仮想ドライブとしてマッピング

コマンドプロンプトでのネットワークドライブの割り当て
net use z: \\マシン名\共有名 パスワード /USER:ユーザ名

処理( 例えば cscript.exe xxxxxxxx.wsf )

net use z: /DELETE


Windows : 管理共有(C$等)とネットワーク接続とシステムエラー5(53)とSymantec Endpoint Protection


補足情報

※ 自分の共有に自分自身でつなげて仮想本番環境としてテスト
※ エクスプローラのアドレスバーで\\pc名\共有名で一時接続
※ IP アドレスで で\\IPアドレス\共有名一時接続

( Windows8 ではなかなかセキュリティの制限調整が難しいです )

あと、共有ではありませんが関連情報として SUBST コマンドの利用というのもあります。


※ 初回投稿 : 2009-05-28



posted by at 2009-05-28 20:33 | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月09日

control.exe の引数


When you use the WinExec function, the system can recognize special Control Panel commands.
control.exe desktop Launches the Display Properties window.
control.exe color Launches the Display Properties window with the Appearance tab preselected.
control.exe date/time Launches the Date and Time Properties window.
control.exe international Launches the Regional and Language Options window.
control.exe mouse Launches the Mouse Properties window.
control.exe keyboard Launches the Keyboard Properties window.
control.exe printers Displays the Printers and Faxes folder.
control.exe fonts Displays the Fonts folder.
For Windows 2000 and later systems:
control.exe folders Launches the Folder Options window.
control.exe netware Launches the Novell NetWare window (if installed).
control.exe telephony Launches the Phone and Modem Options window.
control.exe admintools Displays the Administrative Tools folder.
control.exe schedtasks Displays the Scheduled Tasks folder.
control.exe netconnections Displays the Network Connections folder.
control.exe infrared Launches the Infrared Monitor window (if installed).
control.exe userpasswords Launches the User Accounts window.
または、control.exe sysdm.cpl のように実際のファイルを指定する

Microsoft のドキュメント

Control Panel Items



posted by at 2007-05-09 00:00 | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月29日

ローカルをあたかも Web につないでるように見せる

7000001687200if

HOSTS ファイルは、ドメイン名やサーバー名といった、IPアドレスに関係づけられた名前から、IP アドレスを特定する為に「最初」に参照されるファイルです。ここに記述した内容は、その PC だけで言えば、世界中のいかなる DNSによる名前解決より優先されます。 7000001687201if  ですから、用途としては 1) デモ用 PC(ネットワークなし) の仮のドメインでローカルで動作させる為 2) サーバー環境をローカルのPC で動作させる為 に使われます

posted by at 2006-11-29 20:18 | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します


Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX