SQLの窓 イラストAC フリー素材

2016年09月07日

jQuery UI の datepicker を使用した現在の日付文字列の取得 と 一般的な現在の日付文字列の加工取得処理

日付が必要な場合、既に jQuery UI が利用されているのならば、前者が簡単だと思います。jQuery UI が無い場合は、後者の処理で隠しフィールドにセットしておいて利用すると良いと思います。
<script src="//ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/2.2.2/jquery.min.js"></script>
<link id="link" rel="stylesheet" href="//ajax.googleapis.com/ajax/libs/jqueryui/1.10.1/themes/base/jquery-ui.css">
<script src="//ajax.googleapis.com/ajax/libs/jqueryui/1.11.4/jquery-ui.min.js"></script>

<input type="text" id="mydate">
<input type="text" id="mydate2">
<script>
	var datepicker_option = {
		dateFormat: 'yy/mm/dd',
		dayNamesMin: ['日', '月', '火', '水', '木', '金', '土'],
		monthNames:  ['1月', '2月', '3月', '4月', '5月', '6月', '7月', '8月', '9月', '10月', '11月', '12月'],
		showMonthAfterYear: true,
		yearSuffix: '年',
		changeYear: true,
		showAnim: 'fadeIn'
	};

	// jQuery UI の datepicker を使用した現在の日付文字列の取得
	$( "#mydate" )
		.datepicker(datepicker_option)
		.datepicker("setDate", "0");

	// 一般的な現在の日付文字列の加工取得処理
	$( "#mydate2" )
		.val( 
			(new Date()).getFullYear() + "/" + 
			('0'+((new Date()).getMonth()+1)).slice(-2) + "/" + 
			('0'+(new Date()).getDate()).slice(-2) 
		);

</script>


【JavaScriptの最新記事】
posted by at 2016-09-07 17:25 | Comment(0) | JavaScript | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SQLの窓全体の検索
Custom Search
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX