SQLの窓

2014年11月26日

Shadowbox : 宇多田ヒカル - Goodbye Happiness

 
5 分 54 秒 ※ 画像をクリックすると、Shadowbox で動画が開始されます 貼り付けコードは、こちらで作成したものです。 2014/11/26 現在 / 17,489,673 再生 いろんな意味で見ごたえのある動画です。パペットに始まり、鳩で終わり、途中でいかにも素人っぽいフリの踊りを踊ってくれます。もちろんプロが構成したんだろうけれども、素人でも頑張ったら出来そうな、実際自家製作る場合のとても良いお手本ムービのような気がします。 でも、この部屋は相当広いので、そこは同じになんないでしょうね。 Shadowbox の一番簡単な使用方法は、Lightbox の古い使い方と同じで、rel 属性を使用します。 ▼ Lightbox2 の中のコメント
Support both data-lightbox attribute and rel attribute implementations
<a rel="shadowbox;player=swf;width=960;height=745"
  href="http://www.youtube.com/v/cfpX8lkaSdk?autoplay=1&fs=1"
  title="宇多田ヒカル - Goodbye Happiness">
  <img src="http://img.youtube.com/vi/cfpX8lkaSdk/0.jpg"
    style='border:solid 0px #000000'>
</a>
関連する記事

Shadowbox.js の jQuery Adapter は、Shadowbox 内で、jQuery の プラグインが作成されています。



posted by at 2014-11-26 20:30 | Comment(0) | 音楽動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月30日

Shadowbox : 大塚 愛 / Is




※ 画像をクリックすると、Shadowbox で動画が開始されます

Shadowbox のライセンス
このライセンスは、個人的、非商用ユーザーは料金を支払うことなく使用する権利を許諾します。また、商用目的のために使用したいユーザーのためのオプションを提供します。あなたはシャドーボックスを使用する前に、ライセンスの条件を見直すことが奨励されます。
posted by at 2011-12-30 00:20 | Comment(0) | 音楽動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します


Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX