SQLの窓 イラストAC フリー素材

2014年06月19日

Three.js : Vector3 オブジェクトのコンストラクタ / result = x || 0; という書き方

var x;
var result = x || 0;
で、result に入るのは、x と 0 の論理和では無く、最初に 真になった結果または、最後に false になった結果です。undefined も "" も 0 も false 扱いですが、この書き方だと、x に false や "" が入っている時は result は 0 になるという書き方です。 ですから、var obj = new THREE.Vector3(); は、obj.xとobj.yとobj.z は全 て0になっています。
THREE.Vector3 = function ( x, y, z ) {

	this.x = x || 0;
	this.y = y || 0;
	this.z = z || 0;

};




タグ:javascript
【Three.jsの最新記事】
posted by at 2014-06-19 00:03 | Comment(0) | Three.js | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SQLの窓全体の検索
Custom Search
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX