SQLの窓 イラストAC フリー素材

2014年10月18日

2012年04月21日 時点の Three.js の WebGL チェックと 2014年 7月17日(r68) のチェック

この結果を console.log で表示してみましたが、うまく動作している事を確認しました。この処理は一行にして実行文扱いで戻り値を true か false で返すので、if(){} の 条件式の部分に記述できます。
WebGLRenderingContext は canvas に WebGL の描画命令を発行するためのオブジェクトです。
コンテキスト名 "experimental-webgl" は、仕様書が策定中の間に使用する一時的な名称です。仕様書が確定した後は、"webgl" という名称が使われます。
なんですが、見事に IE11 だけ false になりました。。。。。
(function() {
    try {
        return !!window.WebGLRenderingContext && !!document.createElement('canvas').getContext('experimental-webgl');
    } catch(e) {
        return false;
    }
})()



▼ 最新
(function() {
    try {
        var canvas = document.createElement('canvas');
        return !! window.WebGLRenderingContext && (canvas.getContext('webgl') || canvas.getContext('experimental-webgl'));
    } catch(e) {
        return false;
    }
})()
どう意味あいかは解りませんが、とても念入りになっていました。webgl と experimental-webgl を両方チェックしているところが、何とも涙ぐましいような気もします。


posted by at 2014-10-18 23:24 | Comment(0) | Three.js : ベーシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SQLの窓全体の検索
Custom Search
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX