SQLの窓 イラストAC フリー素材

2013年01月05日

Shadowbox を使った画像コードの作成



URL オプションのテストは、以下で行えます

http://toolbox.winofsql.jp/tool_html_links.htm


貼り付けサンプル

 




posted by at 2013-01-05 17:46 | ブログツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月18日

ソースコードをたまにちょっとだけ貼り付けたい時用のWEBサービスを【更新】しました。ソースコードをGoogleドキュメントに置くことができます

記事の整理と同時に内容を再テストしました。当時は使ってなかったですが、『Textt』にソースコードを置いておいて使うという事ができますね。

※ 以下は Textt に置いて、Android のリストビューで表示するテストに使った XML です。

2010年7月14日更新


ソースコードをGoogleドキュメントに置いて、WEB上に SyntaxHighlighter で貼り付けるサービス
以前からソースコードを WEB 上にテキストで用意するのは面倒だと思って いたのですが、Google ドキュメントに対する API がはっきりしてから実装 しようと思って、なかなか手がつけられずに時間が経ってしまいました。 結構レスポンスも悪く無いので、後は貼り付けコードを作成する入力ページ を作れば気楽にだれでも SyntaxHighlighter を使えるようになります。
2010/03/24 : IFRAME のサイズより短いソースコードを表示すると、
タブが消えていた不具合を修正しました。
要するに、IFRAME で上記のようにソースを表示したいデータを WEB 上に用意しておいて、
url= 以降に urlencode してセットすると、SyntaxHighlighter で表示するという単純な
ものです。パラメータとしては、charset= でキャラクタセットを指定して、brush= で
言語の種類を指定します。

test=1 とすると、テストモードで縦のだいたいの大きさを表示します。

表示は IFRAME で無く、普通のリンクでもかまいません。
( このリンクをクリックすると、このサービスのソースコードが表示されます )

▼ 以下は上記リンクを IFRAME にしたものです。



但し、このままではどこからでも使用可能な PHP コードなので、
自分専用にするには、リファラチェックを追加する必要があります


※ 上記ソースコードでは、SyntaxHighlighter を SQLの窓関連サイトに設置しています
※ url を url エンコードするにはこちらでどうぞ(eucボタンで、IFRAMEのテストも可能です)


posted by at 2012-11-18 17:09 | ブログツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月17日

リンクを一件だけメールで送るツール

iPhone でいろいろなサイトを表示するテストの為に作成しました。

右サイドにも貼ってみました。


posted by at 2012-05-17 22:38 | ブログツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月28日

Seesaa のブログ設定の『最新の情報に更新』を実行する Ruby のコード

以前からずっと運用してたんですが( 定期的に呼び出し )、Seesaa のページの仕様が
変わったので少し書きなおしました。実行部分は関数にすべきなんですが、ruby はあまり
詳しくも無いので書き足して使っています。countup3.php は、DB 読んでカウントアップ
した連番を返す処理が書いてあります( もちろん更新 )
#!/usr/local/bin/ruby
print "Content-type: text/html\n\n"

# 標準エラー出力の出力先を標準出力に変更
$stderr = $stdout

require "cgi"
cgi = CGI.new

ENV['GEM_HOME']="/home/lightbox/gems"
$LOAD_PATH.push('/home/lightbox/lib')

require 'rubygems'
require 'mechanize'

agent = WWW::Mechanize.new
#seesaa にログイン
page = agent.get("https://ssl.seesaa.jp/www/pages/welcome/login/input")
form = page.forms.first
form["member__email"] = "メール"
form["member__password"] = "パスワード"
form.submit


page = agent.get("http://winofsql.jp/ruby/countup3.php")
$cnt = (page.body).to_i
$cnt_t = 3

if ($cnt % $cnt_t) == 0 then

	# 対象ブログのページ
	page = agent.get('http://blog.seesaa.jp/cms/home/switch?blog_id=2107032')

	# 設定ページ
	page = agent.get('http://blog.seesaa.jp/cms/settings/basics/edit/input')
	page.parser.encoding = 'utf-8'

	form = page.forms[1]
	form["force_reload"] = "1"
	page = form.click_button(form.buttons[0])

	print "seesaa : logicalerror : update : completed<br>"


	# 対象ブログのページ
	page = agent.get('http://blog.seesaa.jp/cms/home/switch?blog_id=2094199')
	page = agent.get('http://blog.seesaa.jp/cms/settings/basics/edit/input')
	page.parser.encoding = 'utf-8'

	form = page.forms[1]
	form["force_reload"] = "1"
	page = form.click_button(form.buttons[0])

	print "seesaa : kinsen : update : completed<br>"

end


if ($cnt % $cnt_t) == 1 then

	page = agent.get('http://blog.seesaa.jp/cms/home/switch?blog_id=2086898')
	page = agent.get('http://blog.seesaa.jp/cms/settings/basics/edit/input')
	page.parser.encoding = 'utf-8'

	form = page.forms[1]
	form["force_reload"] = "1"
	page = form.click_button(form.buttons[0])


	print "seesaa : GIMPRO : update : completed<br>"

	page = agent.get('http://blog.seesaa.jp/cms/home/switch?blog_id=2136480')
	page = agent.get('http://blog.seesaa.jp/cms/settings/basics/edit/input')
	page.parser.encoding = 'utf-8'

	form = page.forms[1]
	form["force_reload"] = "1"
	page = form.click_button(form.buttons[0])

	print "seesaa : instany : update : completed<br>"

end

if ($cnt % $cnt_t) == 2 then

	page = agent.get('http://blog.seesaa.jp/cms/home/switch?blog_id=2181378')
	page = agent.get('http://blog.seesaa.jp/cms/settings/basics/edit/input')
	page.parser.encoding = 'utf-8'

	form = page.forms[1]
	form["force_reload"] = "1"
	page = form.click_button(form.buttons[0])

	print "seesaa : webcraft : update : completed<br>"


end

関連する記事

Seesaa のアクセス解析ページからアクセス数と訪問者数を取得する : Ruby+Mechanize


posted by at 2012-04-28 23:21 | Comment(0) | ブログツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します


Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX