SQLの窓 イラストAC フリー素材

2015年01月08日

画面キャプチャ用に、広告等の不要な表示コンテンツを削除する作業を、ブラウザ毎の開発者ツールで比較すると・・・

昔は Firefox の Firebug でやってたのですが( 少なくとも 2010-07-11 当時 )、今はどの主要ブラウザでも同じプロセスで可能です。

Firebug がインストールされている場合、純正の開発者ツール用の『要素を調査』と『Firebugで要素を調査』と二つ表示されます。

Firefox

『要素を調査』=> 『ノードを削除』または 開発者ツール内で選択された部分をクリックしてから DEL キー
※ 以降は、開発者ツールが選択されているので、そのまま DEL キーを使えます

Firebug は、『Firebugで要素を調査』後、すぐに DEL できます。

要するに Firebug のほうがひと手間少なくで優れています

その他

Google Chrome も、『要素を検証』から、すぐに DEL キーで削除できますが、削除した後他の要素を選択してくれないので、続けて親要素を削除していくのは不便です。

IE11 は Firebug と同等でした。

案外 Google Chrome が適当なのに驚きました・・・・



【Firefoxの最新記事】
posted by at 2015-01-08 13:11 | Firefox | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする