SQLの窓 イラストAC フリー素材

2017年12月07日

解く事が目的では無い、身に付ける事が目的の C# 初心者用の問題を作ったので良かったらどうぞ (4)

Visual Studio

必要なウインドウを閉じてしまった場合、[     ] メニューの、ウインドウレイアウトのリセットを選択します。

デバッグの為に、ブレイクポイントをソースに設定するには、[     ] キーを使用します。

ブレイクポイントから一行づつ実行するには、[     ] キーを使用します。

[     ] ウインドウを使用すると、ブレークポイントで参照可能な変数を入力して内容を表示する事ができます

デザイナー表示をコードへ切り替えるのは、[     ] キーを使用します。SHIFT キーと同時に使用すると、コードからデザイナーへ表示を切り替える事ができます。

SQL

データーベースからデータを取り出すには、SQL 文を使用しますが、実際のデータを行単位で取り出す処理は [     ] 文という構文で行います。

この文は、列リストと対象テーブルと抽出条件を指定するのが一般的です。対象テーブルは、列リストの後ろに  [     ] キーワードを使い、さらにその後にテーブル名を指定します。

抽出条件は、テーブル名を指定した後、 [     ] キーワードを使い、その後に条件式を指定します。

抽出したデータが複数行の場合、[     ] 句を最後に追加してソートを行う事ができます。省略時は順ソートですが、ソートしたい列名の後に [     ] キーワードを書くと逆ソートされます

データの追加は、[     ] 文を使い、行の追加と言う形で一行づつ行います。対象テーブルは [     ] キーワードの後に記述して、次に対象となる列のリストを  (  ) の中にカンマで区切って並べます。それらの列に対してデータを記述するわけですが、データは [     ] キーワードを使用してから再び (  ) の中にカンマで区切って並べます。列リストデータリストの数は一致する必要があり、それぞれのデータ型に合わせたデータの記述をする必要もあります。

SQL の中での文字列の扱いは  [     ] という記号で文字列を挟んで表現します。数値はそのまま記述できますが、日付型は正しい日付文字列を文字列と同じ記号で挟む必要があります。SQL の中の値の部分は、上記のような記入方法の他に  [     ] と呼ばれる予約された処理を挿入することもできます

データの更新も行単位で [     ] 文を使って行います。対象テーブルは [     ] 文のすぐ後に続け、更新する列と代入する値のペアを SET キーワードの後にカンマで区切って並べます。

更新には条件を指定する事ができ、[     ] キーワードを使い、その後に条件式を指定します。この条件に一致した行は全て更新対象となり、条件に一致した行が無い場合はまったく更新されませんが、エラーとはなりません

推奨覚えろキーワード

cause [     ]

allow [     ]

modify [     ]

visible [     ]

opacity [     ]

show [     ]

position [     ]

search [     ]

column [     ]

row [     ]

exist [     ]

each [     ]

fill [     ]

multi [     ]

remove [     ]

delete [     ]

success [     ]

array [     ]

Initialize  [     ]

エイリアス [     ]

スコープ [     ]

メタデータ [     ]
関連する記事 解く事が目的では無い、身に付ける事が目的の C# 初心者用の問題を作ったので良かったらどうぞ (1) 解く事が目的では無い、身に付ける事が目的の C# 初心者用の問題を作ったので良かったらどうぞ (2) 解く事が目的では無い、身に付ける事が目的の C# 初心者用の問題を作ったので良かったらどうぞ (3)
タグ:C#
posted by at 2017-12-07 20:26 | Comment(0) | C# | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

解く事が目的では無い、身に付ける事が目的の C# 初心者用の問題を作ったので良かったらどうぞ (3)

機能

メッセージボックスを表示するには、[     ]クラス(System.Windows.Forms名前空間)の[     ]メソッドを使用します。メッセージボックスは、エラーメッセージを表示したり、ユーザーに確認を求める時などに便利です。

文字列変数の text の中に "1000円の商品を12個買う" とセットしたい場合の記述を完成させて下さい
string text = string.Format("[          ]", 1000, 12);


コンボボックス

コンボボックスはとても便利で良く使用される複数の選択肢をエンドユーザに提供する事ができるコントロールです。但し、C# ではデフォルトで入力可能になっているので、画面上で定義した場合は最初に [     ]を、DropDownList に変更する必要があります。

コンボボックスに登録されるリストは、[     ] に 0 以上の整数をセットする事によってプログラムから変更する事ができます。また、-1 をセットすると未選択になるので注意して下さい(なにも指定しなければ未選択になります)。

コンボボックスの名前(Name)が comboBox1 の場合選択された時に表示している文字列は、[     ] から取得する事ができます。さらに、コンボボックスに登録されているリストの一覧は、[     ] から取得する事ができます。

実際に全てのリストの内容を取得するには、foreach を使って以下のように記述する事ができます
foreach (string item in comboBox1.[     ])
{
	Debug.WriteLine(item);
}
コンボボックスに登録されているリストの数は、[     ] から取得できるので、上記処理と同じ処理を for 文で以下のように記述する事ができます
for (int i = 0; i < comboBox1.[     ].[     ]; i++)
{
	Debug.WriteLine(comboBox1.[     ]);
}
テキストボックス テキストボックスはエンドユーザが情報をキーボードから入力する為に使用します。デフォルトでは一行のみの入力になりますが、複数行を入力可能にするには、[     ] を True にする必要があります。また、複数行の入力では、スクロールバーが必要になって来るので、[     ] に、Both をセットします。Both の他には、Vertcal(垂直) と Holizontal(水平) がありますが、Holizontal スクロールバーを実際に使うには、WordWrap を False にする必要があります 入力を不可能にする方法には、二通りあり、[     ] をFalse にするか、[     ] をTrue にします。後者は、入力不可にはなりますが、内容の選択やコピーは可能になります。 関連する記事 解く事が目的では無い、身に付ける事が目的の C# 初心者用の問題を作ったので良かったらどうぞ (1) 解く事が目的では無い、身に付ける事が目的の C# 初心者用の問題を作ったので良かったらどうぞ (2) 解く事が目的では無い、身に付ける事が目的の C# 初心者用の問題を作ったので良かったらどうぞ (4)
posted by at 2017-12-07 20:15 | Comment(0) | C# | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

解く事が目的では無い、身に付ける事が目的の C# 初心者用の問題を作ったので良かったらどうぞ (2)

データ型 : 整数

C# で使用するデータ型は言語として一般的な基本データ型があります。その中でも最初に理解する必要があるのが、整数を表す [     ] 型です。これはクラスの定義としては、Int32 と言うクラスになりますが、C 言語と同じ表現で利用可能になっています。

この型は、計算に使用される基本的な型です。しかし、プログラミングでは表現として文字列としての見え方が必要になるので、この型を文字列型に変換して利用する必要が出て来ます。この場合、Int32 のメンバ(操作を定義した手続き)である[     ] メソッドを使用します。

さらに上記処理の逆の処理として、整数で表現された文字列を整数に変換する場合は、この型(クラス)の、[     ] メソッドに引数で文字列を渡して実行します。また、これは 静的メンバ でもあるので、 Int32 というクラスに対して一つだけ定義された、メモリ上常に存在するメソッドになります。

データ型 : 文字列

文字列変数が work とすると、work が null 以外の場合、文字列の文字数を知るには、work.[     ]  と記述して取り出す事ができます。そして、この文字数を使用して for 文によって一文字ずつ文字列を取得するコードは以下のようになります
string work = "日本語表示";

for (int i = 0; i < work.[     ]; i++)
{
	Debug.WriteLine(work.[     ](i,1));
}
C# では、文字列を表現するのにダブルクォーテーションを使用しますが、一般的な言語と同様に、\ 記号使用したエスケープシーケンスが使用可能ですが、見た目がわかり難いのが欠点です。しかし、C# では[     ] 記号をダブルクォーテーションの前に書く事によって、\ 記号を書かないそのままの文字で表現できます。例えば、Windows のパスの区切り文字である \ は、通常 \\ と書く必要がありますが、以下のように表現できます。
"C:\\Program Files\\Microsoft" と書く代わりに、[     ]"C:\Program Files\Microsoft" と書けます
文字列の連結には、[     ] 記号 が使用されます。同様の連結が、VBA では & が使われ、PHP では .(ピリオド)が使われますが、一般的にはこの記号です。文字列を指定した文字で分割するには、[     ] メソッドが使用されます。但し注意する必要があるのは、区切り文字の指定が文字なので、文字の指定には [     ] 記号を使用する必要があります 関連する記事 解く事が目的では無い、身に付ける事が目的の C# 初心者用の問題を作ったので良かったらどうぞ (1) 解く事が目的では無い、身に付ける事が目的の C# 初心者用の問題を作ったので良かったらどうぞ (3) 解く事が目的では無い、身に付ける事が目的の C# 初心者用の問題を作ったので良かったらどうぞ (4)
タグ:C#
posted by at 2017-12-07 20:04 | Comment(0) | C# | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

解く事が目的では無い、身に付ける事が目的の C# 初心者用の問題を作ったので良かったらどうぞ (1)

C# で Windows アプリケーションを作成する場合、Microsoft があらかじめ定義している [     ] というクラスを使用します。

そのクラスで一番最初に実行されるのはクラス名と同じ名前を持つ public なメソッドですが、一般的にそのメソッドは [     ] と呼ばれています。そして、その次に実行される処理はイベントのうちの一つで、その名前は [     ] イベントと呼ばれます。このイベントは、画面上に定義されたコントロールが全て使用可能になった後に実行されます。

画面は、上記イベントが実行された後に表示されますが、デフォルトでは表示される位置はデスクトップ上の任意の位置になります。これは StartPosition という画面のプロパティが WindowsDefaultLocation という値になっている為にそうなるので、値を [     ]  に変える事によって、デスクトップの中央に表示する事ができます。

Windows でアプリケーションのウインドウから別のウインドウを表示する事ができますが、このウインドウの事を [     ] と呼ぶ事があります。このウインドウには二つの種類があり、新しいウインドウが表示されている間は、元のウインドウを操作できない状態になるものを[     ] と呼びます。

これに対してもう一つの種類の場合は、元のウインドウを操作できます。このウインドウは [     ]  と呼ばれますが、プログラムでコントロールする事が難しくなるので特別な処理にのみ用いられる事が多くなります。

この二つのウインドウは、親子関係で比喩される事も多いですが、C# では、子供から見た親ウインドウを [     ] というプロパティで参照する事ができます。日本語の意味は『所有者』ですが、Windowsでは、権限関係の表現で良く使われています。

このプロパティを使うと、子供のウインドウから親のウインドウのコントロールにアクセスする事ができます。しかし、デフォルトではエラーになって使用できません。そこで、使用する為に 子供からアクセスする必要のあるコントロールの modifiers プロパティを [     ] に変更する必要があります。

クラス

C# のプログラムは、クラスという単位で構成されます。クラスは [     ] のようなもので、決め事を文書にしたものと考えて下さい。そうした場合、その決め事を元に実際に何かを実行するものが必要になります。その実行するものを [     ] と言い、一つのクラスから複数の実行単位を作成できます。

クラスはクラス名で識別します。このクラス名と [     ] 演算子を使って、実行単位をメモリ上に作成して処理を行います。


クラスを構成する要素は3つあり、[     ] と メソッド  と [     ]  と呼ばれ、これらはクラスのメンバであると表現します。

メンバには役割を与えて名前を付けます。そうする事によって、実行単位毎にその名前をピリオドでつないで名前を呼び出して使います。その中でも処理の主体となるのが 『操作を定義した手続き』である[     ] です。この中でC# の処理が行われ、その処理が参照する変数の定義もメンバのうちの一つである [     ]  です。

残りの一つは、他の二つの特性を両方持ったもので、set と get という概念を持った『操作を定義した手続き』で、外部からの使用方法は変数とだいたいにおいて同じになるものです。

クラスのメンバに [     ] キーワードを指定すると、そのメンバは『静的メンバ』と言う特別なクラスの要素となります。静的メンバは、常にメモリの中にあるように作成されるので、実行単位から使用するのでは無く、クラス名そのものから使用します。具体的には、プログラムの中でクラスに対して一つだけ作成されるメモリ領域にあるメンバとなります。

呼び出し方法は、クラス名.メンバ名() や、変数 =  クラス名.メンバ名 というような形になります。

関連する記事

解く事が目的では無い、身に付ける事が目的の C# 初心者用の問題を作ったので良かったらどうぞ (2)

解く事が目的では無い、身に付ける事が目的の C# 初心者用の問題を作ったので良かったらどうぞ (3)

解く事が目的では無い、身に付ける事が目的の C# 初心者用の問題を作ったので良かったらどうぞ (4)




posted by at 2017-12-07 17:23 | Comment(0) | C# | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Yahoo!メールをIE11 で表示して、エンコードを『自動選択』にすると起こる(左ツリーが化ける)不思議な仕様

そういう報告があり、再現しようとしてなった内容。実際なったご本人がとのような操作したかは不明ですが、確かに化けた。



これはいったん閉じると元に戻るので別にいいのですが、SHIFT_JIS になってしまってこうなるようで...



そもそも、『自動選択』でおかしくなるのは、Yahoo! の仕様がおかしいような気がする上に、こんなダイアログが出るわけです。


Yahoo! ブラウザのエンコーディングを変更すると、送信したメッセージが破損する可能性があります。
ブラウザのエンコーディング(通常はブラウザの[表示]メニュー)をUTF-8に設定することをお勧めします。
だから。自動だって。 ▼ 該当コード部分
var charset = (typeof document.charset === "undefined" || document.charset == null) ? document.characterSet: document.charset;
if (charset != null && charset != "UTF-8" && charset != "utf-8") {
    alert("In Yahoo! Mail, changing the browser's encoding may corrupt the messages you send." + "\n\n" + "It's recommended that your browser's encoding (usually under the browser's View menu) be set to UTF-8.");
}



posted by at 2017-12-07 15:59 | Comment(0) | WEBサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

イラストAC : 巨大山脈(10パターン/内水の中からの風景2枚) 1600x1200

ベースは『Planet X-2 and HDRI』ですが、シェーダを変更したりサイズ調整した上でいろいろな景観をアレンジしています。特に最後の2枚は水の中から見た風景ですが、2種類の特性を重ねたものとなっています。

中の2枚に廃墟の街がありますが、『After the War』を置いて ground に埋めてしまった状態です。


▼ 水の中から見た巨大山脈




posted by at 2017-12-04 00:21 | Comment(0) | 壁紙 : イラストAC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月02日

イラストACの管理画面に、イラスト毎の前日ダウンロード項目が追加されたので、前日にダウンロードされたイラストのみをテーブルで表示するブックマークレットを作成しました。



▼ ブックマークレットはこちらから
イラストAC 用 : 前日ダウンロード数を一覧表示する為のブックマークレット : jQuery プラグイン使用

この手のアプリは『手書きブログ』でイヤと言うほど培って来たので得意です。すぐできました。いつもの通り、画面作成は document.write なので、Google Chrome にはデベロッパーツール内で少し文句いわれますが、動くのでオールスクリプトにする気は今のところ無いです。
The network request for this script MAY be blocked by the browser in this or a future page load due to poor network connectivity.
そもそも、イラストAC がページの HTML を変更してしまうとすぐさま動作しなくなるような儚いアプリですし、ユーザが居るかどうかも解らない自己満足アプリなんで、わざわざ直感的なメンテナンス性の低い作りにする必要も無いかなぁと。 まず呼び出し方法 window.open を使います。URL は about:blank にする事によって、白紙のページが表示され、そこは実行したページと同一ドメインになります。 すると、そこに書き出した内容は、純粋に元の画面の付属画面になるわけです。
javascript:var wnd=window.open('about:blank');wnd.document.write('<!DOCTYPE html><html><head><'+'script src=\'https://lightbox.sakura.ne.jp/ac.js\'></script></head><'+'body><'+'/body></html>')
もちろん、wnd.document を使えば動的に画面は作成できるんですが、いろいろ面倒なハードルもあるので、基本部分を documwnt.write しておいて、詳細の処理は別の script を読み出すようにするわけです。

詳細の処理 : ac.js
str="<meta charset='UTF-8'>";
str+="<"+"script src=\"https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.2.1/jquery.min.js\"></"+"script> ";
str+="<"+"script src=\"https://lightbox.sakura.ne.jp/homepage/if_skeleton/basic_06_columns/columns/js/jquery.columns.min.js\"></"+"script> ";
str+="<link rel=\"stylesheet\" href=\"https://lightbox.sakura.ne.jp/homepage/if_skeleton/basic_06_columns/columns/css/classic.css\"> ";
str+="<input id='page' type='button' value='\u5b9f\u884c' onclick='getOpenerData()'> \u4ef6\u6570 : <span id='ken' style='display:inline-block;width:40px;'></span> / \u524d\u65e5\u30c0\u30a6\u30f3\u30ed\u30fc\u30c9\u5408\u8a08 : <span id='sum' style='display:inline-block;width:40px;'></span> / <label for='toggle'>\u30b3\u30e1\u30f3\u30c8\u8868\u793a\u306e\u5207\u308a\u66ff\u3048</label> : <input type='checkbox' id='toggle' onclick='comment_toggle()'> / <label for='toggle2'>\u753b\u50cf\u8868\u793a\u5207\u308a\u66ff\u3048</label> : <input type='checkbox' id='toggle2' onclick='image_toggle()'> <div id='columns' style='margin-top:12px;'></div>";
document.write(str);

var sum = 0;
var ken = 0;
var toggle = 0;
var toggle2 = 1;

var target = [];

function getOpenerData() {

	if ( sum != 0 ) {
		$('#columns').columns('destroy');
	}

	opener.$(".illust_thumb_all").each(function(){
		var dl = parseInt(opener.$(this).find("li").eq(6).find("b").text());
		var dl2 = parseInt(opener.$(this).find("li").eq(5).find("b").text());


		if ( dl != 0 ) {

			sum+= dl;

			ken++;

			target.push( 
				{
					'count' : dl,
					'count2' : dl2,
					'title' : opener.$(this).find("li").eq(12).text().replace("\u25a0\u30bf\u30a4\u30c8\u30eb\uff1a",""),
					'cat' : opener.$(this).find("li").eq(14).text().replace("\u25a0\u30ab\u30c6\u30b4\u30ea\u30fc\u003a",""),
					'comment' : opener.$(this).find("li").eq(15).text().replace("\u25a0\u30b3\u30e1\u30f3\u30c8\uff1a",""),
					'publicurl' : opener.$(this).find("li").eq(10).find("a").prop("href"),
					'image' : opener.$(this).find("img").prop("src")
				}
			);

		}
	}); 


	$('#columns').columns({
		data:target, 
		schema: [
			{"header":"\u524d\u65e5", "key":"count" },
			{"header":"\u5408\u8a08", "key":"count2" },
			{"header":"\u30bf\u30a4\u30c8\u30eb", "key":"title", "template":"<a href=\"{{publicurl}}\" target=\"_blank\">{{title}}</a>"},
			{"header":"\u30ab\u30c6\u30b4\u30ea\u30fc", "key":"cat", "template":"{{cat}}"},
			{"header":"\u753b\u50cf", "key":"image", "template":"<img src='{{image}}' style='border:0'>"},
			{"header":"\u30b3\u30e1\u30f3\u30c8", "key":"comment", "template":"{{comment}}"},
			{"header":"", "key":"publicurl", "template":"{{publicurl}}"},

		],
		size: 200,showRows: [50,100,200],
		pageHandler: function(){
			this.create();
			customTable();
		},
		sortHandler: function() {
			this.page = 1;
			this.create();
			customTable();
		},
		searchHandler: function(event) { 
			if(this.liveSearch) {
				this.create();
			} else {
				if(event.keyCode == '13') {
					this.create();
				}
			}
			customTable();
		},
		sizeHandler: function() {
			this.create();
			customTable();
		}

	}); 

	$("#ken").text(ken);
	$("#sum").text(sum);

	$("table").find("tr").each( function(){ $(this).find("th").eq(6).hide() });
	$("table").find("tr").each( function(){ $(this).find("td").eq(6).hide() });

	customTable();

}

function customTable() {

	$("table").find("tr").each( function(){ $(this).find("th").eq(6).hide() });
	$("table").find("tr").each( function(){ $(this).find("td").eq(6).hide() });

	$("th").eq(2).css("width","320px");
	$("th").eq(5).css("width","200px");

	if ( toggle == 1 ) {
		$("table").find("tr").each( function(){ $(this).find("th").eq(5).hide() });
		$("table").find("tr").each( function(){ $(this).find("td").eq(5).hide() });
	}
	else {
		$("table").find("tr").each( function(){ $(this).find("th").eq(5).show() });
		$("table").find("tr").each( function(){ $(this).find("td").eq(5).show() });
	}

	if ( toggle2 == 1 ) {
		$("table").find("tr").each( function(){ $(this).find("th").eq(4).hide() });
		$("table").find("tr").each( function(){ $(this).find("td").eq(4).hide() });
	}
	else {
		$("table").find("tr").each( function(){ $(this).find("th").eq(4).show() });
		$("table").find("tr").each( function(){ $(this).find("td").eq(4).show() });
	}


}

function comment_toggle(){


	if ( toggle == 0 ) {
		toggle = 1;
		$("table").find("tr").each( function(){ $(this).find("th").eq(5).hide() });
		$("table").find("tr").each( function(){ $(this).find("td").eq(5).hide() });
	}
	else {
		toggle = 0;
		$("table").find("tr").each( function(){ $(this).find("th").eq(5).show() });
		$("table").find("tr").each( function(){ $(this).find("td").eq(5).show() });
	}


}
function image_toggle(){


	if ( toggle2 == 0 ) {
		toggle2 = 1;
		$("table").find("tr").each( function(){ $(this).find("th").eq(4).hide() });
		$("table").find("tr").each( function(){ $(this).find("td").eq(4).hide() });
	}
	else {
		toggle2 = 0;
		$("table").find("tr").each( function(){ $(this).find("th").eq(4).show() });
		$("table").find("tr").each( function(){ $(this).find("td").eq(4).show() });
	}

}

テーブル部分は jQuery のプラグインを使っているのでそこは簡単です。別にこのプラグインである必要は無いのですが、これに関しては自分自身で実績があって、長い間運用しているので『間違いなく動く』という理由で使っています。

追加画面は、やはり document.write を使っています。作成当初はこうしたほうが調整が簡単です。出来上がってもし、全てスクリプトに変更するにしても、こうして確かめて安定してからでいいですから。

画面上でリンクや表示・非表示のオプション付けたので複雑そうに見えますが、ただ表示するだけならとても簡単なコードになります。

それと、元々のページには jQuery があるのでそれを使って、データを取得しています。こちら側の処理は、こちらでも jQuery を組み込んで処理が簡単になるようにしています。

▼ 元ページの jQuery で 元ページの処理
opener.$(".illust_thumb_all").each(function(){});

という感じです。



posted by at 2017-12-02 18:55 | Comment(0) | イラストAC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DAZ3D のミスでディスカウント商品がフル請求されて、ジャパンネット銀行の Visa デビットに返金されるまでのお話

DAZ3D の WEBやアプリは正直言って過去あまり褒めたものでは無かったのが、常識と言うかみんな知ってるというか。でも、お金に関するトラブルは初めてで、ちょっとびっくりしてしまいました。

それは、時間の切れ目的に言えば、ディスカウントが始まった後です。もちろん、そういう表示が WEB にされているから購入したわけです。PayPal での確認時でもディスカウントされており、その点はいつも確認しています。(なんですが、PayPal は正直自信がなくなって『歳のせい..』きています : あれは、PayPal 側のシステムなので)

で、数日後、ジャパンネット銀行の残高見たら...
『なんだこの金額は!!』

となったわけです。

対象プロダクトは、以下です。

StarSlayer Outfit for Genesis 3 Female(s)
Melody 2.0
White Tiger for Melody2

▼ 下の二つで作ったイラスト


一番ディスカウント率の低い StarSlayer でも 50%オフだったので、とてもいい買い物と踏んで 2000円 ほどのはずが、5,211 円も引き落とされていたら、とてもショック。なんの為にディスカウントを選んでるのか、凄く悲しくなりました。

11/23 : 買い物した日
11/25 : 気が付いた日

11/25 : DAZ3D にクレームを入れる

Contact Us の 右下に here というリンクがあります。
https://helpdaz.zendesk.com/hc/en-us/requests/new

ここに、Order # と言う入力項目があるので、これだと思って、Google で翻訳して投稿しました。
It was counted by Shopping Cart and Paypal. However, the claim is not discounted

Melody 2.0 / -80% $14.95 $2.99
White Tiger for Melody2 / -80% $5.00 $1.00
StarSlayer Outfit for Genesis 3 Female(s) / -50% $24.95 $12.48
※ ディスカウントはまだその時続いてたので、実際の値引き状態を付加してます 11/27 6:22 => DAZ3D より返事
I have refunded the sale difference back to your PayPal account. Thank you for your patience.
--------------------------------------------
販売差額をPayPalアカウントに払い戻しました。 お待ちいただいてありがとうございます。
とまあ、一安心。し、しかし、PayPal はともかく、支払いは Visa デビットなんだけど... 11/27 6:36 => PayPal よりメール
DAZ Productions Inc様からお客さまに、一部返金$28.43 USDがありました。
この返金に関するご質問は、DAZ Productions Inc様にお問い合わせください。
返金先は、お客さまが支払い時に使用したカードになります。
そうです。Visa デビットですよ。通常 Visa デビットへの返金は、オーソリ云々で遅れる事が普通なんですが、どのくらい遅れるんだろうか。PayPal の経験は初めてなので、まず ジャパンネット銀行のヘルプ調べたら、『返金通知があり次第、遅くとも翌日営業日には返金します』とあったので、翌日まで待ったんだけど返金されない。 11/28 => いろいろ調べる なので、問い合わせ投稿無いか調べたら電話しかなかった。調べたのが夕方だったので、電話対応時間過ぎていたので、『LINEによる相談』とかあったので登録して聞いてみたら... AI が答えてリンクくれるだけだった。 なんじゃこりゃ。 11/29 9:23 => 【JNB】ご利用代金ご返金のお知らせ ▼ こんな記述があった
返品や取り消しなどに伴うご返金以外に、
以下のケースにおいてもご返金しております。
・ショップから最初に届く「取引情報」と後日届く「売上確定情報」の
 ご利用金額が異なる場合、金額の差額調整として、ご利用日以降にご返金が
 発生いたします。
・海外のショップをご利用になった場合、為替レートの影響で
 ご利用日以降にご返金が発生する場合があります。
・ショップから当社に売上確定の通知がないまま60日経過した場合や、
 当社側で取消処理をした場合ご返金が発生いたします。
この手の返金処理の内情はインターネット探してもまちまちで、実際問題としては『昔に比べて速くなった』というのが実感。楽天なんか、昔調べた時は最大2ヶ月とかあったり、ローソンでレジがミスした時は1ヶ月以上で、家具店では一週間ぐらいだった。 今回、インターネット取引である事や、PayPal が熟練しているせいなのか、DAZ3D が良かったのか解らないですが、日曜はさんで4日で返金されたと言う事です。 関連する記事 Visaデビットカード。といふもの
posted by at 2017-12-02 13:41 | Comment(0) | 生活 : お金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Visaデビットカード。といふもの

たぶん世間ではあまり実際を知られていないのでは無いかと思います。それもそのはず、そもそも、現時点で発行会社が3つしか無いのです。

※ 平成29年10月30日から、北海道銀行 : 道銀Visaデビットの利用が開始されました

※ 2017年12月現在、18の発行会社が存在します
( りそな・埼玉りそな・近畿大阪はグループ )
※ 2016年当時、13の発行会社
( りそな・埼玉りそな・近畿大阪はグループ )

Visaデビットカード

2010/9/13 当時 発行会社

楽天銀行:楽天銀行デビットカード
スルガ銀行:SURUGA Visaデビットカード
ジャパンネット銀行:JNBカードレスVisaデビット(ワンタイムデビット)

デビットカードとは

で、そもそも「他と何が違うかと言うと、全く一線を画していて」、クレジットカードが信用取引であるのに対して、Visaデビットカードは口座残高で取引されるというところが違います。つまり、ツケでは無く、銀行残高から即時決済なのです(多少の遅延の例外はあります)。

また、銀行残高があれば誰でも作れるというか、キャッシュカードの機能も持っています。

以下のような事が楽天ではオンラインでできます。
1) VISAデビットの利用停止・利用停止解除
2) 一日あたりのVISAデビット利用上限(1,000円〜100万円)の設定
3) ATMからの出金を停止
4) ATMから1日に預金を引き出せる金額(1000円〜300万円)を設定
自分は、性格上「クレジットカード」が性に合わないので、持っていませんが、昨今、インターネットでの決済に必要を感じつつ、自分のインターネットの取引銀行にあった願っても無い機能をずっと知らなかったのです。

いろいろ使えるかどうか調べましたが、Google ペイメント でも使えるようですし、PayPal では実際少額を使ってみましたもう、5年使っています

PayPal を使うと、カードの情報を入力するのも一度きりですし、楽天側で自由に制限できるので、自分のような疑い深いインターネット使いでも安心して利用できると思います。(特に海外のサイトの買い物に、安心して使えます)

ジャパンネット銀行は、キャッシュカードがそのままVisaデビットカードですが、カードレスVisaデビットを4枚作る事ができ、それぞれカード番号を自由にリセットできます。



これを利用すると、PayPal に対応していないサイトでも、カード番号が盗まれるという不安に対して、1回限りでリセットしてしまえば安心できると言う運用が可能です
楽天の年会費 楽天での年会費は、ゴールドと通常のがあって、ポイントのたまり方に差が出る程度です。通常のを利用しているので 1000円です。自分はボイント興味無いので(現在は、ポイントを重視して年会費なしで、1パーセントの還元率のJCBデビットカードに切り替えています) これで、好きな時にインターネットで買い物できる・・・ようにやっとなりました。性格に合った商品があって良かったです、マジで。 現在は、visa デビットカードをJCBデビットカードに切り替えて利用しています。JCBデビットカードは、還元率が1パーセントのポイントが付きます。またさらに、nanacoのカードとして登録(※ nanaco ではポイント対象外になったので、結局別のカードにしました)して税金や国民健康保険や国民年金を支払う事ができます。(Rポイントが1パーセント付きます) ※ 盗難保険は届出日より30日さかのぼって補償するそうです ※ 月会費:300円(税込)年払いの場合、3,000円(税込)/年 (▲これは、ゴールド。普通のは年1000円) 買い物の変更や取消時に注意すべき事 Visa デビットは、Visa のクレジットと同じシステムで運用されます。 本来は、「クレジットカード」は後払いの為、買った人とは関係無く、店舗はカード会社から代金を受け取ります。但し、店舗がすぐにカード会社( Visa ) へ請求するわけではありません。 クレジットカードの売上は、締め日が存在してその日までに売上票をカード会社に送って初めて売上処理が確定します。しかも、お金の引き落としはその処理で確定してから、カード会社が決めた期日でカードを使った人の口座から引き落とされます。 つまり、少なくとも売上票をカード会社に送る前ならば、書類上で簡単にキャンセルや変更が可能だという事です。その前提でシステムが作成されているところで「Visaデビット」を使って「キャンセル」や「変更」を行ってしまうと二重引き落としが発生します。 「Visaデビット」は、「即引き落とし」なので、処理が完了するとキャンセルを即時に行う事はできません。ですから、システム上「キャンセル」が可能でも、最初の処理は有効で銀行残高が引き落とされたままです。その上他の買い物をすると、さらにそれも引き落とされてしまいます。 買ったほうからすれば、最初のをやめて後のだけが必要なので後だけの請求だと思っていますが、「Visaデビット」ではそうはならずに、どちらも引き落とされます。 もちろん、最終的には「返金処理」がなされるのですが、買った時は即時なのですが、「返金処理」は一定のサイクルで行われる為、かなり遅れて返金される事になります 以下は、実際の楽天の店舗に書かれている注意事項のページです 【楽天市場】ARKnets [支払・配送方法] 店舗側ではクレーム処理がおそらくたいへんなので、「Visaデビット」を使わないようにうながしています。
posted by at 2017-12-02 12:56 | 生活 : お金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します


Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX