SQLの窓 イラストAC フリー素材

2016年01月29日

OSAKA PiTaPa LiTE の入会申込書(決済口座届 兼 自署届) が2日で到着しました



※ 2016/1/15 に入会申込書が到着
※ 本人確認書類をコピーする都合で、発送したのは 2016/1/18 です。
※ その3日後の 2016/1/21 の3:40に審査通貨のメールが来ました

まあ、大阪から大阪なんでこんなもんでしょう。する事はサインしてハンコ押して本人確認書類を同封して送り返すだけですが、『発行までに通常10日程お時間をいただいております』との事。そりゃあ、銀行とのやりとりと審査でいろいろあるだろうけれど、10日もかかるかなぁ・・・。

実際に10日ほどかかりました( 営業日だけだともっと短いけど、土日とか挟むので )

他に目新しいところも無いので書類を眺めていると、

1) 株式会社スルっと関西
2) 三井住友カード株式会社
3) 株式会社大阪メトロサービス

という3つの会社に関して『個人情報の取り扱い』の記述があります。

要するに 株式会社大阪メトロサービス株式会社スルっと関西 が提携して相互利用可能システムが構築されていて、カードの管理は三井住友カード株式会社 が受け持つというストーリーなんですが・・・・

OSAKA PiTaPa LiTE は、クレジット機能がありませんが、管理は三井住友カード株式会社のようです。

そして、維持管理費は三井住友カード株式会社に支払う形になるはずで、OSAKA PiTaPa LiTE はそもそも日々使うものなので無料になります(一年に1度でも使えば無料)。しかしクレジットカードは要注意で、2015年10月以降のご請求分より『一年間に10万円以上』利用しないと年会費取られるそうです。

また、『クレジットのご利用をご希望されない会員さまは、OSAKA PiTaPa LiTEへの移行をおすすめいたします。』

と、しきりに OSAKA PiTaPa LiTE への移行をうながしているので、はっきりした事は解らないし想像ですが、株式会社大阪メトロサービス(株式会社スルっと関西)も、所詮代理店で専用クレジットカードカードとして OSAKA PiTaPa LiTE が存在していると思われます。なので、当然『手数料』が相当な額になるのでしょう。また、最初は想定できずに変更となった経緯としては、イマドキはクレジットカードは他のものを使う人が多いので、たかだか1000円の手数料さえ使われない(OSAKA PiTaPa のクレジット)のでしょう。

だとすると、OSAKA PiTaPa クレジットは、運賃に使われても手数料が三井住友カード株式会社に行かない契約になっていたのでは・・・なんて推測がなりたつのですが。

まあ、自分には関係無いですが。

ただ、ついでですが会員になったあかつきには、しなければいけない事があるので書いておきます。

「ご利用代金通知書」の発送解除方法

これをやっとかないと、請求毎に100円取られてしまいます。まあ、今時みんなどこでもそうですけど。


関連する記事

OSAKA PiTaPa だけ別格だったのを知らずに回数券買ってた・・・・。OSAKA PiTaPa LiTE 申し込んだ。



【生活 : お金の最新記事】
posted by at 2016-01-29 18:24 | Comment(0) | 生活 : お金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SQLの窓全体の検索
Custom Search
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX