SQLの窓 イラストAC フリー素材

2010年10月30日

Flashってまだ64ビット対応されて無かったんですね

Flash Player の 64 ビット版オペレーティングシステム対応状況

こういうページがあって、ダラダラ書いてあるのですが、要するに

「Flash はまだ64ビット対応して無いから、32ビットのブラウザで使って下さい」

という事ですね。

最近、DELL Inspiron M5030 (NI15T-QL) と言う安〜いノートを買ったのですが
当初より64ビットである事は解っていて、通常のたいていの32ビットのソフト
が動くであろう事はだいたい解ってましたが、こういうシチュエーションは少し
想定外でした。まあ、でも実害があったわけでは無く後から気付いただけなので
すが、試してみたら、確かに64ビットと32ビットの IE のプログラムメニュ
ーがあって、バージョンには64ビットの場合その表示があります。

で、それで Flash 表示しようとすると何も表示されないし、adobe のサイトへ
行くと「あなたの PCは・・・・」とか言われてしまいます。


関連する記事

DELL Inspiron M5030 (NI15T-QL) を買いました。/ 54,800円 にポイント13%

64ビット対応関しては、現在プレビュー版がダウンロードできますが、まだ時間かかる んでしょう。詳しい事情は解りませんが、時代の変わり目に来ているのかなぁ・・・ なんて思いつつも、 「トラブルとか無いんだろうか?」 と、安〜い PC を買った一般の人々を心配する今日この頃です。


posted by at 2010-10-30 18:43 | 古い記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します


Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX