SQLの窓 イラストAC フリー素材

2017年07月14日

DAZStudio のユーザレイアウトの保存場所

DAZStudio 4.8 から DAZStudio 4.9 に更新したら、レイアウトがぶっ壊れたので、既にDAZStudio 4.9 をインストール済みの PC からコピーして復帰しました。



既存のスーパーレイアウト(なんかツールバーになんでもある)でもいいのですが、慣れるまでは昔のレイアウト使おうと思ってます。



メニューからの保存と選択








タグ:DAZ3D DAZStudio
posted by at 2017-07-14 05:26 | Comment(0) | DAZ3D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

DAZ3D : 最近景観ばっかり作ってますが、結局シェーダー効果とIray ドームの光源効果のテストです。

作ってて楽しいし、それなりのものが仕上がる事が多いせいもあります。人物ですと、どうしてもなんらかの意味を持たせたキャラであったり動作が必要だし、表情やら背景も作らないと仕上がらないので『しんどい』ってせいもたぶんあります。

ま、とにかく GTX980 買ってまだ一年経ってないし、レンダリングして楽しいんだから幸せではあります。



こいつは、2400x1200 の画像を 1280x1024 のデスクトップの壁紙にしてみたものです。元は以下のようになってます。


幅1200で表示 

TerraDome3 の標準 HDR Skies の一つを使用しています。巨大な惑星は Cutout Opacity で透明度を与えて大気の向こうに存在するような感じを演出しているつもりです。ただ、透明なので模様が透けてよく考えるとおかしいですが、そこは空想世界の景観なので許せる範囲だと。

ちなみに、透明なしだとこんな感じです。



手前の山脈もシェーダをいろいろ変えて試していますが、光源によって色んな顔を見せてくれるのが楽しいです。

特に以下の空(光源)では、とても不思議なラインが強調されているのが解ります。


幅1200で表示 

なんか、アニメの背景で出てきそうなニュアンスです。

これは、1600x1200 でイラストAC に投稿しました。フリーダウンロードできます。



posted by at 2017-06-05 22:42 | Comment(0) | DAZ3D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

DAZ3D : AtmoCam for Iray の Haze は Surface の SSS Amount で設定されているようです


イラストAC からダウンロード(1600x1200)



AtmoCam for Iray は、カメラの視界にオブジェクト(MAR Atmo Volume)を置いて、そのオブジェクトの Surface を使って色と Haze を設定していました。


最大表示 

SSS は、表面下散乱(サブサーフェイス・スキャタリング)と呼ばれ、これを利用して光のボリュームを表現しています。

付属の Haze の濃さの設定は、SSS Amount を変更していました。SSS Amount および他のパラメータの解説はこちら(英語)になります。



posted by at 2017-01-22 04:08 | Comment(0) | DAZ3D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

DAZ3D のプロダクトに、亜人の IBM にしか見えないフィギュアがあるんですよ。

▼ これです


まあ、発想として似てくる形状なのかなぁとは思うのですが、結構似てるので好きだったりはしますが、$24.95 と少しお高いので、値下げがあったら手に入れてもいいかなとは思っています。

本編、面白くなってるというか良く仕上がってますよねぇ



連載当初、なんか少年もののような影があったのですが、このお話の一番いいところに物凄くいいアプローチを途中から始めたんですよね。その結果生み出された化け物が『佐藤』なんですが、とても絶妙なバランスで超常現象たる『不死身』を生かした戦いが今回も一つの山場を迎えたというか、とっても素敵です。

難を言うと、戸崎と下村の存在価値が全く失せてるというか、下村に至ってはお話の中で浮いてるというか。

ま、でもなんか戸崎周りで何か起きて新しいストーリーの軸が出そうな気配を描いてるのでまだまだヒートアップしそうです。いずれにしても、今回一区切りでまた外堀から埋める作業が始まるんでしょうが、制作側は結構頭痛いんじゃぁないかなぁ・・・なんて。

期待してます



posted by at 2016-11-20 01:09 | Comment(0) | DAZ3D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

GIMP : 手作業で Haze(遠景のもや)を作成する



まず、加工前の画像です。DAZStudio で TerraDome3 Iray で Atmosphere を使用せずにくっきり背景を作成しました。

この背景は、The A Zone(手前)とThe B Zone(遠景)と Dome(空) で成り立っています。

  

そのうち、遠景部分に手作業で灰色のグラデーションを作成します
 


これらの画像を GIMP で以下のように重ねます



これで Haze は出来上がります。



ですが、GIMP には、Focus Blur と言う Depth map を使用した部分的にぼかすスクリプトがあるのでそれを使用します。



完成




DAZStudio で Terra Dome 3 Iray の Atmosphere を使えばレンダリングで Haze を作成はできるでしょうが、無駄に時間がかかりすぎるので、お手軽です。ただ、全景を対象にしたい場合や、建物がならんでいてそれぞれに効果を適用するのには Depth map が必要になるので、Atmospheric Effects Cameras for DAZ Studio の Depth Mask Camera を使うと簡単に短時間で Depth map を取得できます。(カメラからの距離をうまく調整して haze の度合いをコントロールする必要はあります)




posted by at 2016-11-14 22:24 | Comment(0) | DAZ3D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月03日

DAZ3D のフリーの輪郭線を引く Scripted 3Delight 用 Edger を DAZStudio 4.9 で使ってみました。

結論からいいますと、配布先は無くなっているので WEB アーカイブからのダウンロードとなります。

▼ ダウンロードページ
https://web.archive.org/web/20130727020718/http://xextria.com/edger

機能や使い方の解説は、スクリプトレンダラーを使ったアウトラインレンダラーEdger / 操・活・解

から知る事ができます。ただ、当時は DAZStudio 3 だったので、今の通常の DAZStudio4.8 と DAZStudio4.9 で試しましたが、とてもうまく動作しています。

インストール方法

解凍すると、Edger.dse という実行ファイルがあるので、DAZStudio の適当なフォルダにコピーします。



コピー先は、DAZStudio の中でコンテンツを右クリックして Browse to File Location でエクスプローラが開くのでそこにコピーします。





コピー後、リフレッシュすると表示されます。



実行本体は、DAZStudio のインストールフォルダの中の scripts\support の中に xextria フォルダをコピーして終了です。



実行方法

事前準備は 操・活・解 のほうで書かれていますが、ライトを消しておくだけです。当時の状態では、通常では透過でレンダリングされるところが黒くなっていましたが、ここでは赤くなっています。



Edger を実行すると Render タブの中でオプションが使用できるようになります



パラメータの調整については、操・活・解 にありますが、とりあえずは線幅(0.001)と Shading Rate(2.0) の変更で使えるはすです。

GIMP で輪郭線化する方法

1) 赤を透明色に変更


2) 黒を透明色に変更


3) 黒で単色塗り


4) 完成


通常画像と重ねていろいろ調整



▼ 輪郭無しの通常画像





posted by at 2016-06-03 19:34 | Comment(0) | DAZ3D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月20日

DAZ3D : Star! Original Figure の使い方



左が頑張っていろいろやった結果で、右は何もしない Star! Original Figure です。

とてもアニメ向きのいいフィギュアですが、DAZ3D の Genesis とは違うのでそのままでは右側の延長上でしか無いわけです。人気が出れば、そのうち専用のモーフやら衣装はリリースされるでしょうけど、そんなのを待っても仕方無いのでありもので頑張ります。

その(1) : 髪の毛

これは一番簡単です。親に head を持ってくるだけで既存の髪の毛を利用できます。注意するのは『フィギュアに Fit to させない』という事です。これは衣装では顕著ですが、Fit to しようものなら、衣装ではぐちゃぐちゃになるので、単体のオブジェクトとして head 下に配置して位置あわせして使います(髪の毛の場合は見当違いの位置に固定されて動かせない事が多い)。まあ、Genesis の世代間でも場合によっては普通にする事です。特に、A3 の髪の毛を Genesis で使いたいなんてのは普通にあるはずです(A3 の髪の毛はデザインがアニメ用として優れているものが多い)

その(2) : 衣装

衣装には二通りのパターンがあって、胴体に使うものは一つですが、手足に使う場合には二つセットになっている場合が殆どです。この場合、二つ使って、片方を非表示にして使います。もちろん親にする部分はポーズの変更で変化が起きない場所です。( 指は 調整できないので体のほうの衣装に隠れた部分を非表示にします )

そして、サイズ変更するわけですがパーツ単位でサイズ変更して体型に合わせますが、無い場合は先に『Mesh Smoothing』を追加しておきます。そして、Collision で調整してフィギュアに Fit させます。この時注意するのは、衣装が Fit したい部分以外と触れないようようにポーズを調整する事です。

このテクニックは衣装から肌が浮き出ないようにする為の有名なものです。
( なので、ものによってはうまくいかないのでその場合はスケール調整のみで対応 )

その(3) : 体型の調整

左右比べるとはっきりしますが、太ももから足先にかけて横幅が違います。これは単純にスケール変更で調整できます。これを想定して作られたフィギュアなのか、DAZStudio が優秀になったのか、パーツのスケール変更してもつなぎ目がなめらかです。

あと、ここでは使用していませんが、モーフにすこし体型を太くするモーフがあります(Body_Slimをマイナス調整)。ですが、このモーフは思ったほどのいい結果はでないので少しだけ使うのがいいと思います。それより単純スケールのほうがいい感じになります

その(4) : 頭部と胸部のスケール

デフォルトではアニメ体型を強調しているので、すこしサイズを小さくするといいと思います。これは、モーフに専用のがあり、お好みに合わせて胸のサイズも専用モーフで調整します。

その(5) : 顔

これは専用モーフがかなりたくさんあるので、自分の感性でかなりのカスタマイズが容易です。通常は目のモーフと表情のモーフで変更する事が多いですが、Face と言うモーフが4種類もあるのでそれを変更するだけでかなり印象が変化します。

その(6) : ネイル

これは Genesis でも同じですが、Surface で色を変えるだけです。

その(7) : 化粧

これはここではやっていません。元々、化粧は好きでも無いので労力に見合わない事もありますが、必要ならばスキンのテクスチャに直接自分で書き込むといいでしょう。( メニューに Refresh Images があって、ショートカットもある )

その(8) : ポーズ

まだ全部試してませんが、Genesis2 のものが普通に使えています。但し、注意するのは、ものによってはプロパティをリセットするものや、目のテクスチャが無くなってしまったのがありました。まあ、『使えるかも』というノリで普通に試せばいいと思います









posted by at 2016-03-20 19:22 | Comment(0) | DAZ3D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月09日

DAZ3D から、SurveyMonkey 経由でアンケート来た。クーポン5ドルくれるそうだ。



生まれて初めて『英語のアンケート』に答えました。

最初メールが舞い込んだ時、フィッシングを疑ったんですが、URL は正当な SurveyMonkey のものでした。ちょっと調べてみると、『SurveyMonkeyJapan』という FaceBook があったので安心してリンクをクリック。タイトルに大きく『DAZ3D』とある英語のアンケートでした。

我ながら、半分くらいは読む事ができましたが、やはり後半分は Google の翻訳の力を借りて3ページの設問に答えましたが、よくある普通の顧客アンケートでした。

ただ、一つだけど〜しようか困ったのが、以下の設問。

How do you describe your experience with DAZ3D

これは、テキストエリアに英語を書く事になってたのですが、調べても日本語として確実に理解する事ができなかったので、『大好きです(I love it)』と書きました。

これでいいのかなぁ・・・

まあ、ただのアンケートなので気にする必要は無いですけれど、これは結構英語の勉強には適してるのでは、思ったり。


ちなみに、SurveyMonkeyは、『高機能なアンケートやフォームが無料から使えるアンケートASPのグローバルリーダー』だそうです。

あ、それと Google で『DAZ3D』と検索した時に表示される右上の説明部分の画像にウチのイラストが表示されてます。(ずっとこのままならいいのに)


最大表示 



posted by at 2016-01-09 14:17 | Comment(0) | DAZ3D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月27日

もうすぐクリスマスなんで

時間があれば、20人くらい作りたいですが、今日はとりあえず。


 

やってみて解ったのは、一人より複数でクリスマースガールするほうが華やかで絵になりますね

▼ Iray でもレンダリングしてみました

 



posted by at 2015-11-27 02:16 | Comment(0) | DAZ3D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DAZ3D で Quad Tank が無料になってたので手に入れました。わりといい感じです



 

3Delight でレンダリングするとしょぼいですが、NVIDIA Iray だとノーマルでもそれなりです。もちろん簡単なレタッチは GIMP で行いましたが、いい感じです。

Quad Tank の Product Store Page よりずっといい仕上がりかもしれないです。


posted by at 2015-11-27 01:48 | Comment(0) | DAZ3D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します


Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX