SQLの窓 イラストAC フリー素材

2013年08月18日

DAZStudio の Smart Content(DAZ Content Management Service)は、メモリ喰うだけなので使っていま(DAZ信用してま)せん。

▼ サービスを切るだけで、表示されなくなります。( 手動設定 )


たしかに、ある程度インストールされているものが見渡せるので、時々見回るようにはしていますが、通常のキャラ構築は、Content Library で十分だと思います。インストールされたコンテンツが増えて来ると、探すのに多少時間を要しますが、もともと全てのコンテンツが Smart Content に表示されるものでは無いですし、DAZ クオリティと言うか、システム屋からしたら突っ込みどころ満載なクオリティな DAZ なんで、下手に Smart Content に頼ると今後ロクでもないとも思ってますし。

▼ Smart Content


インストール後のカテゴリやらフォルダ名にしても、一貫性が無いというか、なにが根拠なのかさっぱり解らない分散状態なんで、今の所最も DAZ で信頼できるのは、Install Manager だと思っています。これは、いろいろな意味で論理的に整理された仕様の元で動いていると感じる事ができます。

DAZ のサイトでは、ほとんどの最近のコンテンツが DAZ Studio 4.6 の表示になっていますが( ビジネス的には仕方無いとは思いますが )、Install Manager のポップアップされる表示には DAZ Studio4.5+ とタグが設定されています。そりゃ、システムなんでそうしないと絶対管理できないと思うわけです。

結局 Subsurface Shader Base も、DAZ Studio4.5+ な製品です。日本語では無いので、このへんは情報が少なく、しかし、Install Manager は、Install Manager なんだから、そのへんの区分けははっきり認識する必要があるわけです。

※ とは言っても、DAZ システムは根本的には信用して無いですけれどーーー:-P

ついこないだの『あ゛???』的な出来事

値引きの設定された製品を購入しようと PayPal まで行ったんですが、DAZ のサイトに帰って来た時点で定価に戻ってたんですよ。わけが解らないんでタブ閉じて PayPal 側を確認したら支払いが発生していませんでした。

これは、最後 DAZ に帰って来てからもう一度送信しないと確定しない仕様の為ですが、定価に戻っていたのは事実なんですよね。で、しばらくしてからもう一度試そうと思って製品ページに行ったら・・・・。

さらに値引きされていたわけです。

『なんじゃこりゃ』

と思いながらも、さらに安くなっていたので購入しました。当然今回は最後まで決済して完了です。考えるに、DAZ のシステムの値引きの切り替えタイミングで処理したとしか思えないんですが、なんで一旦定価に戻る状態があるのか・・・・( DAZ だからです )。

油断してるとバカを見ますので、ご注意を。



【DAZStudioの最新記事】
posted by at 2013-08-18 22:15 | DAZStudio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX