SQLの窓 イラストAC フリー素材

2014年11月16日

かなり前にインストールしておいた、WordPress を少し整理しようとして、まずヘッダ部分がいろいろ面倒だった

プログラマなんで PHP は簡単ですが、それだけで右から左へどうにかなるものでは無いので、やはりいろいろ調べる事になりました。ですが、最も最初に必要なのは、ヘッダ部分にスクリプト等を追加したいんだけれど、『どこ?』という所から。

このへんは『操作方法の部類』

なんで、慣れですね。でも、投稿するといきなり勝手に P 要素が追加されました(スタイル要素が崩れて全く効かないのでソースみると酷い事に)。が、こちらの画面から functions.php を開いて実行文書く必要があったのにはびっくりしました。こんなの一般人にはすぐ無理ですよね。



▼ Google Chrome のデベロッパーツール使う上で、日本語のあるスタイルシートでは最近は必要です



で、右サイドの GenratePress で親テーマに移動します。

▼ すると、やっとヘッダ情報にたどり着きます。



とりあえず、ここに追加スクリプトを入れていけばいいという事です。テンプレートとは関係無いスクリプトなんで PHP のコードとして追加する必要はありません、たぶん。



それで、P 要素はどうするかと言うと

元のテンプレートへ戻ります





このテーマの functions へ移動



▼ ここですね。



このあたりは、さすがにインターネットを調べるとすぐヒットしますが、はたして普通の人がこの理由にすぐたどり着くかどうかは難しいところです。
remove_filter( 'the_content', 'wpautop' );
remove_filter( 'the_excerpt', 'wpautop' );



タグ:WordPress
posted by at 2014-11-16 01:51 | Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SQLの窓全体の検索
Custom Search
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX