SQLの窓 イラストAC フリー素材

2009年08月27日

パスが通るフォルダに置いて、コマンドとして利用できる、数メガの比較的小さなファイルをダウンロードするhttpget.vbs


WEBのファイルをコマンドラインからダウンロードするスクリプト : httpget.vbs ( 2〜3メガまでが目安 )


vbs をパスの通るディレクトリに置くというのはなかなか誰もやらないと思うのですが、コマンドが増えると思えば、内容によっては使ってみてもいいのでは無いのでしょうか。

それでも、既存の PATH 環境変数にあるディレクトリと言えば、windows のディレクトリだったりするので、避けたい気持ちは良く解ります。そういう場合は、専用のディレクトリを作って、そこに PATH を通せはいいのですが、これが一般的に言って面倒なはずです。

PATH 環境変数について知っていても面倒ですから、PATH 環境変数メンテナンス : Redmond Path という選択肢も微妙ではあります。で、最近作ったのがパッチ処理支援パッケージで、httpget.vbs のような自作コマンドをインストールできるディレクトリを作成して、PATH 環境変数にも自動登録してしまおうというものになっています。(スクリプトが存在するディレクトリをユーザ環境変数の PATH へ登録)

これからちょいちょいコマンド増やして行こうと思っています。転載が可能なフリーソフトなんかも、オンラインでインストールしたり、自作の exe や vbs や bat や hta なんかいっぱいありますので。インストールフォルダである、Program Files と同じドライブの laylaClass というディレクトリは、手書きブログのカスタムパレットツールで使用しているのですが、これはユーザさんとのやりとりで紆余曲折の上この場所になったので、vista でも比較的動作が信頼できる事を想定しています。
( vista のテストは常に一番最後ですけれど )


以下はファイルのダンプ中です( all vbscript )
Usercmd
laylaClass バッチ処理支援パッケージ 


とにかく、PATH が通ってる ユーザディレクトリがあると何かと都合のいい事が多いです。単純なフリーソフトならば、全部そこへコピーしてしまえば良いですし、PHP ですらそのままコピーしてしまうと、さらにコマンドの出来る幅が無茶苦茶増えます。

まず手始めに、今日調べたのはコマンドライン用のメール送信ソフトです。Basp21 でスクリプトを作成する手もあるのですが、パスワードがバレバレになるので、SMAIL 4.09 が良さそうです。検証は明日以降になりますが、ドキュメントや作者さんのHP 見た限りでは、ほぼ完璧なツールに思えますね。

コマンドラインで実行できるメールの用途は、一般的にバッチジョブのログや結果の通知です。業務でいろいろやる場合では欠かせないもので、これらの処理をできるかできないかでは会社レベルでの作業効率に雲泥の差がでます。多少無理してでも導入すべきですね。



【VBScriptの最新記事】
posted by at 2009-08-27 20:15 | VBScript | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする