SQLの窓 イラストAC フリー素材

2016年01月29日

OSAKA PiTaPa LiTE が結局2週間かかって手元にやって来ました。でも、月後半なので使えるのは来月からデス



さっそく PiTaPa 倶楽部に登録して、恩恵を全て手に入れる必要があります。

最初にする事

で、最初にするのは ご利用代金通知書送付の受付/解除の変更 です。

※ 但し書きにあるように、この画面での変更後の反映表示には数日かかりました。

最初は、上のように『送付しない』となっているはずなので間違える事は無いはずです、なので確認は、メールアドレスに送られる『PiTaPa変更受付完了』が一通あればいいという事になります。

次にする事

登録型割引サービス照会・登録・取消 から 大阪市営地下鉄・バス利用額割引 マイスタイル

マイスタイルは、使用する区間を登録すると、上限を設定してくれるというものです。登録していない部分でも割引があるので、大阪市地下鉄側のメリットは良く解りませんが、上限を設定したければ登録する他ありません。

ちょっと UI が古臭いというか、チマチマしていて印象は良く無い(特にフォント小さいのは良く無い)ですし、登録型割引サービス照会・登録・取消を実行するにあたって、処理フローがイマイチ解りにくいので、ボタンを押すのに躊躇するかもしれません。しかし、ボタンを押して初めて説明が表示されるというものなので、どんどん中へ入って必要なけれぱ戻って下さい。交通機関のボタンも中に入って初めてその交通機関へのページのリンクが現れます。

登録すると、メールアドレスに『	PiTaPa登録型割引登録完了ご通知』が届きます。他の交通機関の登録もたくさんあるのですが、登録はいずれも上限が設定されるという事のようです( 一部のみ確認で、全ては見ていませんが )

登録しなくても、たまに使うのであれば気にしなくていいです。切符を買ったり小銭を用意する手間ははぶけます。

それと、回数券は使用期限があるので一定回数以上使う人が購入するものですが、PiTaPa 
割引に関しては殆どの交通機関は11回目からの割引なので回数券のほうがお得です。ただ、大阪市営地下鉄は特別で、阪堺電車も2,301円以上使う場合は回数券より得になるみたいです(10%割引になるので)。

※ 2001円 〜 2200円はたぶん回数券とおなじで、2201円 〜 2300円 はなんか変な計算だけど、10%割引相当のようです。


関連する記事

OSAKA PiTaPa だけ別格だったのを知らずに回数券買ってた・・・・。OSAKA PiTaPa LiTE 申し込んだ。
OSAKA PiTaPa LiTE の入会申込書(決済口座届 兼 自署届) が2日で到着しました



タグ:pitapa
【生活 : お金の最新記事】
posted by at 2016-01-29 19:08 | Comment(0) | 生活 : お金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SQLの窓全体の検索
Custom Search
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX