SQLの窓 イラストAC フリー素材

2013年10月03日

今日(そして最近)解った、Google(ネットワーク)関連のちょっと解りにくい情報



★ ZIP 書庫内に実行可能な拡張子を持ったファイルがあると、Gmail に添付して送れない。
▼ 公式の詳細
一部のファイル形式がブロックされる



★ Google Chrome で、ZIP 書庫をアップロードすると、MIME は application/x-zip-compressed

これは、ZIP 書庫をメール送信(添付)するにあたって、Google Chrome でファイルアップロードして PHP でその MIME 情報を使うというプロセスの一部です。



★ MIMEが application/zip でフォントの入った書庫を Google Chrome の 内臓 Flash がダウンロードさせてくれない。
上記のような状態になっていたサイトの方に修正対応していただいて、現在動作しているので原因が何かはこちらでは解っていません。
と、思ったら、Google Chrome が  30.0.1599.66 m になったのが理由で正しく動くようになったようです・・・・



試行錯誤あったみたいなんですが、『アプリ』アイコンから、以前の『新しいタブ』の表示になったようで、その『新しいタブ』は、検索(但し入力するとアドレスバーへ移動) + 履歴で、本家の検索画面の右上『グレーのアプリアイコン』が、以前のサービスメニューのようになってます。



前の『黒いバーメニュー』は、右上グレーのアプリアイコンから、『もっと見る』で、翻訳あたりを表示するとまだ使えるようです。



一般では、『ソースマップ』はいらないでしょ?



開発者ツールのさらに右下の設定アイコンから開いた英文の設定の中の一つです。通常は問題無いとは思いますが、URL の読みこみエラーの原因となる事があります。

ソースマップは、圧縮されて難読化してしまった JavaScript のデバッグを、別のマップファイルで補おうというもので、そもそも一般には必要ありません。なんで、無駄にページの読みこみが遅くなる迷惑設定になるおそれがあります。

マップは、コメントとして マップ位置の URL をどこかに記述してあるらしいですが、そこのサーバが落ちてしまうとそのような『迷惑設定』になり果ててしまいます。

ちなみに、その下に CSS のソースマップとあって、そちらも同様だと思うのですが、こちらはデフォルトで Enable になっている可能性があるような気がします(未確認)

どちらかだったかは忘れましたが、一度読みこみの弊害となった経験があります


【Googleの最新記事】
posted by at 2013-10-03 03:40 | Google | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする