SQLの窓 イラストAC フリー素材

2015年05月15日

アットフリークス社の @bbsサービスが終了し、『管理人へメール』が使えなくなるので代替 PHP を書いた。

メールの内容
@bbsでは、サービスを維持するためにさまざまな検討を重ねてまいりましたが、社会情勢の変化やシステムの老朽化などにより、今後のサービスの継続が困難と判断いたしました。

そのため、誠に勝手ながら、2015年5月31日(日)24時をもって@bbsはサービスを終了します。

サービス終了に伴い、2015年5月31日(日)24時よりページ上での閲覧を含むすべての機能を停止します
プログラマなんだから、ちょっとの手間を惜しまなければ自作できたんですが、長い間放置してこれをずっと使っていました。なんで、いまさら1から作るのも気持ち悪いので、画面デザインはほぼそのままで作成しました。 デモページ どうせだから・・・ 授業でそのまま使ってやろうと思って、メンテナンスのしやすい1ページに対して PHP ファイル一つという構成にして、記述もけっこうベタな書き方で仕上げました。 ソースコードと、若干の解説はこちらにあります。 このままではちょっと面白く無い あくまで PHP 初心者向けに作ったものですから、ここから仕様追加したい事がたくさんあります。でもまあ、現状のこれを一般で使うにしても、固定アドレスに対してのメール処理なんでそんなに問題は出ないでしょうけれど、厳密には同一 IP から一定時間はメールを送れないとか、直前のページのドメインを限定するとかはプログラマのお勉強としても当然必要ですし、表に出すものとして最低限必要です。 1) セッションを使って、データの受け渡しを隠蔽する 初心者にとって見渡しのいいように、3つのソースコードに分けているので、エラーの処理は戻る処理が必要になってしまっています。1ページで作ってしまえば何も必要無いのですが、3つのソースコードの連携時に、外部にアプリケーションの振る舞いを見せないようにするには『セッション』によるデータの引渡しが必要になります。 なんで、次のバージョンはこれを作成するつもりです( もちろん授業で使う ) 2) やはり 1つの PHP ソースで処理する これが理想ですが、いきなりこれで書いても、3つのソースコードとの差は当然解らないし、いろいろな処理の必然性も見えてこないです。一長一短の理屈を体験した上で、やはり一つにする優位性を解ってもらいたいです。 3) メールデータ部分をクラスにして API にする メール処理と言うのは結構デリケートで、環境に左右されます。また、失敗するとサーバやその他に迷惑がかかる可能性もあるので、どこからでもアクセスできるけれど、簡単に制限できてしまうものにしておく必要があります。 そうしておけば、ブラウザのクライアントから利用する事もできてしまうし、他のサーバからも使う事ができます。そして、一箇所で全てをコントロールできでメンテナンスもできます。 その為にも、JSON と PHP との関係も考えて、データはクラスのメンバとして定義されておくべきだと思います。 ※ 予定が実装され次第、ここは更新します
【WEBサービスの最新記事】
posted by at 2015-05-15 09:58 | Comment(0) | WEBサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SQLの窓全体の検索
Custom Search
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX