SQLの窓

2013年08月31日

ドアクローザーの調整



ウチは一戸建てですが、もう28年経っています。ドアは当時のままで、相当古いのは解っていますが、特に問題も無くいままでやって来たので気にもしていませんでしたが・・・・

最近、ドアが閉まる直前で『ガチャン!!』と、素人でも解る『油圧調整が必要』だという状態になってしまいました。

しかし、勘では『油圧』だと解ってはいても、実際どうするか解らないのでインターネットで調べてみると、その部品の名前は『ドアクローザー』というものでした。値段も、単体で3000円から8000円ぐらいで、取替えだと工事費込みで20,000円くらいだという事も解りました。

もし、油が漏れてしまっていたら、取替えが必要ですが、まずは調整用のダイアルのようなものが付いているので、それをドライバーで時計方向に回すだけでいいという事が解りました。

時代によって、ダイアルが1〜3

ウチのは古いので当然一つしかありません。なんで、選択肢も無くおそるおそる回してみると、ちょっと回したくらいではあまり変わりませんでした。おもいきって一回りくらい回すと逆に開いた扉は戻って来なくなりました。そこで、すこしづつ調整してちょうど良い場所を発見して一件落着です。

ドライバー一本で済みました。ああ・・・・良かった。



posted by at 2013-08-31 18:42 | 生活 : トラブル・知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DAZ3D : Dark Elf Battle

フリーダウンロードギャラリーへ移動


Dark ELF が戦闘しているというイメージ。そのまんま、というか、元のデザインが結構極端なので色合いとかテクスチャの処理とかカスタマイズには結構時間がかかっています。

背景の効果には、高かった($39.95) ですが『Ron's War Elements』という効果レイヤーとブラシのセットを使っています。部品が豊富で、爆発とか砂煙的なものをなんとか付加できるようになりました。

相手はもともとドラゴンをイメージしていたので、首だけ出して( 実際は体全体で設置してますけれど )フォーカスを人物中心にしましたんで、ちょっとボケぎみです。



これは、イラストというより挿絵的なものになりました。


DAZ3D リンク

Dark Elves for Genesis
Ron's War Elements


posted by at 2013-08-31 16:32 | DAZ3D DAZStudio イラスト 2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月25日

DAZ3D : 月と剣士 / 時を隔ててバージョンアップ

新しいものの月は、Lunarcell に付属のプレーン・ムーンを使っています。

▼ 2013-08-25




▼ 2011-11-12


Luc Viatour の月を背景に使いました


タグ:DAZ3D
posted by at 2013-08-25 00:54 | DAZ3D DAZStudio イラスト 2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月24日

Windows XPは、2014年4月8日で製品サポートが終了します。ところで、Windows7 のサポート終了は 2020年1月14日なんですって・・・



Windows XP2014 年 4 月 8 日
Windows Vista2017 年 4 月 11 日
Windows 72020 年 1 月 14 日
以下 Microsoft の正式ページ

Windows デスクトップ製品のライフサイクル

▼ 以下は 2010-07-11 の古い記事

7/13 はもうすぐです。Windows2000 は完全にサポート終了して、セキュリティに関するアップデートが提供されなくなります。Microsoft の文言を使うと、以下のような結果になると言う事です。

お客様はセキュリティ上のリスクが高い状態でお使いいただくことになります


Windows XP は、SP2 が対象であって、SP3 は問題ありません。さらに言うと、64ビット版の場合は、SP2が最新なので、問題ありません。32ビット版のサポートが終了します。

64ビット版は、2014 年 4 月 8 日 (米国時間) までサポートされます


とは言うものの、セキュリティ上の脅威の発生する可能性の低いネットワークで使用しているサーバ等のPCですと、あまりあわてる必要も無いと思うのですが、何のサーバーに使っているかによって考慮すべきではあります。世の中には NT4.0 でいまだに稼働しているものもありますから、予算と時間が許されるのならばアップデートしたらいいと思います。個人の PC であれば、おそらくスペックの低い可能性が高いので、PC そのものを買い替えになるでしょうし、割り切って運用すれば良いとは思います。

ま、でもいずれにせよ事実として Windows2000 のサポートは完全に終わるわけではあります
製品名 適用される
ライフサイクル
製品発売日
(提供日)
メイン
ストリーム
終了日
延長
サポート
終了日
サービスパック
サポート
終了日
Windows 2000
Server / Professional
製品 2000/3/31 2005/6/30 2010/7/13 -
Windows XP Service Pack 2 * サービスパック 2004/9/17 - - 2010/7/13
Windows Vista RTM サービスパック 2007/1/25 - - 2010/4/13


タグ:Windows
posted by at 2013-08-24 17:45 | LOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本当ならタイトル考えるのと Twitter でつぶやくのってほぼ同じ労力なんですよね

フリーダウンロードギャラリーへ移動


で、その上本文なんか書けませんから絵でごまかしてみました。

この、『おっさん』のデザインは Stock Characters for Genesis Male でやってまして、おそろしいほどバリエーションが出来ますが、『魅力のある脇役』創るとなると、やっぱ『日本の漫画』的になります。

こうていキャラいっぱい創っておいて、シーンを作るってのはきっと楽しいと思うのですよ。ホント誰か仲間居ないかなぁ・・・。孤独の荒野でひたすらジオラマ作ってるような感じです。


posted by at 2013-08-24 01:33 | DAZ3D DAZStudio イラスト 2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手書きブログに直接リンクしていた画像がリンク切れなってるので

DAZ3D で作成したイラストギャラリーへ移動
▼ DAZ3D


暇な時に直していこうかと思います。ほとんど Google の Picasa にあっぷしているので画像番号を一致させるだけなんですが、かなり面倒な作業です。手描きブログは、もともとたいした才能無いので今は、DAZ3D の DAZStudio でイラスト創ってますが、これって誰か同じ志の人居るのかなぁ・・・といつも思います。DAZ3D そのものは、『美しいリアル女性の再現』という方向にやたらと向いていて、かなり自分とは方向性が違います。

▼ 手ブロで描いた絵( リンク直し )




posted by at 2013-08-24 01:13 | DAZ3D DAZStudio イラスト 2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月23日

なんらかの設定処理でレジストリのどこが変わったかチェックする



かなり昔からあるレジストリ比較アプリケーションである RegDiff は、コマンドラインから実行できるので、VBScript を使って自動で比較結果のテキストを作成できます。

アプリケーションのインストール情報は複雑すぎて、慣れた人でないとチェックできませんが、レジストリのエントリが一つだけならば、簡単に抽出できます(目的のヒントになるかもしれません)。

それでも、余計なデータはたくさんあるので、全く知らない人には無理です。もともと、使用する自信のある人のみが使えるアプリケーションです。

❶ Regdiff と同じディレクトリにこのスクリプトを置く

❷ まずは実行し、メッセージボックスが表示されたら(解りにくいのでタスクバーに注目して下さい)レジストリが変更されるであろう処理を行ってから、OK ボタンで処理を続行します。

❸ 最後に result.txt が作成されるので、その中の情報より必要な情報をチェックする事ができます( 中間ファイルは削除していますが、残したい場合は スクリプト内の DEL の部分を削除するかコメントにします )
Set WshShell = CreateObject( "WScript.Shell" )

Set Fso = CreateObject( "Scripting.FileSystemObject" )

strCurPath = WScript.ScriptFullName
Set obj = Fso.GetFile( strCurPath )
Set obj = obj.ParentFolder
strCurPath = obj.Path

k1 = "HKEY_CLASSES_ROOT"
k2 = "HKEY_CURRENT_USER"
k3 = "HKEY_LOCAL_MACHINE"

Call WshShell.Run( "regedit /e " & strCurPath & "\" & k1 & ".001 " & k1, , True )
Call WshShell.Run( "regedit /e " & strCurPath & "\" & k2 & ".001 " & k2, , True )
Call WshShell.Run( "regedit /e " & strCurPath & "\" & k3 & ".001 " & k3, , True )

MsgBox("処理後 OK で継続   ")

Call WshShell.Run( "regedit /e " & strCurPath & "\" & k1 & ".002 " & k1, , True )
Call WshShell.Run( "regedit /e " & strCurPath & "\" & k2 & ".002 " & k2, , True )
Call WshShell.Run( "regedit /e " & strCurPath & "\" & k3 & ".002 " & k3, , True )

Call WshShell.Run( "REGDIFF " & strCurPath & "\" & k1 & ".001 " & strCurPath & "\" & k1 & ".002 " & k1 & ".diff", , True )
Call WshShell.Run( "REGDIFF " & strCurPath & "\" & k2 & ".001 " & strCurPath & "\" & k2 & ".002 " & k2 & ".diff", , True )
Call WshShell.Run( "REGDIFF " & strCurPath & "\" & k3 & ".001 " & strCurPath & "\" & k3 & ".002 " & k3 & ".diff", , True )

Call WshShell.Run( _
	"cmd.exe /c copy " _
	& strCurPath & "\" & k1 & ".diff + "  _
	& strCurPath & "\" & k2 & ".diff + " _
	& strCurPath & "\" & k3 & ".diff result.txt", 0, True )

Call WshShell.Run( "cmd /c del " & strCurPath & "\*.001", 0, True )
Call WshShell.Run( "cmd /c del " & strCurPath & "\*.002", 0, True )
Call WshShell.Run( "cmd /c del " & strCurPath & "\*.diff", 0, True )

'Call WshShell.Run( """C:\Program Files\tpad092\TeraPad.exe"" result.txt", , True )


変更履歴
2008-10-17 : 初回投稿
2013-08-23 : VBScript 内容の修正( スクリプトのあるディレクトリの取得を追加 )



posted by at 2013-08-23 01:02 | VBScript | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月19日

DAZ3D の Subsurface Shader Base を DAZStudio 4.5 にインストールする

▼ 以下へ移動しました
http://wahaha.winofsql.jp/article/387884705.html


posted by at 2013-08-19 00:16 | DAZ3D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月18日

DAZStudio の Smart Content(DAZ Content Management Service)は、メモリ喰うだけなので使っていま(DAZ信用してま)せん。

▼ サービスを切るだけで、表示されなくなります。( 手動設定 )


たしかに、ある程度インストールされているものが見渡せるので、時々見回るようにはしていますが、通常のキャラ構築は、Content Library で十分だと思います。インストールされたコンテンツが増えて来ると、探すのに多少時間を要しますが、もともと全てのコンテンツが Smart Content に表示されるものでは無いですし、DAZ クオリティと言うか、システム屋からしたら突っ込みどころ満載なクオリティな DAZ なんで、下手に Smart Content に頼ると今後ロクでもないとも思ってますし。

▼ Smart Content


インストール後のカテゴリやらフォルダ名にしても、一貫性が無いというか、なにが根拠なのかさっぱり解らない分散状態なんで、今の所最も DAZ で信頼できるのは、Install Manager だと思っています。これは、いろいろな意味で論理的に整理された仕様の元で動いていると感じる事ができます。

DAZ のサイトでは、ほとんどの最近のコンテンツが DAZ Studio 4.6 の表示になっていますが( ビジネス的には仕方無いとは思いますが )、Install Manager のポップアップされる表示には DAZ Studio4.5+ とタグが設定されています。そりゃ、システムなんでそうしないと絶対管理できないと思うわけです。

結局 Subsurface Shader Base も、DAZ Studio4.5+ な製品です。日本語では無いので、このへんは情報が少なく、しかし、Install Manager は、Install Manager なんだから、そのへんの区分けははっきり認識する必要があるわけです。

※ とは言っても、DAZ システムは根本的には信用して無いですけれどーーー:-P

ついこないだの『あ゛???』的な出来事

値引きの設定された製品を購入しようと PayPal まで行ったんですが、DAZ のサイトに帰って来た時点で定価に戻ってたんですよ。わけが解らないんでタブ閉じて PayPal 側を確認したら支払いが発生していませんでした。

これは、最後 DAZ に帰って来てからもう一度送信しないと確定しない仕様の為ですが、定価に戻っていたのは事実なんですよね。で、しばらくしてからもう一度試そうと思って製品ページに行ったら・・・・。

さらに値引きされていたわけです。

『なんじゃこりゃ』

と思いながらも、さらに安くなっていたので購入しました。当然今回は最後まで決済して完了です。考えるに、DAZ のシステムの値引きの切り替えタイミングで処理したとしか思えないんですが、なんで一旦定価に戻る状態があるのか・・・・( DAZ だからです )。

油断してるとバカを見ますので、ご注意を。



posted by at 2013-08-18 22:15 | DAZ3D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月17日

ただでさえ『iCalendar形式』の公開データが少ないのに、使い勝手がこうも違う Google と Microsoft

Google の圧勝です。

対象は二つあって、ひとつは映画の公開スケジュール。

▼ Google


▼ Microsoft


Microsoft は、リンクがただのテキストになってしまっています。ただ、これはまだマシなほうで、コミック・文庫発売スケジュールにいたっては、えらいことになってます。

▼ Google


書籍なんで、Amazon の情報が埋め込まれていますが、Microsoft の中身はと言うと・・・

▼ Microsoft


なんでしょう。これ。『ツメが甘い』どころの騒ぎでは無いと思ったりします。


posted by at 2013-08-17 20:10 | WEBサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します


Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX