SQLの窓 イラストAC フリー素材

2010年06月27日

TCPDF利用前の注意事項

サンプルとして付属している日本語は非埋め込み型

Arial Uni CID0 (arialunicid0) は、フォント本体が PC にあって、定義ファイルは
arialunicid0.php 一つのみです。
そもそも、arialunicid0.php が日本語定義ファイルのサンプルですので中を見ると
多少ですが説明があります。全ての説明は README を見る必要があります。

小塚ゴシックPro M (kozgopromedium) と 小塚明朝Pro M (kozminproregular) は
Adobe のフォントです。定義ファイルもそれぞれ一つづつな上に、中を見てもフォ
ントデータを参照している様子もありません。おそらく、非埋め込み型なのだと思
います( 少なくともファイルサイズ的には非埋め込み型です )


日本語にイタリック等は実装されていない

小塚ゴシックPro M (kozgopromedium) と 小塚明朝Pro M (kozminproregular) は
日本語以外はイタリックになりますが、他のフォントはそもそもその書体が無い
はずなので、利用できません。ですから、定義ファイルもそれぞれ一つだけです。


通常の MS フォントを実装するには

MS ゴシック、MS Pゴシック、MS UIゴシック、MS 明朝、MS P明朝
が一番欲しいです。特に印刷処理ですから、MS 明朝が必要です。
手作業はたいへんなので、全自動のスクリプトを作成しました


VBScript : TCPDFで MSフォントが使えるようにする全自動スクリプト
元々利用可能なフォントに加えて、MSフォントの印字サンプルです Cellの印字サンプル これは初心者向きで、適当にやっても表が作成できます PHP : TCPDF の Cell で一覧表を印字するサンプル 位置指定で右寄せ可能なサンプル cell メソッドの応用ですが、これが無いと業務用の印字は無理です。 PHP : TCPDF の Cell を使って位置指定印字を行うサンプル 関連する記事
TCPDFに関する3つの誤解
posted by at 2010-06-27 15:15 | PHP+PDF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX