SQLの窓 イラストAC フリー素材

2016年05月27日

高額療養費支給申請のお知らせ : 支払い予定額 21,063円



2月に緊急入院して胆嚢摘出手術をしたのです。

胆石で入院して知った12の雑学と知恵

で、その一週間前に F 病院にえらいめに合わされてたわけで。

寝屋川のF病院は、何かの理由で三週間入院患者を受け入れる事が出来ませんでした。手術の予約をしていたのに、救急車のなかから受け入れを拒否されました。

つまり、同一月に『手術した病院』以外でも、高額の検査費用を F 病院に支払ってたわけで(全くムダでドブにお金を捨ててた状態)すが、今回市からタイトルのお知らせが舞い込んで来て、

『21,063 円あげるから市役所に来て下さい』

という超ラッキーな事件です。

なんで超ラッキーかと言うと、高額療養費で合算できるのは『21,000円』以上である必要があるからです。
ただし、70歳未満の方の合算できる自己負担額は、21,000円以上のもの(下記の「合算対象のポイント」)に限られます。

全国健康保険協会
63円のマジック。ほんまかいな。 しかも、届けられた封書の中には、『35,000円以内なら領収書いらないよ』と書いてあって、実際もうもらって来ました。市役所から直接お金をもらっただけ。 必要なのは、被保険者証と印鑑。 ただ、この封書の中の日本語がとってもバカで、さすがお役所仕事と突っ込み入れたいところがあります。文章には、2箇所に印鑑押しといてとありますが、それでも『印鑑』は持って来る必要があるわけです。まだそのくらいならいいんですが、その2箇所がどこか解りません1) 本人の署名欄に印鑑 これは解ります。 2) 捨印 これは、郵送時やろ? しかも、郵送時の場合の説明にも『2箇所』としか書いてない。結局どことどこなのか書いて無い。さらにこんな欄もある。 3) 領収欄 ここは、『お金もらったよ』と言う確認欄。最初から押すものじゃ無い。だとしたら、署名欄と捨印に押すはずだけど、市役所へ行ったら『署名欄と領収欄』と言われた。 ウソつけ。説明がアホすぎるだけやんか。それに仕方なく受付の人が合わしているたけだと言うことは解ってるんだぞ。 なんて、一人自分自身と語らってましたが、2万も戻ってくるのでどーでもいいっちゃあ、どうでもいいですね。 ※ マイナンバーはしっかり記入しました
【生活 : お金の最新記事】
posted by at 2016-05-27 14:19 | Comment(0) | 生活 : お金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SQLの窓全体の検索
Custom Search
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX