SQLの窓 イラストAC フリー素材

2016年06月03日

DAZ3D のフリーの輪郭線を引く Scripted 3Delight 用 Edger を DAZStudio 4.9 で使ってみました。

結論からいいますと、配布先は無くなっているので WEB アーカイブからのダウンロードとなります。

▼ ダウンロードページ
https://web.archive.org/web/20130727020718/http://xextria.com/edger

機能や使い方の解説は、スクリプトレンダラーを使ったアウトラインレンダラーEdger / 操・活・解

から知る事ができます。ただ、当時は DAZStudio 3 だったので、今の通常の DAZStudio4.8 と DAZStudio4.9 で試しましたが、とてもうまく動作しています。

インストール方法

解凍すると、Edger.dse という実行ファイルがあるので、DAZStudio の適当なフォルダにコピーします。



コピー先は、DAZStudio の中でコンテンツを右クリックして Browse to File Location でエクスプローラが開くのでそこにコピーします。





コピー後、リフレッシュすると表示されます。



実行本体は、DAZStudio のインストールフォルダの中の scripts\support の中に xextria フォルダをコピーして終了です。



実行方法

事前準備は 操・活・解 のほうで書かれていますが、ライトを消しておくだけです。当時の状態では、通常では透過でレンダリングされるところが黒くなっていましたが、ここでは赤くなっています。



Edger を実行すると Render タブの中でオプションが使用できるようになります



パラメータの調整については、操・活・解 にありますが、とりあえずは線幅(0.001)と Shading Rate(2.0) の変更で使えるはすです。

GIMP で輪郭線化する方法

1) 赤を透明色に変更


2) 黒を透明色に変更


3) 黒で単色塗り


4) 完成


通常画像と重ねていろいろ調整



▼ 輪郭無しの通常画像





【DAZ3Dの最新記事】
posted by at 2016-06-03 19:34 | Comment(0) | DAZ3D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SQLの窓全体の検索
Custom Search
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX