SQLの窓 イラストAC フリー素材

2009年08月25日

ISORecorderで実際CD-Rに書き込んでみましたが、少しだけ注意です。

Recorder

殆ど設定らしきものは無くって、特に問題無く書き込めましたが、所有の媒体が 32 倍速なので32で焼いてみました。
画像では、MAX が 48 になっていますが、媒体を入れると MAX は 40 でした。
どのへんで焼くかは自分の判断ですね、ベリファイとか無いですし( というか普段した事無いですが )

それよりもっと気をつけないといけないのは、ISO ファイルを作成する時で、媒体700だから、
670くらいのデータ用意したら、ISO 作成でエラーになってて、英文でこっそりメッセージが表示されるので
気づかなくって焼いたらデータが空っぽだったという失敗をしてしまいました。

ISO ファイルが作成できているかの確認は、終了時にきっちりメッセージを確認するか、
Microsoft Virtual CD Control Tool を使えば確認できます。

とにかく手軽で状況にあわせて利用しやすいソフトですね。



関連する記事
フォルダを .iso に変換後CDに書き込むか仮想ドライブとしてマウントする


【フリーソフトの最新記事】
posted by at 2009-08-25 21:36 | フリーソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする