SQLの窓 イラストAC フリー素材

2018年07月27日

JavaScript で WSH : Shell.Application でプリンタの一覧

コマンドプロンプトで cscript printter.js と入力して実行します。かつて、たいていにおいて VBScript で実行されてきた内容ですが、HTA で実行するにあたり、JavaScript での説明です。

HTA + JavaScript + COM / ( その1 ) : BatchHelper(32ビット) と テキストファイル読み込みとプリンタ一覧

NameSpace メソッドは、特殊なフォルダを参照する為に定数が用意されており、戻り値は Folder オブジェクトとなります。そして、Folder オブジェクトの Items メソッドでコレクション(一覧/ FolderItems オブジェクト)を取得します。

さらに、FolderItems オブジェクトの Count プロパティで一覧の数を知り、Item メソッドでエントリ( FolderItem オブジェクト )を参照します

最後に FolderItem オブジェクトの Name プロパティが名称です。

printter.js

JavaScript で実行して初めて知ったのですが、WScript と大文字小文字で書かないとエラーになります。Wscript じゃダメです...
var objShell = new ActiveXObject("Shell.Application");

var objFolder = objShell.NameSpace(0x4);
var colItems = objFolder.Items();
 
for(i = 0; i < colItems.Count; i++) {

	WScript.Echo( colItems.Item(i).Name );

}


※ WScript は、Cscript( または Wscript ) で実行した時だけ使えるオブジェクトです。





posted by at 2018-07-27 20:00 | WSH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする