SQLの窓 イラストAC フリー素材

2014年12月20日

Google WEBマスターツールは、非公開にした記事をひつこく『みつかりませんでした』と言って来る


時代は流れるので、とうしたってボツにしないと恥ずかしい記事もあるわけですが、Google さんはリンク元にも無い URL を『みつかりませんでした』という報告くれるのです。

しかし、リンク元に無いという事は、その URL かどういう記事だったかは皆目見当がつかず、非公開記事一覧から探しようがありません。

なんですが、



いい方法があります。

WEB アーカイブで非公開にする前の状態を URL から探し当ててタイトルを取得してしまえば良いのです。

WEBアーカイブは、閉鎖したサイトにあったファイルをダウンロードしたいときに絶大な威力を発揮しますが、こんな個人的な作業にもとても役に立つのです。


とは言え。

非公開にしたのはそれなりの理由があるので、それをそのままは使え無いので、こんなふうに全く違った記事で再投稿するわけであります。






【WEBサービスの最新記事】
posted by at 2014-12-20 02:27 | WEBサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする