SQLの窓 イラストAC フリー素材

2018年08月20日

DAZ3D : モーフを過去世代から移植して、スキンをかぶせると新しいキャラが出てきて楽しい

DAZ3D : G2 で過去作成したキャラを G8 に転送する( システムに保存せずにシーンとして保存する )

G8 フィギュアには、G3 の UV とほぼ一致するらしく、スキンが使える。しかし、手始めに G8 用オリジナルフィギュアに G8 用の別のフィギュアのスキンを使ってみたのですが...



▼ 彼女の本来の姿は下の画像です。



つまり、宇宙人なのでこの耳がデフォルトなので『耳のモーフ』が無いので髪の毛装着すると auto_follow で耳部分が突き出るけれどオフにするモーフが無いわけです。

なので、髪の毛を手作業で調整しながら FIT させて、HEAD を親にして固定するという方法を取り、耳部分を surface で透明にするという手法を取っています( 面倒くさい... )

そして、怒りの顔の上半分表情を適用

※ 表情は Grimaces - Expressions for G8F から顔の上下部分で分解したポーズを適用



スキンは、▼ 彼女を使用しています



肌の色が濃いので、ライトでメリハリと思ったのですが、Skin Doctor 使っ手っとりばやく。一応、Opacity でテカリを軽減させてますが、あまり変わらない。ライトは大きなのを遠めで使ってレンダリング。

時間かかりそうだったので、そのまま就寝。で、朝投稿( Twitter & Tumblr )




【DAZStudioの最新記事】
posted by at 2018-08-20 13:10 | DAZStudio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX