SQLの窓

2013年08月31日

ドアクローザーの調整



ウチは一戸建てですが、もう28年経っています。ドアは当時のままで、相当古いのは解っていますが、特に問題も無くいままでやって来たので気にもしていませんでしたが・・・・

最近、ドアが閉まる直前で『ガチャン!!』と、素人でも解る『油圧調整が必要』だという状態になってしまいました。

しかし、勘では『油圧』だと解ってはいても、実際どうするか解らないのでインターネットで調べてみると、その部品の名前は『ドアクローザー』というものでした。値段も、単体で3000円から8000円ぐらいで、取替えだと工事費込みで20,000円くらいだという事も解りました。

もし、油が漏れてしまっていたら、取替えが必要ですが、まずは調整用のダイアルのようなものが付いているので、それをドライバーで時計方向に回すだけでいいという事が解りました。

時代によって、ダイアルが1〜3

ウチのは古いので当然一つしかありません。なんで、選択肢も無くおそるおそる回してみると、ちょっと回したくらいではあまり変わりませんでした。おもいきって一回りくらい回すと逆に開いた扉は戻って来なくなりました。そこで、すこしづつ調整してちょうど良い場所を発見して一件落着です。

ドライバー一本で済みました。ああ・・・・良かった。



posted by at 2013-08-31 18:42 | 生活 : トラブル・知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX