SQLの窓 イラストAC フリー素材

2013年08月19日

DAZ3D の Subsurface Shader Base を DAZStudio 4.5 にインストールする

▼ 以下へ移動しました
http://wahaha.winofsql.jp/article/387884705.html


posted by at 2013-08-19 00:16 | DAZ3D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月22日

ROBOX BEO Arch Angel / DAZ3D

安く買ったロボットモデルは全部で5体ですが・・・。こいついろいろでかすぎて扱いづらいです。全容を収めようとするとショボくなるので、どうしてもこうなってしまいます。





▼ 全体像





posted by at 2012-11-22 03:04 | DAZ3D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月15日

ただ今 DAZ3D でロボットモデルが安売り中。4体と拡張部品と、クリーチャーモデルも安かったので買った。

これだけ買って、なんと2,800円くらい。超お得なチャンス・・・なんだけれど、DAZ3D マイナーなんで単なる独り言ですね。とりあえずダウンロード終わったら、レンダリングしたサンプルを添付するのです。ロボット系は好きな人も居るだろうから、創るほうとしては需要あるかな・・・なんて思ってます。

BEO2K10 v2


※ 単純レンダリング


※ landscape Illustrator


※ 照明と、GIMP で少しエフェクト

Battleworn
( BEO2K10 v2 拡張 )

BEO QUAD

Stealth



BEO Arch Angel

Brute X

Fiend
( Brute X の拡張 )


これだけ買って、2,800円は安いです。


posted by at 2012-11-15 21:18 | DAZ3D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月09日

DAZ3D のノーマルレンダリングと調整レンダリング+影付きライティング

影付きにすると、結果がプレビューと違って来るのですが、時間もかかるし DAZ3D が良く落ちるのでなかなか作るのが面倒です。でも、ファンタジー系では必須である事は誰の目から見ても・・・明らかですね。

衣装の具合がかなり変わったのには少し驚きました。まだ、キャラクタのスキンを全く操作していないので、まだまだですが、これ以上するとレンダリングしただけで落ちるんですよ。( 未来に期待 )





関連する記事

GIMP 効果の Landscape Illustrator


タグ:DAZ3D
posted by at 2012-11-09 00:31 | DAZ3D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月04日

Night Hawk V Welcome / DAZ3D + GIMP

いやぁーー。DAZ3D よく落ちます。
部品を多くすればするほど落ちます。

たぶん、32ビットOS なせいで、メモリが足りないのだと思いますが、そのうち Windows8 用の PC 買ったら検証できるでしょう。結構悲しい思いしてます。

これもいろいろ部品を付け加えてレンダリングしてますが、落ちます。こまめに保存しないといけません。



最近は背景を作ろうというところまで進歩しました。最初は 3D 背景をいくつか買って試していましたが、それだけではかっこいいものは作れないと気がついたので、いろいろ試しています。

できれば Photshop 欲しいですが、当分は GIMP で頑張ります。もし、どこかにマジで出す事になりそうだったら Photshop 買います。DAZ3D 経由のエフェクト製品は殆ど Photoshop のプラグインみたいなんで。



背景に使う画像はおもに Imageafter から拾って来ます。どうせ加工するので品質の高い画像必要無いし、とにかく世にあるものは著作権うんぬんで面倒なものが多いですから。



これが最終的な加工作品ですが、GIMP のフィルタをいろいろ試している段階で、もっと動きのある背景を作りたいと思っています。とすると、DAZ3D でいろいろまた買わなくてはいけません。もうちょっとエフェクトがうまくなったら考えます。




タグ:DAZ3D
posted by at 2012-11-04 16:53 | DAZ3D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月20日

また、DAZ で 100% OFF の出物。でも・・・使う場所はほぼ無いと言っていい。

Hat Hat Hat...

とは、言うものの唯一頭に浮かんだ風景があったのでダウンロードしましたが、フィットが手動なので苦労しました・・・・。後、その風景にはまさにうってつけの、最近覚えたばかりの『影』の効果を試してみました。



影のパラメータには2種類あって、雑なものとしっかりレンダリングされるもので、当然時間差が出るそうですが、この程度ではあまり大差なかったです。



でも、これは帽子があるから意味あるけれど、たいていにおいてあんまり必要無いような気もします。というか、ライティングが難しくなるので、ここ一番必要な時以外は使わないほうがいいような。なんか、3D のレンダリング結果というのは、精密になればなるほど主人公の印象が薄れるような気がします。プロでお金取るなら別だけれど、素人的には漫画等のイラストなアバウトなほうがコストパフォーマンスいいような気がします。というか、これだけでも基本キャラ作成以外で数時間かかってますし。

※ 殆ど表情と Actor 微調整に時間が・・・


タグ:DAZ3D
posted by at 2012-10-20 01:29 | DAZ3D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月12日

DAZ3D の Saxon Ruins(environment)でテクスチャがぼやけてたので調整。後、Light と Renderパラメータを調整した変化





これでは解らないかもしれませんが、相当ぼやけていたので GIMP のフィルタの『シャープ』で加工しました。で、石に光が反射するのは不自然なので、Light を Specular 無しに変更。

加工前



加工後



さらに、Render Setting で Gain を増やして Render



で、最終的にいい雰囲気になる Gamma を減らしてこんな感じです。



ここまで来てやっと、石と石の間の影の雰囲気がいい感じです。

DAZ3D は、単純に言えば基本的な 3D モデルをポージングするだけですが、骨格を変更してキャラを作成してそれなりの服装と背景でライティングしてると途方も無く時間かかります。最近はシェーダーもいろいろテストしているのでもっともっとかかりそうです。そしてなにより・・・・DAZクオリティというか、トラブルが多すぎるのです。

ま、でも、出来上がるとかなりうれしいです。



タグ:DAZ3D
posted by at 2012-10-12 23:55 | DAZ3D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月07日

DAZ3D : J-Sword Girl + Canyon Terrain



Canyon Terrain(峡谷地形/$19.95)を買って最初に試した画像ですが、DAZ で背景画像を設定すると、メモリを喰い過ぎて落ちやすくなる事がこれで良く解ったりしました。このテストではなんとか背景画像を設定してレンダリングしましたが、実際は PNG で出力してから他のソフトで背景画像を重ねるのが吉ですね。

中のキャラは、Genesis + Victoria5 のみでなんとかアニメに近い顔を作ろうと努力した少女です。



ただ、このままカメラを引くと目の印象がぼやけてしまうので、大きく開けて多少表情を変更しました。持ってる刀はたしか DAZStudio4 に付いてきた Sword のうちの一つで日本刀らしきものを使ってます。Sword 系はスポットライトを当てるといい感じで刀を強調できます。

あらためてアップで少女の顔を見てみたんですが、なかなかいいので二つ。ただ、いろいろやってると良く起こるんですが、保存できなくなります(今回は保存ダイアログが出るがファイル名入力で反応なし)。とりあえず今回は一文字(x) というファイル名で保存したら保存されました。

酷い時は、保存ダイアログすら出ません。いろいろ要注意(笑) > DAZ





※ クローズアップ用にライトを調整( もともと Distant Light を二つ使ってました )

で・・・今確認したら日本刀がグレードアップされてました。Smart Content ってイマいち解って無いんですが、(NEW) とかあるのってこういう事なんでしょうね。( 普段はサービス切ってますけどね )



レンダリングしなおしたら・・・何故か落ちまくり。Canyon Terrain は、やはり low しかダメかも。




タグ:DAZ3D
posted by at 2012-10-07 21:02 | DAZ3D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月06日

DAZ3D : Moon Gate が 100%OFF。さていつまでタダなんでしょう

こういうのはありがたいです。でも、今本当に欲しいのはファンタジー系の空と大地の画像なんですけどね・・・。ライセンス上無理でしょうけど、リアル画像の加工でごまかすしか無いですけれど、やっぱ LunarCell 欲しいです(購入方法がイマイチ解らない)。

Moon Gate

簡単に済ますつもりが、またレンダリングで異常終了したのでやり直しとか・・・。








タグ:DAZ3D
posted by at 2012-10-06 03:45 | DAZ3D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DAZ3D の立体背景 : Canyon Terrain が半額(800円) だったので買ったんですが

空の画像とかは付いてません。low middle high の3バージョン に対して 岩と草と雪のテクスチャがあるんですが・・・・メモリが足らないのか何なのか、low しか表示しません。さらに、low でもいろいろやってると落ちます。さすが、DAZクオリティ。こんなんだから、ふつーの日本人は絶対使わないんだよっ。

Canyon Terrain
※ 今はセールス終わって $19.95

ま、でも安かったし本人は満足してるんですけどね。

▼ CanyonLow


▼ GrassLow


▼ SnowLow


空の画像はいつものごとく ImageAfter より
タグ:DAZ3D
posted by at 2012-10-06 01:41 | DAZ3D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します