SQLの窓 イラストAC フリー素材

2016年11月30日

久しぶりに Twitter のアプリを追加しようとしたら、『電話番号登録しなさい』って言われたけど、Softbank のスマホに SMS 通知が来ない

こんなものは、Softbank 側の設定に決まってるので調べたら、

海外からの
電話番号メール
⇒受け取らない

となってるので、一時的に解除しました。なのに、それでも通知が来ないのでしばらく考えてたんですが・・・

『あ、そういやスマホ側で迷惑メールフォルダってあった』と思い、チェックしたら迷惑メールが800件以上たまっていて、Twitter からの通知も来てました。



電話番号が登録された後この画面になりますが、このまま放置です。右下にある、『詳細はこちら』をクリックすると以下へと移動しまます。

▼ こんなの必要? てな内容でした
TwitterのSMSコマンド

例)  "オン" とだけ入力して送信してください。許可したTwitter通知をすべてオンにします。

ソフトバンクのスマホ側設定説明

[SoftBankメール]迷惑メールフォルダの利用方法を教えてください。

それから、マイソフトバンクってこんなページでしたっけ?



My Y!mobile の画面の印象があったのですが、長い事使ってなかったので、何がどうなんだか。





posted by at 2016-11-30 20:59 | Comment(0) | Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

Seesaa ブログの簡単カスタマイズ : SimpleDホワイト(右サイドバー) を使用してごそごそと。

★ ブラウザは最大化
★ デスクトップ解像度は幅 1280px

▼ 最初の状態です



ここから、CSS を3箇所変更します。

1) #container の width を 1263px に変更
2) #content の width を 940px に変更
3) .blog に margin-left: 20px を追加

これをするだけで、1280px で最大化しているブラウザの中でいっぱいいっぱいにブログを使用できるようになります。この際、右サイドは 300px に初めから設定されているのでバナー等を表示するのに良いサイズとなっています。

▼ 一番広い状態です



1263px と 940px を同数減らせば、表示が中央よりになります。その際は margin-left: 20px は必要無い感じになるでしょう

1263px だと、情報をたくさん載せたい場合にはいいですが、文章が主体の場合はもう少し幅を狭くするといいと思います

▼ 少し調整した結果です


最大表示 


1) #container の width を 1100px に変更
2) #content の width を 777px に変更
3) .blog から margin-left: 20px を削除


テキストサイズの調整

初期状態ですと、フォントのサイズが少し小さいようです。フォントサイズはいろいろな場所で個別に設定できますが、ここではほぼ全ての要素の初期値的な reset という場所があったのでそこで変更しました。
/* reset */

div,
span,
iframe,
p,
blockquote,
cite,
h1,
h2,
h3,
h4,
h5,
h6,
img,
dl,
dt,
dd,
ol,
ul,
li,
form,
label,
article,
aside,
figcaption,
figure,
footer,
header,
nav,
section,
time,
mark,
input,
textarea {
  margin: 0;
  padding: 0;
  border: none;
  background: transparent;
  vertical-align: baseline;
  font-weight: normal;
  font-style: normal;
  font-size: 17px;
}

テキストの色の変更

元は濃い灰色だったので、黒に設定しました。場所は、.blog .text で、color: #000000; としました。


最大表示 

実際のブログへのリンク


既存のデザインをそのまま同様にコントロールしたい場合

古いタイプのデザインですと、なかなか調整が難しいかもしれないので、現在のデザインがやっている大元の設定を一つ DIV で囲んでそこに指定します。

1) コンテナ(id=container)全体を div で囲んで、以下の CSS を設定する
    position: relative;
    margin: auto;
    width: 1263px;
コンテナの終わりは、<!-- マーク --> で予想される </div> の直前に書いておいて、Google Chrome のデベロッパーツールの Elements で開いて確認する。デベロッパーツール では、階層構造になっているので確実に特定できます。

ディスプレイの解像度は 1280px と言う前提で、1263px と言うのは、ブラウザを最大化してスクロールバーの横幅を差し引いた大きさです。

margin が auto なのは、ブラウザ内の表示を縮小したり、より大きい解像度で表示された場合に中央にコンテンツを表示する為です。

SimpleDホワイト(右サイドバー) では、#container に以下のような設定がされており、幅以外(幅は今回設定したものです)はだいたいにおいて同じ結果をもたらしています。
#container {
    width: 1100px;
    position: relative;
    height: auto !important;
    min-height: 100%;
    display: block;
    margin-left: auto;
    margin-right: auto;
}



posted by at 2016-11-29 13:46 | Comment(0) | Seesaa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

【VBS + Excel】シンプルな詳細設計書のフォーマット。1) Excel のダウンロード、2) VBScript で作成するサンプル

▼ B4 基本設計書セット


これは、Excle(2010) ブックをダウンロードします。
( ※ プログラム一覧、概要書、テーブル一覧、テーブル設計、画面設計、入力設計、出力設計 )

PDF サンプル 


▼ スクリプトによる詳細設計書作成

Microsoft Excel がインストールされている必要があります

Excel 2007 以降の場合、.xls で保存する形式として 97-2003 として保存するようにしています。VBScript のライブラリはWEB上にあり、それらを参照して実行しています

実行すると、ドキュメントフォルダに作成されます
作成されるのは、非常にシンプルな4種類の設計書フォーマットです。
1) 概要書
 処理を中心とした入出力をオートシェイプの
 フローチャートで示し、概要を記述して正確
 な入出力エントリ列挙します
2) 画面設計書
 最近では画面の画像をはりつける事がほとん
 どです
3) 入力設計書
 入力チェックを中心とした GUI の操作手順を
 ベースとしてアプリケーションの定義をして
 いきます。入力フィールドの属性も通常示さ
 れます
4) 出力設計書
 更新処理はここで記述されます。最近では、
 DBテーブルの更新仕様と考えて良いでしょう。
 但し例外として、印刷処理のフォーマット指示
 である事もあります
作成するのは、詳細設計書書式なのですが、もし、VBScript を書く事ができるのであれば、Excel にアクセスしている部分は WEB 上のライブラリですが、常に Hosting しているので利用していただいて結構です。

ライブラリそのものは、テキストとして Hosting しているので、都合上 UTF-8 で書かれています。以下からダウンロード可能です。

baseFunction.vbs
excelFunction.vbs

※ 以下は仕様を書き込んだ作成イメージです

<JOB>
<COMMENT>
************************************************************
 WSH 実行スケルトン
************************************************************
</COMMENT>

<COMMENT>
************************************************************
 外部スクリプト定義
************************************************************
</COMMENT>
<SCRIPT
	language="VBScript"
	src="http://lightbox.in.coocan.jp/laylaClass.vbs">
</SCRIPT>

<SCRIPT language=VBScript>
' ***********************************************************
' 処理開始
' ***********************************************************
Call laylaFunctionTarget( "http://lightbox.in.coocan.jp/" )
Call laylaLoadFunction( "baseFunction.vbs" )
Call laylaLoadFunction( "excelFunction.vbs" )

Crun

str = InputBox( MyDocDir & " に作成されるExcelブック名を指定します",, _
	"簡易詳細設計書フォーマット" )
if str = "" then
	Wscript.Quit
end if

strTarget = MyDocDir & "\" & str & ".xls"

Set MyBook = CreateBook( strTarget )
' Call ExcelVisible( True )

' ******************************************************
' 画面設計書フォーマット作成
' ******************************************************
strSheetName = "画面設計書"
Wscript.Echo strSheetName & " を作成しています"

Call AddSheetTop(MyBook, strSheetName)
Call ExcelSelectSheet(MyBook, strSheetName)
on error resume next
Call DeleteSheet( MyBook, "Sheet1" )
Call DeleteSheet( MyBook, "Sheet2" )
Call DeleteSheet( MyBook, "Sheet3" )
on error goto 0

Call Format_Page(MyBook)

Call ExcelSize_Disp(MyBook, strSheetName)
Call ExcelLine_Disp(MyBook, strSheetName)
Call ExcelSetText_Disp(MyBook, strSheetName)

' ******************************************************
' 概要書
' ******************************************************
strSheetName = "概要書"
Wscript.Echo strSheetName & " を作成しています"

Call AddSheetTop(MyBook, strSheetName)
Call ExcelSelectSheet(MyBook, strSheetName)
Call Format_Page(MyBook)
Call ExcelSize_Plan(MyBook, strSheetName)
Call ExcelLine_Plan(MyBook, strSheetName)
Call ExcelSetText_Plan(MyBook, strSheetName)

' ******************************************************
' 入力設計書
' ******************************************************
strSheetName = "入力設計書"
Wscript.Echo strSheetName & " を作成しています"

Call AddSheetLast(MyBook, strSheetName)
Call ExcelSelectSheet(MyBook, strSheetName)
Call Format_Page(MyBook)
Call ExcelSize_Plan(MyBook, strSheetName)
Call ExcelLine_Plan(MyBook, strSheetName)
Call ExcelSetText_Plan(MyBook, strSheetName)

' ******************************************************
' 出力設計書
' ******************************************************
strSheetName = "出力設計書"
Wscript.Echo strSheetName & " を作成しています"

Call AddSheetLast(MyBook, strSheetName)
Call ExcelSelectSheet(MyBook, strSheetName)
Call Format_Page(MyBook)
Call ExcelSize_Plan(MyBook, strSheetName)
Call ExcelLine_Plan(MyBook, strSheetName)
Call ExcelSetText_Plan(MyBook, strSheetName)


' ******************************************************
' 終了処理
' ******************************************************
Call ExcelSave( MyBook )
Call ExcelQuit( MyBook )
Call ExcelLoad( Dd(strTarget) )

' ******************************************************
' セルサイズの設定
' ******************************************************
Function ExcelSize_Disp(MyBook, Target)

	'セルの高さ合わせ
	Call ExcelSetRowHeight(MyBook, Target, 1, 13.50)
	Call ExcelSetRowHeight(MyBook, Target, 2, 24.50)
	Call ExcelSetRowHeight(MyBook, Target, 3, 13.50)
	Call ExcelSetRowHeight(MyBook, Target, 4, 24.50)

	For i = 5 To 25
		Call ExcelSetRowHeight(MyBook, Target, i, 24.75)
	Next

	For i = 26 To 38
		Call ExcelSetRowHeight(MyBook, Target, i, 19.00)
	Next

	'セルの幅合わせ
	Call ExcelSetColumnWidth(MyBook, Target, 1, 3.50)
	Call ExcelSetColumnWidth(MyBook, Target, 2, 22.38)
	Call ExcelSetColumnWidth(MyBook, Target, 3, 7.50)
	Call ExcelSetColumnWidth(MyBook, Target, 4, 6.00)
	Call ExcelSetColumnWidth(MyBook, Target, 5, 6.00)
	Call ExcelSetColumnWidth(MyBook, Target, 6, 11.50)
	Call ExcelSetColumnWidth(MyBook, Target, 7, 25.00)
	Call ExcelSetColumnWidth(MyBook, Target, 8, 12.00)

End Function

' ******************************************************
' 罫線の設定
' ******************************************************
Function ExcelLine_Disp(MyBook, Target)

	' BOX罫線
	Call ExcelRange(MyBook, Target, 1, 1, 8, 38 )
	Call ExcelBox(xlContinuous, xlMedium)

	' 上罫線
	Call ExcelRange(MyBook, Target, 1, 2, 8, 2 )
	Call ExcelLine(xlDot, xlThin)

	Call ExcelRange(MyBook, Target, 1, 3, 8, 3 )
	Call ExcelLine(xlContinuous, xlThin)

	Call ExcelRange(MyBook, Target, 1, 4, 8, 4 )
	Call ExcelLine(xlDot, xlThin)

	Call ExcelRange(MyBook, Target, 1, 5, 8, 5 )
	Call ExcelLine(xlContinuous, xlMedium)

	Call ExcelRange(MyBook, Target, 1, 26, 8, 26 )
	Call ExcelLine(xlContinuous, xlMedium)

	for i = 27 to 38
		Call ExcelRange(MyBook, Target, 1, i, 8, i )
		Call ExcelLine(xlDot, xlThin)
	Next

	' 右罫線
	Call ExcelRange(MyBook, Target, 2, 1, 2, 4 )
	Call ExcelLineRight(xlContinuous, xlThin)

	Call ExcelRange(MyBook, Target, 6, 1, 6, 4 )
	Call ExcelLineRight(xlContinuous, xlThin)

	Call ExcelRange(MyBook, Target, 7, 1, 7, 4 )
	Call ExcelLineRight(xlContinuous, xlThin)

End Function

' ******************************************************
' セルのテキストの設定
' ******************************************************
Function ExcelSetText_Disp(MyBook, Target)

	Call ExcelRange(MyBook, Target, 1, 1, 7, 49 )
	Call ExcelVAlign()

	' 1行目
	Call ExcelSetCell(MyBook, Target, 1, 1, " システム名")
	Call ExcelSetCell(MyBook, Target, 3, 1, " サブシステム名")
	Call ExcelSetCell(MyBook, Target, 7, 1, " プログラムID")
	Call ExcelSetCell(MyBook, Target, 8, 1, "ページ")
	Call ExcelRange(MyBook, Target, 8, 1, 8, 1 )
	Call ExcelHAlign()

	' 2行目
	Call ExcelSetCell(MyBook, Target, 8, 2, "/")
	Call ExcelRange(MyBook, Target, 8, 2, 8, 2 )
	Call ExcelHAlign()

	' 3行目
	Call ExcelSetCell(MyBook, Target, 1, 3, " 画面ID")
	Call ExcelSetCell(MyBook, Target, 3, 3, " 画面名")

	Call ExcelSetCell(MyBook, Target, 7, 3, "作成日")
	Call ExcelRange(MyBook, Target, 7, 3, 7, 3 )
	Call ExcelHAlign()

	Call ExcelSetCell(MyBook, Target, 8, 3, "作成者")
	Call ExcelRange(MyBook, Target, 8, 3, 8, 3 )
	Call ExcelHAlign()

	' 4行目
	Call ExcelRange(MyBook, Target, 7, 4, 7, 4 )
	Call ExcelHAlign()

	Call ExcelRange(MyBook, Target, 8, 4, 8, 4 )
	Call ExcelHAlign()

End Function

' ******************************************************
' セルサイズの設定
' ******************************************************
Function ExcelSize_Plan(MyBook, Target)

	if Target = "概要書" then

		'セルの高さ合わせ
		Call ExcelSetRowHeight(MyBook, Target, 1, 13.50)
		Call ExcelSetRowHeight(MyBook, Target, 2, 24.50)
		Call ExcelSetRowHeight(MyBook, Target, 3, 13.50)
		Call ExcelSetRowHeight(MyBook, Target, 4, 24.50)
		Call ExcelSetRowHeight(MyBook, Target, 5, 24.50)
		Call ExcelSetRowHeight(MyBook, Target, 34, 20.25)

		For i = 6 To 49
			if 6 <= i AND i <= 33then
				Call ExcelSetRowHeight(MyBook, Target, i, 13.50)
			elseif 35 <=  i AND i  <= 44 then
				Call ExcelSetRowHeight(MyBook, Target, i, 24.50)
			elseif 45 <=  i AND i  <= 49 then
				Call ExcelSetRowHeight(MyBook, Target, i, 18.50)
			end if
		Next

		'セルの幅合わせ
		Call ExcelSetColumnWidth(MyBook, Target, 1, 3.50)
		Call ExcelSetColumnWidth(MyBook, Target, 2, 22.38)
		Call ExcelSetColumnWidth(MyBook, Target, 3, 12.38)
		Call ExcelSetColumnWidth(MyBook, Target, 4, 8.25)
		Call ExcelSetColumnWidth(MyBook, Target, 5, 11.50)
		Call ExcelSetColumnWidth(MyBook, Target, 6, 25.00)
		Call ExcelSetColumnWidth(MyBook, Target, 7, 12.00)

	elseif Target = "入力設計書" then

		'セルの高さ合わせ
		Call ExcelSetRowHeight(MyBook, Target, 1, 13.50)
		Call ExcelSetRowHeight(MyBook, Target, 2, 24.50)
		Call ExcelSetRowHeight(MyBook, Target, 3, 13.50)
		Call ExcelSetRowHeight(MyBook, Target, 4, 24.50)
		Call ExcelSetRowHeight(MyBook, Target, 5, 20.25)

		For i = 6 To 38
			if 6 <= i AND i <= 25then
				Call ExcelSetRowHeight(MyBook, Target, i, 24.75)
			elseif 26 <=  i AND i  <= 38 then
				Call ExcelSetRowHeight(MyBook, Target, i, 19.00)
			end if
		Next

		'セルの幅合わせ
		Call ExcelSetColumnWidth(MyBook, Target, 1, 3.50)
		Call ExcelSetColumnWidth(MyBook, Target, 2, 22.38)
		Call ExcelSetColumnWidth(MyBook, Target, 3, 7.50)
		Call ExcelSetColumnWidth(MyBook, Target, 4, 6.00)
		Call ExcelSetColumnWidth(MyBook, Target, 5, 6.00)
		Call ExcelSetColumnWidth(MyBook, Target, 6, 11.50)
		Call ExcelSetColumnWidth(MyBook, Target, 7, 25.00)
		Call ExcelSetColumnWidth(MyBook, Target, 8, 12.00)

	elseif Target = "出力設計書" then

		'セルの高さ合わせ
		Call ExcelSetRowHeight(MyBook, Target, 1, 13.50)
		Call ExcelSetRowHeight(MyBook, Target, 2, 24.50)
		Call ExcelSetRowHeight(MyBook, Target, 3, 13.50)
		Call ExcelSetRowHeight(MyBook, Target, 4, 24.50)
		Call ExcelSetRowHeight(MyBook, Target, 5, 20.25)

		For i = 6 To 38
			if 6 <= i AND i <= 25then
				Call ExcelSetRowHeight(MyBook, Target, i, 24.75)
			elseif 26 <=  i AND i  <= 38 then
				Call ExcelSetRowHeight(MyBook, Target, i, 19.00)
			end if
		Next

		'セルの幅合わせ
		Call ExcelSetColumnWidth(MyBook, Target, 1, 3.50)
		Call ExcelSetColumnWidth(MyBook, Target, 2, 22.38)
		Call ExcelSetColumnWidth(MyBook, Target, 3, 7.50)
		Call ExcelSetColumnWidth(MyBook, Target, 4, 6.00)
		Call ExcelSetColumnWidth(MyBook, Target, 5, 6.00)
		Call ExcelSetColumnWidth(MyBook, Target, 6, 11.50)
		Call ExcelSetColumnWidth(MyBook, Target, 7, 25.00)
		Call ExcelSetColumnWidth(MyBook, Target, 8, 12.00)

	end if

End Function

' ******************************************************
' 罫線の設定
' ******************************************************
Function ExcelLine_Plan(MyBook, Target)

	if Target = "概要書" then
		' BOX罫線
		Call ExcelRange(MyBook, Target, 1, 1, 7, 49 )
		Call ExcelBox(xlContinuous, xlMedium)

		' 上罫線
		Call ExcelRange(MyBook, Target, 1, 2, 7, 2 )
		Call ExcelLine(xlDot, xlThin)

		Call ExcelRange(MyBook, Target, 1, 3, 7, 3 )
		Call ExcelLine(xlContinuous, xlThin)

		Call ExcelRange(MyBook, Target, 1, 4, 7, 4 )
		Call ExcelLine(xlDot, xlThin)

		Call ExcelRange(MyBook, Target, 1, 5, 7, 5 )
		Call ExcelLine(xlContinuous, xlThin)

		Call ExcelRange(MyBook, Target, 5, 6, 7, 6 )
		Call ExcelLine(xlContinuous, xlThin)

		Call ExcelRange(MyBook, Target, 1, 34, 7, 34 )
		Call ExcelLine(xlContinuous, xlMedium)

		Call ExcelRange(MyBook, Target, 1, 35, 7, 35 )
		Call ExcelLine(xlContinuous, xlMedium)

		for i = 36 to 44
			' 線種→点線, 太さ→標準
			Call ExcelRange(MyBook, Target, 1, i, 7, i )
			Call ExcelLine(xlDot, xlThin)
		Next

		Call ExcelRange(MyBook, Target, 1, 45, 7, 45 )
		Call ExcelLine(xlContinuous, xlMedium)

		for i = 46 to 49
			' 線種→点線, 太さ→標準
			Call ExcelRange(MyBook, Target, 1, i, 7, i )
			Call ExcelLine(xlDot, xlThin)
		Next

		' 右罫線
		Call ExcelRange(MyBook, Target, 1, 35, 1, 44 )
		Call ExcelLineRight(xlDot, xlThin)

		Call ExcelRange(MyBook, Target, 4, 3, 4, 33 )
		Call ExcelLineRight(xlContinuous, xlThin)

		Call ExcelRange(MyBook, Target, 5, 1, 5, 4 )
		Call ExcelLineRight(xlContinuous, xlThin)

		Call ExcelRange(MyBook, Target, 6, 1, 6, 4 )
		Call ExcelLineRight(xlContinuous, xlThin)

		Call ExcelRange(MyBook, Target, 2, 34, 2, 44 )
		Call ExcelLineRight(xlContinuous, xlThin)

		Call ExcelRange(MyBook, Target, 3, 34, 3, 44 )
		Call ExcelLineRight(xlContinuous, xlThin)

	elseif Target = "入力設計書" then

		' BOX罫線
		Call ExcelRange(MyBook, Target, 1, 1, 8, 38 )
		Call ExcelBox(xlContinuous, xlMedium)

		' 上罫線
		Call ExcelRange(MyBook, Target, 1, 2, 8, 2 )
		Call ExcelLine(xlDot, xlThin)

		Call ExcelRange(MyBook, Target, 1, 3, 8, 3 )
		Call ExcelLine(xlContinuous, xlThin)

		Call ExcelRange(MyBook, Target, 1, 4, 8, 4 )
		Call ExcelLine(xlDot, xlThin)

		Call ExcelRange(MyBook, Target, 1, 5, 8, 5 )
		Call ExcelLine(xlContinuous, xlMedium)

		Call ExcelRange(MyBook, Target, 1, 6, 8, 6 )
		Call ExcelLine(xlContinuous, xlMedium)

		for i = 7 to 25
			Call ExcelRange(MyBook, Target, 1, i, 8, i )
			Call ExcelLine(xlDot, xlThin)
		Next

		Call ExcelRange(MyBook, Target, 1, 26, 8, 26 )
		Call ExcelLine(xlContinuous, xlMedium)

		for i = 27 to 38
			Call ExcelRange(MyBook, Target, 1, i, 8, i )
			Call ExcelLine(xlDot, xlThin)
		Next

		' 右罫線
		Call ExcelRange(MyBook, Target, 1, 6, 1, 25 )
		Call ExcelLineRight(xlDot, xlThin)

		Call ExcelRange(MyBook, Target, 2, 1, 2, 2 )
		Call ExcelLineRight(1, 2)

		Call ExcelRange(MyBook, Target, 2, 5, 2, 25 )
		Call ExcelLineRight(1, 2)

		Call ExcelRange(MyBook, Target, 3, 5, 3, 25 )
		Call ExcelLineRight(1, 2)

		Call ExcelRange(MyBook, Target, 4, 5, 4, 25 )
		Call ExcelLineRight(1, 2)

		Call ExcelRange(MyBook, Target, 5, 3, 5, 25 )
		Call ExcelLineRight(1, 2)

		Call ExcelRange(MyBook, Target, 6, 1, 6, 25 )
		Call ExcelLineRight(1, 2)

		Call ExcelRange(MyBook, Target, 7, 1, 7, 4 )
		Call ExcelLineRight(1, 2)

	elseif Target = "出力設計書" then

		' BOX罫線
		Call ExcelRange(MyBook, Target, 1, 1, 8, 38 )
		Call ExcelBox(xlContinuous, xlMedium)

		' 上罫線
		Call ExcelRange(MyBook, Target, 1, 2, 8, 2 )
		Call ExcelLine(xlDot, xlThin)

		Call ExcelRange(MyBook, Target, 1, 3, 8, 3 )
		Call ExcelLine(xlContinuous, xlThin)

		Call ExcelRange(MyBook, Target, 1, 4, 8, 4 )
		Call ExcelLine(xlDot, xlThin)

		Call ExcelRange(MyBook, Target, 1, 5, 8, 5 )
		Call ExcelLine(xlContinuous, xlMedium)

		Call ExcelRange(MyBook, Target, 1, 6, 8, 6 )
		Call ExcelLine(xlContinuous, xlMedium)

		for i = 7 to 25
			Call ExcelRange(MyBook, Target, 1, i, 8, i )
			Call ExcelLine(xlDot, xlThin)
		Next

		Call ExcelRange(MyBook, Target, 1, 26, 8, 26 )
		Call ExcelLine(xlContinuous, xlMedium)

		for i = 27 to 38
			Call ExcelRange(MyBook, Target, 1, i, 8, i )
			Call ExcelLine(xlDot, xlThin)
		Next

		' 右罫線
		Call ExcelRange(MyBook, Target, 1, 6, 1, 25 )
		Call ExcelLineRight(xlDot, xlThin)

		Call ExcelRange(MyBook, Target, 2, 1, 2, 2 )
		Call ExcelLineRight(xlContinuous, xlThin)

		Call ExcelRange(MyBook, Target, 2, 5, 2, 25 )
		Call ExcelLineRight(xlContinuous, xlThin)

		Call ExcelRange(MyBook, Target, 5, 3, 5, 4 )
		Call ExcelLineRight(xlContinuous, xlThin)

		Call ExcelRange(MyBook, Target, 6, 1, 6, 4 )
		Call ExcelLineRight(xlContinuous, xlThin)

		Call ExcelRange(MyBook, Target, 7, 1, 7, 25 )
		Call ExcelLineRight(xlContinuous, xlThin)
	end if

End Function

' ******************************************************
' セルのテキストの設定
' ******************************************************
Function ExcelSetText_Plan(MyBook, Target)

	if Target = "概要書" then

		Call ExcelRange(MyBook, Target, 1, 1, 7, 49 )
		Call ExcelVAlign()

		Call ExcelSetCell(MyBook, Target, 1, 1, " システム名")
		Call ExcelSetCell(MyBook, Target, 3, 1, " サブシステム名")
		Call ExcelSetCell(MyBook, Target, 6, 1, " プログラムID")
		Call ExcelSetCell(MyBook, Target, 1, 3, " プログラム名")
		Call ExcelSetCell(MyBook, Target, 1, 34, " テーブル名")

		Call ExcelSetCell(MyBook, Target, 7, 1, "ページ")
		Call ExcelRange(MyBook, Target, 7, 1, 7, 1 )
		Call ExcelHAlign()

		Call ExcelSetCell(MyBook, Target, 7, 2, "/")
		Call ExcelRange(MyBook, Target, 7, 2, 7, 2 )
		Call ExcelHAlign()

		Call ExcelSetCell(MyBook, Target, 5, 3, "種別")
		Call ExcelRange(MyBook, Target, 5, 3, 5, 3 )
		Call ExcelHAlign()

		Call ExcelSetCell(MyBook, Target, 6, 3, "作成日")
		Call ExcelRange(MyBook, Target, 6, 3, 6, 3 )
		Call ExcelHAlign()

		Call ExcelSetCell(MyBook, Target, 7, 3, "作成者")
		Call ExcelRange(MyBook, Target, 7, 3, 7, 3 )
		Call ExcelHAlign()

		Call ExcelSetCell(MyBook, Target, 5, 5, "処理概要")
		Call ExcelRange(MyBook, Target, 5, 5, 7, 5 )
		Call ExcelHAlign()

		Call ExcelSetCell(MyBook, Target, 3, 34, "入出力")
		Call ExcelRange(MyBook, Target, 3, 34, 3, 34 )
		Call ExcelHAlign()

		Call ExcelSetCell(MyBook, Target, 4, 34, "備考")
		Call ExcelRange(MyBook, Target, 4, 34, 7, 34 )
		Call ExcelHAlign()

		for i = 35 to 44
			Call ExcelSetCell(MyBook, Target, 1, i, i - 34)
			Call ExcelRange(MyBook, Target, 1, i, 1, i )

			' 配置
			Call ExcelHAlign()
			' 書式設定
			Call ExcelSetFont("太字", 12)
		next

	elseif Target = "入力設計書" then

		Call ExcelRange(MyBook, Target, 1, 1, 8, 38 )
		Call ExcelVAlign()

		Call ExcelSetCell(MyBook, Target, 1, 1, " システム名")

		Call ExcelSetCell(MyBook, Target, 3, 1, " サブシステム名")

		Call ExcelSetCell(MyBook, Target, 7, 1, " プログラムID")

		Call ExcelSetCell(MyBook, Target, 8, 1, "ページ")
		Call ExcelRange(MyBook, Target, 8, 1, 8, 1 )
		Call ExcelHAlign()

		Call ExcelSetCell(MyBook, Target, 8, 2, "/")
		Call ExcelRange(MyBook, Target, 8, 2, 8, 2 )
		Call ExcelHAlign()

		Call ExcelSetCell(MyBook, Target, 1, 3, " プログラム名")

		Call ExcelSetCell(MyBook, Target, 6, 3, "種別")
		Call ExcelRange(MyBook, Target, 6, 3, 6, 4 )
		Call ExcelHAlign()

		Call ExcelSetCell(MyBook, Target, 7, 3, "作成日")
		Call ExcelRange(MyBook, Target, 7, 3, 7, 4 )
		Call ExcelHAlign()

		Call ExcelSetCell(MyBook, Target, 8, 3, "作成者")
		Call ExcelRange(MyBook, Target, 8, 3, 8, 4 )
		Call ExcelHAlign()

		Call ExcelSetCell(MyBook, Target, 1, 5, " 項目名")

		Call ExcelSetCell(MyBook, Target, 3, 5, "型式")
		Call ExcelRange(MyBook, Target, 3, 5, 3, 5 )
		Call ExcelHAlign()

		Call ExcelSetCell(MyBook, Target, 4, 5, "桁数")
		Call ExcelRange(MyBook, Target, 4, 5, 4, 5 )
		Call ExcelHAlign()

		Call ExcelSetCell(MyBook, Target, 5, 5, "I/O")
		Call ExcelRange(MyBook, Target, 5, 5, 5, 5 )
		Call ExcelHAlign()

		Call ExcelSetCell(MyBook, Target, 6, 5, "種別")
		Call ExcelRange(MyBook, Target, 6, 5, 6, 5 )
		Call ExcelHAlign()

		For i = 6 to 25
			Call ExcelSetCell(MyBook, Target, 1, i, i - 5 )
			Call ExcelRange(MyBook, Target, 1, i, 1, i )
			Call ExcelHAlign()
		Next

	elseif Target = "出力設計書" then

		Call ExcelRange(MyBook, Target, 1, 1, 8, 38 )
		Call ExcelVAlign()

		Call ExcelSetCell(MyBook, Target, 1, 1, " システム名")

		Call ExcelSetCell(MyBook, Target, 3, 1, " サブシステム名")

		Call ExcelSetCell(MyBook, Target, 7, 1, " プログラムID")

		Call ExcelSetCell(MyBook, Target, 8, 1, "ページ")
		Call ExcelRange(MyBook, Target, 8, 1, 8, 1 )
		Call ExcelHAlign()

		Call ExcelSetCell(MyBook, Target, 8, 2, "/")
		Call ExcelRange(MyBook, Target, 8, 2, 8, 2 )
		Call ExcelHAlign()

		Call ExcelSetCell(MyBook, Target, 1, 3, " プログラム名")

		Call ExcelSetCell(MyBook, Target, 6, 3, "種別")
		Call ExcelRange(MyBook, Target, 6, 3, 6, 4 )
		Call ExcelHAlign()

		Call ExcelSetCell(MyBook, Target, 7, 3, "作成日")
		Call ExcelRange(MyBook, Target, 7, 3, 7, 4 )
		Call ExcelHAlign()

		Call ExcelSetCell(MyBook, Target, 8, 3, "作成者")
		Call ExcelRange(MyBook, Target, 8, 3, 8, 4 )
		Call ExcelHAlign()

		Call ExcelSetCell(MyBook, Target, 1, 5, " 列名")

		Call ExcelSetCell(MyBook, Target, 3, 5, " 更新説明")

		Call ExcelSetCell(MyBook, Target, 8, 5, "対象")
		Call ExcelRange(MyBook, Target, 8, 5, 8, 5 )
		Call ExcelHAlign()

		For i = 6 to 25
			Call ExcelSetCell(MyBook, Target, 1, i, i - 5 )
			Call ExcelRange(MyBook, Target, 1, i, 1, i )
			Call ExcelHAlign()
		Next

	end if

End Function

' ******************************************************
' ヘッダー,余白の指定
' ******************************************************
Function Format_Page(MyBook)

	on error resume next
	With MyBook.ActiveSheet.PageSetup
		.CenterHeader = "&18&A"
		.LeftMargin = ExcelApp.InchesToPoints(0.393700787401575)
		.RightMargin = ExcelApp.InchesToPoints(0.196850393700787)
		.TopMargin = ExcelApp.InchesToPoints(0.551181102362205)
		.BottomMargin = ExcelApp.InchesToPoints(0.393700787401575)
		.HeaderMargin = ExcelApp.InchesToPoints(0.196850393700787)
		.FooterMargin = ExcelApp.InchesToPoints(0.196850393700787)
	End With
	on error goto 0

End Function
</SCRIPT>
</JOB>




posted by at 2016-11-27 18:03 | VBScript | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

jQuery で ページ内の画像のリンク切れを探してテーブルに URL を表示する

元々は、ブラウザ側で画像の存在チェックをして、存在したものだけを表示するという処理を考えてる時に最初に思いついた内容なんですが、画像をロードする時間があるので、全ての画像を表示し終わってから非表示にするというのは、かなり無理があったわけです。



画像ファイルが存在した時のみ、表示する jQuery の記述

なので、ロード後のページのチェックならば妥当性があると思い、以下のようなコードを作成しました。
<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.1.1/jquery.min.js"></script>
<script>
var img = [
"https://lightbox.sakura.ne.jp/toolbox/image/__.png", 
"https://lightbox.sakura.ne.jp/toolbox/image/script.png", 
"https://lightbox.sakura.ne.jp/toolbox/image/jquery.png", 
"https://lightbox.sakura.ne.jp/toolbox/image/__.png", 
];
$(function(){

	// ページ内の画像のリンク切れを探す
	$("#action").on( "click", function(){

		// 全ての画像
		$("img").each(function(){
			// ロードイベントが起きておらず、値が 0 のようです。
			// ※ 正常な画像もロード前は 0 です
			if( $(this).get(0).naturalWidth == 0 ) {

				// 動的テーブルコンテンツ作成
				var table = $("#result");
				// 行
				var row = $("<tr></tr>").appendTo( table );
				// 列
				var column = $("<td></td>").appendTo( row );
				// URL
				column.text($(this).attr("src"));
			}
		});
	});

	// 動的テーブルコンテンツ作成
	var table = $("#target");
	for( i = 0; i < img.length; i++ ){
		// 行
		var row = $("<tr></tr>").appendTo( table );
		// 列
		var column = $("<td></td>").appendTo( row );
		// 画像
		var iamge = $("<img>").appendTo( column );
		// URL
		iamge.attr("src", img[i] );
	}

});
</script>

<table id="target">
</table>
<input id="action" type="button" value="action">
<table id="result">
</table>



要するに、naturalWidth のメモ書きなんですが、それだけじゃショぼいので、一応でっかい画像を使って直後にチェックしたのでは間に合わないという事を試したわけです( naturalWidth は 0 でした )

テーブルを動的に作るサンプルコードでもありますし、ホント jQuery って便利ですわ。


▼ 実際にやってみる

ま、結局ブックマークレットにしないと意味無いので年末までには作成しよう。



タグ:jquery
posted by at 2016-11-23 18:11 | Comment(0) | jQuery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

メールアドレスの流出を確認して、流出したものを金銭が関係するサイトで使ってないか確認しましょう

▼ 日本語記事
自分のメールアドレスが流出していないか確かめる方法

▼ サイト
「Have I Been Pwned?」

メールアドレスを入力するだけです。流出していると以下のようになります。



Adobe と Tumblr が出ましたが、どちらも金銭とは関係ありません。自分は そもそもそういうサイトでは『このパスワード』という弱めのパスワードを設定するという運用をしています。

ここが重要です。

Adobe や Tumblr が流出したって関係ねーや、では無く、そのパスワードを他の重要なサイトで使ってたらとてもまずい・・・という事です。

このサイトが言うトップテンはこんな感じ



パスワードは生では無いけど、しょぼいとの事

▼ Adobe
the password cryptography was poorly done and many were quickly resolved back to plain text

▼ Tumblr
passwords stored as salted SHA1 hashes
Adobe では、poorly って言われてて、簡単にテキストに戻ってるよーーー。って言われてる。Tumblr は、SHA1 だそうで、今時 SHA1 ???? ってな感じです。当然短いパスワードはテキストに戻ってるという事です。 ※ Tumblr は変えました(二つ目に弱いパスワードを設定してましたので、新たに専用を作成)。Adobe 使ってないし、というか覚えてない。なので、Adobe は超弱いパスワードのはず。 何も無いとこんな感じ
posted by at 2016-11-22 12:42 | Comment(0) | WEBサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DAZ3D : Giselle 4姉妹 / Growing Up for Genesis2 Female(s) and V6

最大表示 fast-grab で $5.39 です。使ってみると思った以上に良くできており、アスリート Giselle に3人の妹が出来上がりました。
これは、キャラクタのバリエーションの創出には便利そうです。Genesis2 で作ったキャラクタはかなり量があるので、お正月はたくさん試してみたいもんです。
最大表示
posted by at 2016-11-22 02:19 | Comment(0) | DAZ3D DAZStudio イラスト 2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

ImageMagick を Windows(32ビット)の PHP で利用する


php 5.4 と 5.6 で動作確認しました

Windows + PHP で ImageMagick するには、こちらからダウンロードします(サイトが無くなっているのでインターネットアーカイブです)

ここからは、画像フォーマット用の DLL を手に入れる事ができます
( ImageMagick-6.8.0-vc9 というフォルダに 画像フォーマット用を含めた DLL が入っています )

最新は、pecl からダウンロードする事ができますが、画像フォーマットの dll が pecl 側には無いので、上記の消失サイトのインターネットアーカイブからダウンロードできるものをコピーして利用可能です。( pecl 側の全てのファイルを、ImageMagick-6.8.0-vc9 の中にコピーして上書きしたものを使用します )



※ phpinfo() で、NTS か TS かを確認します。( 上の例は NTS )

対象となる PHP 用の dll を配置して、php.ini で参照します(例:最初の画像)

それ以外にも、Windows 用の DLL がたくさん用意されているので、そのフォルダを適当に配置して、PATH 環境変数に追加して使用します。( php.ini の記述例 : extension=C:\php\imagick\php_imagick.dll )

正しく設定できれば、以下のようになります。(PHP Version 5.4.13)

※ pecl 側のみだと、ImageMagick supported formats が no values で空になります。


マニュアル

画像処理 [ImageMagick] : php オンラインマニュアル
<?php

// 画像
$image = new Imagick("1382552847536630.jpeg");

// トリミング
$image->cropImage(300, 300, 600, 200);

// 出力
$image->writeImage('crop.jpg');

?>
OK

関連する記事

PHP : 曲線が必要ならば ImageMagick ( 但し使えるかどうかはサーバー次第 )


posted by at 2016-11-20 20:47 | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

彼岸島に、なんだか良く解らないパーティが出来ちゃってるんですけど、元々なんでもありだからいいのかな。



なんか、以前のような凄惨さが薄まったというか不幸な物語ではあるのだけれど、今回はなんだかちょっとブラックコメディのようなノリになってきたような気がするのですが。

予告の1コマがなんだか・・・・

昔、お話のかなり昔、人間から血液を採取する為に樽の中に押し込められるのは結構血の気が引いたんですが、もう最近は怪獣退治してるブラックヒーローという型にはまって来てる気はしてましたが、ひょっとしたら制作側も何かいろいろ模索してるんては無いかという事は感じます。

できたら、もうちょっと謎が欲しいところですが、このお話の引っ張り具合ではそれも少し難しいし、どこにどうアプローチすれば読者が付いて来るのか解らない結構難しい漫画になってしまった感はあります。

化け物パターンは出尽くした感あるので、人間関係に今回も少しフォーカスが多く当たってますし、次回そのまま5人(?) のパーティになっちゃってます。

何か、もう一ひねり欲しいなぁと思ったりはしますね。



タグ:漫画
posted by at 2016-11-20 01:29 | Comment(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DAZ3D のプロダクトに、亜人の IBM にしか見えないフィギュアがあるんですよ。

▼ これです


まあ、発想として似てくる形状なのかなぁとは思うのですが、結構似てるので好きだったりはしますが、$24.95 と少しお高いので、値下げがあったら手に入れてもいいかなとは思っています。

本編、面白くなってるというか良く仕上がってますよねぇ



連載当初、なんか少年もののような影があったのですが、このお話の一番いいところに物凄くいいアプローチを途中から始めたんですよね。その結果生み出された化け物が『佐藤』なんですが、とても絶妙なバランスで超常現象たる『不死身』を生かした戦いが今回も一つの山場を迎えたというか、とっても素敵です。

難を言うと、戸崎と下村の存在価値が全く失せてるというか、下村に至ってはお話の中で浮いてるというか。

ま、でもなんか戸崎周りで何か起きて新しいストーリーの軸が出そうな気配を描いてるのでまだまだヒートアップしそうです。いずれにしても、今回一区切りでまた外堀から埋める作業が始まるんでしょうが、制作側は結構頭痛いんじゃぁないかなぁ・・・なんて。

期待してます



posted by at 2016-11-20 01:09 | Comment(0) | DAZ3D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月19日

アスリート アイコ(A4 + She-Freak4) / DAZ3D

最大表示
A4 ベースで She-Freak4 で筋肉化しています。 眼鏡っ娘 Giselle は、Genesis2 + MASSIVE Morphs でしたが、あちらもこちらもそれぞれの世代用の正当派筋肉化です。
眼鏡っ娘 Giselle
なんだかんだで、第四世代での構築は苦労します。第四世代は、アニメ系イラストではとてもいい味出せるのですが、いいモノ(Product)が無かったりするので、DAZStudio の性能と努力でなんとかするので時間がかかります。 スニーカーが Genesis 用です 普通にやったら Fit しません。これは、A4 に Fit させずに純粋に位置あわせして、A4 の Foot を 親にしてセッティングします。しかも、二足使って、それぞれの片方を遠い位置(x Transelate)において見えなくしています。その際の方法は、靴の Thigh を選択して x Transelate を移動させます。たまに使う手ですが、面倒なのでできればやりたくないです。 一応 V4 のスニーカ探したんですが、いいのが無かったのでした。
髪の毛は A3 用です この髪は使い勝手がいいのでおすすめですね。髪に関しては、自分で Fit させても、親を Head にすればなんら問題無く使えるので、チャンスがあればいろいろ試したほうがいいと思います。 その他は第四世代ですが、Mesh Smoothing は絶対に必要 どの世代でもこれは使いますね。DAZStudio 使いの基礎テクニックと言ってもいいですよね。最初知らなくてとっても苦労した過去を持ってます。そういう人は絶対多いですよね。ですよね。
最大表示
posted by at 2016-11-19 02:41 | Comment(0) | DAZ3D DAZStudio イラスト 2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します


Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX