SQLの窓

2012年03月24日

Three.js : あるスケールでの平均した座標集合の作成

ここでは、元々の乱数が xyz いずれも同様の範囲ですが normalize()では、
たとえ xyx 値の値にバラ付きがあっても、1以内の値に収めるようです。

multiplyScalar() では、全ての値に一定の値をかけて、任意の範囲の値を
作成しているようです。

xyz に Math.random() * 2 - 1 をセットしているのは、Math.random() が
1以内の正の値なので、倍にして 0〜2 に変換してから 1 を引く事によって
マイナス座標を作成しています。
particle = new THREE.Particle( material );
particle.position.x = Math.random() * 2 - 1;
particle.position.y = Math.random() * 2 - 1;
particle.position.z = Math.random() * 2 - 1;
particle.position.normalize();
particle.position.multiplyScalar( Math.random() * 10 + 450 );

position は、Vector3 オブジェクトです

関連する記事

Three.js : Vector3 オブジェクトのコンストラクタ



【Three.jsの最新記事】
posted by at 2012-03-24 01:18 | Comment(0) | Three.js | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SQLの窓全体の検索
Custom Search
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX