SQLの窓 イラストAC フリー素材

2012年08月15日

GIMP 『ステンドグラスロゴ』で作ったサンプルです。『あいしてます』

スクリプトは昨日リリースしたのでこちらから( オリジナルスクリプトはこちらです )



大き目の文字を使う為に、ステンドグラスの『タイルサイズ』も大きくしています。( 縁取りサイズも大きくできたほうがいいような気がしてきました )

スクリプトでは、横に文字列を作る事しかできないので、『あいしてます』を作ってからコピーしてペーストしていすま。レイヤーで分けられているので、背景レイヤーや必要無いレイヤーを削除して、レイヤーの統合をしてからコピーしています。

コピー先は、もっと大きな『あ』を作ってその背景レイヤーを逆に使ってコピーした文字を張り付けて並べました。


※ フォントは、グレイグラフィックさんの『Mike』を使用しています

関連する記事

『Mike(ひらがなのみ)』を追加しました



タグ:GIMP
posted by at 2012-08-15 14:15 | GIMP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月10日

新しい GIMP2.8 でツールボックスを閉じてしまった場合の対処

いったんシングルウインドウモードにします



それから新しいツールボックスを表示して、ツールボックスの中のアイコンをダブルクリックして現れたウインドウをツールボックスの下にドラッグドロップしてから、シングルウインドウモードを解除します


・・・と言うか、シングルウインドウモードに慣れてしまったほうがよさそうですが。



タグ:GIMP
posted by at 2012-06-10 09:49 | GIMP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月18日

GIMP Portable Rev 4 がリリースされました。GIMP Portable も テーマを変更してみましょう

OSX-theme



まだ、リリースされたばかり(2012/5/18)の Rev 4 ですが、結局 Window7 のクラシックテーマでは、メニューが色の設定のかげんでうまく表示されないので、テーマを設定してみました

Gimp Themes v1.0 for Windows というソフトウェアを使いますが、そのままでは使えないので、少し手を加えます。

GIMP Portable のインストール

ダウンロード







Gimp Themes v1.0 for Windows のインストール





Program Files にインストールしようとしますが、自分自身以外に、Program Files に通常 GIMP の通常のフォルダがあるという前提で動作するようになっています。ですから、インストール後に必要なフォルダをまとめて GIMP Portable のフォルダ内にコピーします。



※ これらをフォルダごと以下のフォルダ内にコピーして全て上書きして下さい



調整

C:\GIMPPortable\App\gimp\bin に テーマ.bat を作成して以下のように書き込みます。

Gimpthemes-v1.0.exe
copy %USERPROFILE%\.gtkrc-2.0 C:\GIMPPortable\App\gimp\etc\gtk-2.0\gtkrc

※ %USERPROFILE% は、Windows7(8) では、C:\Users\ユーザ となる場所です。

このバッチファイルを起動すると、以下のようになります。


( 詳細プレビューを開いた状態です )

これでテーマを選択して、OK で書き込んで終了します。後は、GIMP Portable を起動するだけです。Gimp Themes v1.0 for Windows は、アンインストールしてかまいません。

(注意) Aurora が頭に付いたテーマは表示の更新がうまくなされないので使わないほうが良いです。

このソフト(Gimp Themes v1.0 for Windows)は、通常の GIMP を前提としているので(しかもかなり環境は決め打ち) .gtkrc-2.0 をユーザフォルダに書き込むようになっていますが、GIMP Portable はそれを参照しないので、バッチファイル内で直接コピーしています。

バッチファイルは、デスクトップにショートカットを作っても問題ありません。作業ディレクトリがバッチファイルのある場所であれは動作します。もともと、GIMP の bin フォルダに自分自身をコピーするような仕様になっているので、GIMP が他の場所にあると 『dll が無い』というエラーが出ます。通常の GIMP でもフォルダごとコピーしてしまって、GIMP の bin ディレクトリから Gimpthemes-v1.0.exe を実行すればエラーはでません。



Clearlooks Human Dark




テーマファイルは、自分でカスタマイズできそうですが、そこまでする理由も無いので無理しないほうがいいと思います。それでなくても、バージョンアップで動かなくなる事も予想されますし。


タグ:GIMP
posted by at 2012-05-18 19:09 | GIMP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月24日

LunarCell を買おうかと思います。



DAZ3D に使えそうだし、PayPal で支払いできるそうだし、今の GIMPで動くようなら買ってしまえと思います。うまくいったらレポートしたいと思うのです。

LunarCell

たかだか、2500円ですしね。

License Code Lookup



タグ:GIMP
posted by at 2012-02-24 03:56 | Comment(0) | GIMP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月06日

ライオン・ステンドグラス



もとはフォントなんですが、ステンドグラススクリプトをそのまま使う
だけでは、黒い場所がステンドグラスになるので、ラインで書かれた絵
はこうはなりません。そこで、最初に■とかでステンドグラスを作って
おいて、絵の大きさにくりぬいて重ねて作りました。

これって、スクリプト化できるよなぁ・・・・

でも Script-Fu 面倒臭いし。



タグ:GIMP
posted by at 2011-08-06 02:47 | Comment(0) | GIMP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GIMPのステンドグラスロゴスクリプトと「貴婦人の横顔」フォント



GIMP2.6 とステンドグラスロゴ

で紹介しているスクリプトを変更して作っています。スクリプトを作った人は別に居られるのですが、以前 GIMP のバージョンアップで動かなくなっていたのを、自分が動くようにしたという経緯があるので、リンク先は自分のサイトのほうです。

GIMP のスクリプトは超特殊で、できたら触りたく無いのですが、リンク先のスクリプト状態ですと、ステンドグラスのパーツの大きさを変更できなかったりとか、変更できない部分が多く、手作業でいろいろ効果を確かめています。

海外のフリーフォントで、このような文字では無い素敵なフォントがたくさんあるので、そちらのほうも調査しながら作っていって、素材として自由に使ってもらえたらと思っています。

このフォントは、勝手に日本語で 貴婦人の横顔フォント と言ってますがオリジナルは Faces from the past です。

世の中のフォントサイトでダウンロードできるものは、なんだか名前変わっているし、作者のサイトのリンク無いし、無断転載ばかりのようです。
( オリジナルでの利用条件はリンクウェアです )




タグ:GIMP
posted by at 2011-08-06 02:32 | Comment(0) | GIMP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月31日

GIMP : 「ステンドグラスロゴ」スクリプトの改造後の画面と実行結果

実行場所です。


オリジナルには無い、タイルサイズと表面の起伏が増えています


「Faces from the past」 を使ってステンドグラスの作成です






タグ:GIMP
posted by at 2011-07-31 02:11 | Comment(0) | GIMP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GIMP : 「ステンドグラスロゴ」スクリプトの基本改造

最新はこちらです(GIMP 2.8にて、ステンドグラスロゴ。感じの良い改造です。)



オリジナルのスクリプトは以下のページにあります。
( 消失しています )


上記ページにも書かれてあるように、こちらで GIMP2.6 で動作するように変更しました。あれから年月が経ちましたが、いろいろなテザインフォントを使う事が増えて来たので、最近いろいろ改造していたので、その結果です。

※ UTF-8N で保存して下さい
※ C:\GIMPPortable\App\gimp\share\gimp\2.0\scripts が保存場所の例です
; ***********************************************************
; GIMP 2.6 移植時の作業
; 
; 1) 変数は宣言する
; ( http://iccii.seesaa.net/article/62438175.html を参照 )
; 2) set-pt を定義する
; 
; 追加オプション
; 1) タイルサイズを変更可能
; 2) 表面の起伏を設定可能
;
; 保存位置変更
; http://www.geocities.jp/gimproject/scripts/extra-logo.html
; 上記スクリプトと同じ位置に設定
;
; 加工用変更
; ※ 画像統合をしない
; ***********************************************************
(define (apply-super-logos01-effect image logo-layer tsize random blur offset sf)
(let* (
        (bump-layer 0)
        (v_point 0)
        (path-layer 0)
        (outline-layer 0)
    (width (car (gimp-drawable-width logo-layer)))      ;ロゴの幅
    (height (car (gimp-drawable-height logo-layer)))    ;ロゴの高さ
    (bg-layer (car (gimp-layer-new image width height RGB-IMAGE "Background" 100 NORMAL-MODE))) ;背景レイヤー
    (fg-color '(0 0 0))                                 ;前景色=黒
    (bg-color '(255 255 255)) )                         ;背景色=白

    ;イメージサイズ変更と背景レイヤー作成
    (gimp-image-add-layer image bg-layer 1)     ;背景レイヤーをlogo-layerの下にAdd
    (gimp-image-resize-to-layers image)         ;イメージサイズをレイヤーに合わせる
    (gimp-selection-none image)                 ;選択なし
    (gimp-context-set-background bg-color)      ;背景色を白に
    (gimp-edit-fill bg-layer BACKGROUND-FILL)   ;背景レイヤーを白でFILL

    ;バンプマップ用イメージ作成
    (set! bump-layer (car(gimp-layer-copy logo-layer 1)))   ;logo-layerのコピー
    (gimp-image-add-layer image bump-layer -1)              ;bump-layerをTopに追加
    (gimp-image-raise-layer-to-top image bump-layer)
    (gimp-layer-set-name bump-layer "Text")

    ;テキストにプラズマ/モザイク描画
    (gimp-selection-layer-alpha logo-layer)                 ;AlphaChanelをSelecdtionMaskに
    (plug-in-plasma 1 image logo-layer random 7)            ;プラズマ描画
    (gimp-context-set-background fg-color)                  ;背景色を黒に
    (plug-in-mosaic 1 image logo-layer                      ;モザイク描画
                                tsize
                                4
                                1
                                0.65
                                1
                                135
                                0.2
                                1
                                1
                                1
                                sf
                                1 )
    (set! v_point (cons-array 8 'byte))                     ;明るさとコントラストを調整
    (set-pt v_point 0 0 0 )
    (set-pt v_point 1 64 64 )
    (set-pt v_point 2 128 226 )
    (set-pt v_point 3 255 255 )
    (gimp-curves-spline logo-layer HISTOGRAM-VALUE 8 v_point)
    (gimp-selection-none image) 

    ;輪郭を描画
    ;テキストをパスに変換
    (gimp-selection-layer-alpha bump-layer)                 ;テキストを選択 
    (plug-in-sel2path 1 image bump-layer)                   ;選択をパスに
    (gimp-selection-none image)
    (set! path-layer (car (gimp-layer-new image width height RGBA-IMAGE "Path" 100 NORMAL-MODE)))
    (gimp-image-add-layer image path-layer -1)              ;新規レイヤーpath-layerを追加
    (gimp-selection-all image)
    (gimp-edit-clear path-layer)
    (gimp-context-set-foreground fg-color)    
    (gimp-context-set-brush "Circle (05)")
    (gimp-path-stroke-current image)

    (set!  outline-layer (car(gimp-layer-copy path-layer 1)))
    (gimp-image-add-layer image outline-layer 0)

    (gimp-drawable-set-visible bump-layer 0)

    (gimp-context-set-background bg-color)                  ;背景色を白に
    (gimp-selection-layer-alpha outline-layer)                 ;透明以外を選択     
    (gimp-edit-blend outline-layer         ;drawable
                        FG-BG-RGB-MODE  ;blend_mode 
                        NORMAL-MODE     ;paint_mode 
                        GRADIENT-SHAPEBURST-SPHERICAL ;gradient_type 
                        100             ;opacity 
                        0               ;offset 
                        REPEAT-NONE     ;repeat 
                        TRUE            ;reverse 
                        FALSE           ;supersample
                        0               ;max_depth(supersample) 
                        0               ;threshold(supersample) 
                        TRUE            ;dither 
                        width 
                        height 
                        (+ width 20) 
                        height )
    (gimp-selection-none image)                         ;選択解除
                                  
    (plug-in-bump-map 1 image outline-layer outline-layer 135 45 3 0 0 0 0 1 0 LINEAR )

    (plug-in-gauss-iir2 1 image path-layer blur blur)
    (gimp-layer-set-offsets path-layer offset offset)

    (gimp-selection-none image)                 ;選択なし
;    (gimp-image-flatten image)                  ;画像統合
);end of let*
);end of define

(define (script-fu-super-logos01 text size fontname tsize random blur offset sf)
(let*
    (
        (img 0)
        (text-layer 0)
    )
    (set! img (car (gimp-image-new 256 256 RGB)))
    (gimp-context-set-foreground '(0 0 0) )
    (set! text-layer (car (gimp-text-fontname img -1 0 0 text 10 TRUE size PIXELS fontname)))
    (gimp-image-undo-disable img)
    (gimp-drawable-set-name text-layer text)
    (apply-super-logos01-effect img text-layer tsize random blur offset sf) ;FONT EFFECT
    (gimp-image-undo-enable img)
    (gimp-display-new img)
)
)

(define
   (set-pt a index x y)
   (begin
      (aset a (* index 2) x)
      (aset a (+ (* index 2) 1) y)
   )
)

(script-fu-register
    "script-fu-super-logos01"                       ;Script name
    "<Image>/File/Create/Logos/追加ロゴ/ステンドグラスロゴ"  ;Menu
    "Super Logos No.01  beta 0.1"                   ;Description
    "RETOUCH-SCRIPT"                                ;Creater
    "copyright 2006, RETOUCH-SCRIPT"                ;copyright notice
    "Nov 01, 2006"                                  ;date created
    ""
    SF-STRING       "Text"                  "A"
    SF-ADJUSTMENT   "Font size (pixels)"    '(600 2 1000 1 10 0 1)
    SF-FONT         "Font"                  "Arial Heavy"
    SF-ADJUSTMENT   "タイルサイズ"           '(15 5 100 1 10 0 1)
    SF-ADJUSTMENT   "Random seed"           '(1000 0 2000 5 10 0 0)
    SF-ADJUSTMENT   "Shadow blur"           '(3 0 30 1 10 0 1)
    SF-ADJUSTMENT   "Shadow offset"           '(1 0 30 1 10 0 1)
    SF-TOGGLE       "表面の起伏"            FALSE
  
);end of register



タグ:GIMP フォント
posted by at 2011-07-31 01:28 | Comment(0) | GIMP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

GIMP:百聞は一見にしかず。自作フォントでキャラクタ(デザイン)画像作成



一つのキャラを作成するのに、下書きさえあれば、誰でも最長30分もあればできるんじゃ無いでしょうか。昨日 A を作って、今日は B を作りました。手書きブログで描いたキャラがいっぱいあるので、ベースイメージには事欠かないのですが、なんだか自分は向いてるかもです。


フォントを作成して GIMP のScript-fu でステンドグラスなキャラクタ画像を作成する


大昔に「Kid98」というドットで絵を書くソフトがあったのですが、それなんかに比べると楽です。基本はひと筆書きで描くつもりで形を整えて、後からワンポイントとかでもいいし、出来上がったフォントを GIMP で再現すると、とても感激です。


まずは A 
Sgb_lightbox Sgb_lightbox_a Sgb_lightbox_a2

次は、B

Lightbox_ttf_b2 Lightbox_ttf_b
Lightbox_ttf_b4
GIMP ではおなじみで、普通のフォントに適用してもパッとしないロゴ作成スクリプトでも、キャラクタフォントに適用すると、一味違います。
タグ:GIMP
posted by at 2009-12-14 21:57 | GIMP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

GIMP:プログラマにとって必要な最低限のGIMP操作



全てを網羅しているわけではありませんが、GIMP の操作手順書は無駄に画像が多くなるので、まずは 5 つに限定しました。
GIMP : 漫画の吹き出しを作成するスクリプトを利用する





GIMP : ロゴ作成用単色グラーデーションと「光沢」による簡単ロゴ作成





GIMP(2.6)で、WEB 画像を切り取り

GIMP : 赤いBOXで強調する




GIMP : 画像の角を丸くする


画像の切り取りは、メモ帳を最大化してデスクトップを白くしておいて、その手前にウインドウを表示して全体を PrintScreen してコピーした画像を加工するといいと思います。
タグ:GIMP
posted by at 2009-11-17 00:00 | GIMP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します


Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX