SQLの窓

2009年11月30日

こういう人形を地下鉄で見ました



もちろん広告です。
妖精が見える人といっしょにしないで下さい。


近畿大学の募集広告だったと思うのですが、たしか去年も彼女で、
とは言っても本物はもっと普通ですけれど。

ただ、目がとても印象的な雰囲気は我ながら掴んでると思うのですが・・・
要するにずっと「見ていたくなる」造形だったわけで、
とても印象に残る人形でした。



つか、普通に見つけました。
なんと彼女はブログやってるみたいです(笑)








タグ:広告
posted by at 2009-11-30 01:19 | Comment(0) | 手書きブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月28日

さくらインターネットでRuby使ってmixiボイスで投稿する為に【その4】:PHPとの連携第一段階として、PHPの送り先(target)をRubyとする


さくらインターネット : Ruby+mechanize : mixi ボイスへの投稿を php と連携して行う


シリーズ4にしてやっと基礎段階のアプリケーションとしての実装です。
モノは(1)の時に既にできていて、まとめたり検証したり誤字脱字をチェックしたり。

▼ こちらの実装ページのソースコードが ▲
mixi ボイス投稿

構成としてはトップがフレームで、入力部分が PHP で表示部分が Ruby です。、
問い合わせ処理に最も適した方法で、入力データがずっと画面に残ってくれます。

出力は現時点では Ruby が直接やっていますが、実際は、Ruby の標準出力
を PHP が受け取って、PHP 側で加工しようと思っています。
例えば、出力を XML にすれば、WEB API として転用できますし、Ruby では
Ruby でしか出来ない飛び道具として設計するつもりです。

というか、Perl、ASP、PHP、JSP で、いいかげんもう新しいものはいらないというのが
正直な気持ちであると同時に、Perl の進化版である以上、Ruby だけでMVC は
無理があるのです。( その為のモジュールがありますが、同じ事です )

WEB 用に開発された、ASP.NET というものがありますが、その為に作られていても
使え無い物はやはり使え無いし、限られた時間の中で最高のパフォーマンスを出す
事を使命と考えた時に、Ruby は選択肢に入れるわけにはいかないのです。
( 飛び道具としてはたぶん最高のパフォーマンスを発揮しそうですけれど )

「ストレスなくプログラミングを楽しむことである」

というコンセプトが最優先ならば、かなりいいセン行ってます。
そこに「システム開発」なんぞという営利目的が入って来る場合、
誰も死地目指して行軍はしないのです。
正直、Java に次いで調査が困難を極めました。なかなか、完全に裏を取れないです。
70% くらいで当面前へは進めるのですが、経験上それでは後で痛い目に会うので
時間がかかっても、いつも95% くらいまでは調査をつづけるのですが・・・・
ラチあきませんでした。


ま、それはともかく。

Twitter は、API もはっきりしているので、
Ruby でやるか PHP でやるかは悩みどころです。




 

posted by at 2009-11-28 20:50 | Ruby | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

WEBサービス:Amazonレビュー&画像&貼り付け用HTML問合せ



直接商品コードを入力して表示する事ができますが、 AmazonからこのページJumpするソフト
を使用して Amazon の商品リストの画面から直接コードを取得して Jump する事ができます。その場合は IE
専用になりますが、最近は商品によっては、画像がたくさん付属しているので、その枚数がすぐ解って、その画像
を一度に見れる画面への移動が可能です。

ページの最後では、このページで表示されている HTML のリンクのサンプルを
テキストエリア内で確認する事ができます。






posted by at 2009-11-27 18:11 | WEBサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

さくらインターネットでRuby使ってmixiボイスで投稿する為に【その3】:rubygems-1.3.5をインストールしてmechanizeをインストール後mixiボイスへアクセステスト

この前の記事
さくらインターネットでRuby使ってmixi ボイスで投稿する為に【その2】 : PuTTY ごった煮版 + FDclone 



さくらインターネット : Ruby : rubygems-1.3.5 のインストール( + mechanize ) 

PuTTY が使えるという前提ですが、この一連の作業でさくらのサーバ内の仮想ブラウザによって、いろいろなページに対するオートマチックなアクセスが可能になります。ログイン処理もオートマチックの中の一つのプロセスなので、通常では取得できない情報を抜き出す事が可能になります。

古くから VB の WebBrowser コントロールによって、リモートのページ上のテキスト情報を抜き出すといったアプリケーションはわりとポビュラーに作られて来ました。しかし、リモート側の仕様変更も時代の変化にあわせてに多かったので、そのたびに変更してビルドしてまで取得するようなデータも無かったですし、VB 側の変化も大きく様々な事情でそうそう手を出そうという領域では無かったのです。

3年くらい前、実際に VB で mixi 専用ブラウザを作って遊んでみたり、PHP で mixi の足跡データを取得 というプログラム作って、CRONから起動して足跡の統計データを取った事もありましたが、面倒なわりに役にたたないで終わっています( 自動ログイン処理とかはさすがに面倒だったので )

しかし、この mechanize を使うとそのへんは一挙に解決です。Perl でもあったようなのですが、調べた限り、https へのアクセスがはっきりしません( 面倒のようです )。で、こちらは普通に実装されていました。あらゆる場面を想定してテストはしていませんが、mixi に https でアクセスはできています。

となると、画像による認証投稿というハードル以外はたいてい超えてしまえると言う事ですから、WEB 上のデータの自動取得という「統計的な分野」で使っていけるのでは無いかと思っています。

とは言っても、当面やりたい事は、Twitter と mixi の同時投稿程度ですが・・・・・


インストールにあたっては、それなりにハードルがいくつかあります。
リンク先はそれをまとめてありますが、要点は数箇所です。
1) .cshrc に setenv RB_USER_INSTALL true が必要
2) GEM_HOME は、今後のインストール先(リポジトリ)を指定する
3) PuTTY から動いても、WEB上から動くとは限らない
4) デバッグは PuTTY から行う
5) .rb 内で、ENV['GEM_HOME'] を設定する
6) .rb 内で、$LOAD_PATH.push('/home/username/lib') を実行する
です。 それなりに正解を得るのには苦労しました。
posted by at 2009-11-26 20:42 | Ruby | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

さくらインターネットでRuby使ってmixiボイスで投稿する為に【その2】:PuTTYごった煮版+FDclone

この前の記事
さくらインターネットでRuby使ってmixi ボイスで投稿する為に【その1】 : PuTTY ごった煮版で SSH 接続
この次の記事
さくらインターネットでRuby使ってmixi ボイスで投稿する為に【その3】 : rubygems-1.3.5 をインストール
してmechanizeをインストール後mixiボイスへアクセステスト


Unix の開発で費やするコマンドラインでの作業時間はバカになりません。
当時FDclone では無く FU というソフトをビルトして使っていましたが、
FU は8年くらい前に Cygwin の Linux でも試しています。ですから、解る人には
解るのですが、Unix & Linux では、ソースからビルドするのは当たり前で、
特別な環境でないかぎり普通にビルドが成功します( 多少問題あってもなんとかエラーぐらいは消せます )

ですから、さくらインターネットで作業する目的が ruby のモジュールのビルドなのに、
自分の環境周りをほったらかしというのはおかしな話なので、(使わないけど) 導入しました。
これからも使うのならば、もっと詳しく解説するのですが、さわりだけです。


Fdclone_color


さくらインターネット : PuTTY ごった煮版 + FDclone



posted by at 2009-11-25 18:04 | Ruby | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さくらインターネットでRuby使ってmixiボイスで投稿する為に【その1】:PuTTYごった煮版でSSH接続



Ruby は飛び道具なんで、ずっとほったらかしてたのですが、mixi ボイスを Twitter から埋め尽くす
マイミクが居るので、ちょっと興味持って調べたらアプリでクッキーを保持してセッション継続したまま
やりとりできるのが解って始めたのですが、解説するには順序があるのでこれからです。

▼ すでに完成しているアプリはこちら( まだ実用段階では無いですが )
mixi ボイス投稿

いずれ、Twitter と同時投稿できるようにして、下のフレームでそれぞれのリスト表示をするというふうに
するつりですが、まずは実装の初期段階はクリアしたのでまとめています。

とにかく、ローカル(Windows)でできても仕方無いので、リモートでさくらへログインしなければ
なりません。コマンドラインの操作は嫌いですが( 十数年前に Unix の開発経験はあります )
仕方ないのでひさしぶりに Unix です。あんのじょう、vi が必要ですが、操作方法は綺麗さっぱり
忘れています。最低限必要なものを集めてまとめています。



さくらインターネット : PuTTY ごった煮版で SSH 接続




posted by at 2009-11-25 17:45 | Ruby | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

Flex3:Papervision3Dで、ローカルのPC のdaeデータがzipファイルとして保存されている書庫をロードして表示するサンプル

解説は後回しにして、モノが出来たので先にとにかく公開です。

Dae_in_zipfile_load2

上のデータは、Google SketchUp 用のデータを kmz または zip で Google 3D
ギャラリー
からダウンロードしてロードしたものですが( 大きいので凄くロードに
時間がかかります。最初は小さめでテストして下さい )、自分で作った dae のみでも、
いいですし、テクスチャがある場合ならば両方。とにかく、zip 書庫に固めてロードできます。

初期スケールはなんかいろいろあるみたいで、ロードしてから調整するとうまく表示されます。
データはいくつでもロードできますが、スケール調整は最新データのみです。


Zip_dae_load

ソースコードはこのページからダウンロードします。
ソースコードの解説はこれからすこしづつやっていく予定です。


papervision3d では、最初から KMZ を想定した dae データのロードクラスがあり、
引数として ByteArray が渡せるので、メタセコイアよりはるかに簡単でした。今後、
Blender でアニメーションするデータを作ってテストする必要がありますね。

ソース読んだら、Blender のコメントがあったりして、
「ああ、Blenderを想定したデータのハンドリングがあるのか」

なんて思ったり。


もっとおもしろい事があるといいのですが。


えっと、当日ですが更新しました。
一つのファイルでいろいろなテクスチャをまとめているタイプの DAE が表示されなかったので、
DAE の改造クラスを付加しました。

ねぎミク Collada ファイルはこちらにあります

Ha2

Ha






posted by at 2009-11-22 16:35 | AIR Flex( WEB Flex ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

FileZilla:SFTPとFTPSが使えて、別サーバをタブ表示できて、サーバ内をツリー表示できて、下階層全て検索できて、ブックマークに名前が付けれるFTPクライアント

Nifty の ラクーカンのお話から、SFTP になって、対応しているクライアントのテストをしてみたらたまたま、2009-11-15 - FileZilla Client 3.3.0.1 released で、最新だしラッキー。開けてみると、普通に日本語対応されてて、使ってみたら、欲しいものは全てあったと言う・・・・

運用してみないと何とも言えませんが、パッと見機能だけでも十分なものです。
( もっとコアな機能もありますが )



FileZilla Client ( SFTPの利用 )

タブは、同じホストだとそのまま追加されて、別ホストだと接続処理になります。この最新バージョンで、Ctrl-Tab and Ctrl-Shift-Tab to cycle tabs now loop around if reaching the end of the tab list 
となっていて、タブ処理にキーが割り当てられたのは出来立てホヤホヤですね。たぶん便利だと思います。

Filezilla_07

Filezilla_08


FFFTP でめちゃめちゃ使う、ホスト側ファイルをエディタで開く機能もあります。もしこれが無かったら絶対使いませんものね。それと、FFFTP で欲しかった、ブックマークのエイリアス。これは涙が出るほどうれしいです。

最後にとてもうれしいのが、ファイルの検索機能です。あるんですよ、そういう場合。

「あれはどこに・・・・というかそもそもアップロードしたっけ?」

なんてシチュエーションが。

以前使った時は日本語じゃなかったような記憶があるのですが、FileZilla のサーバーを試していて、クライアントはあまり興味無かったせいもあります。

が、今回マジで試用するつもりです。




posted by at 2009-11-20 18:03 | フリーソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

Flex3:ちょっとマニアックですが、3Dなんで今時です。FLARToolKitにメタセコイアデータをロードするクラスを拡張しました

▼ こちらに実装しました。
Shot_miku
WEB カメ くらぶ


▼ソースコードと若干の詳細

Metasequoia.as 拡張クラス ( ローカルの zip 書庫内のファイルをロードする )



で、 最終的には 3D のシューティングゲームを作りたいのですが、
papervision3d はそういうふうに出来ているライブラリでは無く、まだいろいろ
細かいところで積み上げねばならない部分が沢山あります。

でも、コンセプトとしては、

プログラムは WEB
3D データは自分のPC
WEB でデータ交換

です。AIR でやっても絶対何も起きないだろうし、でもデータアップロードなんかやってられない。
とにかくどこからでも実行できる WEB は強みで、情報も全て WEB にあるし。

でも 3D データ作るのは必ずローカルだし。
プログラマなんで、時間さええあればどんなフログラムでもいつかは出来てしまいますが、
3Dマテリアルはちょっと・・・。

ボーンとか言ってた日には、もう一度生まれ変わらない限りどこにも
そんな時間を捻出する方法無いです。かろうじて絵は描けますけれど
2D やし。というか、全く関係無いですね。 2D と 3D って根本的に違うでしょ。
データの扱い方の概念が全く違うのでお手上げです。

以前、MikuMikuDance空手の型のほんのさわり作っただけで死にそうになり、

「もう二度とやらん」と思いましたもの。

でも、物理や数学は元々得意ですからやりたい事の骨組みはだいだい頭の中で
絵になっていて、それにどうオブジェクトを設計したらいいかも想像つきます。
ま、時間はかかるでしょうが、この分野はやっといたら今後のコストパフォーマンスが
高いでしょうしね。


・・・なんて、思う今日この頃です。



データは、mqo と テクスチャを内部にフォルダの無い状態で zip にして
ロードして下さい。近いうちに dae に対応します( というか、テストは終わってるので )
時間があれば、今週末には Google Earth のデータ(kmz)を読み込めるようにしたいです。







posted by at 2009-11-19 02:00 | AIR Flex( WEB Flex ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

MySQL:GPLな再配布。プログラムは無しでデータのみ追加


MySQL5.14 販売管理データ登録済みセットのダウンロード



MySQL 5.14 のオリジナルインストールで配置された環境は、開発する者にとっては
とょっと不向きなので、一箇所にまとめて販売管理データを登録してパッケージにしました。
プログラムは無いのですが、GPL なんで、いちおうオリジナルのソースコードもダウンロード
できるようにしています。

てっとり早く言うと、C:\ にダウンロードして解凍して install.bat を実行するだけで使えるようになります。
( ODBC ドライバ同梱、テーブル13、ビュー 4、要サービス起動 )


で、重要なのはこの再配布では無く、


自分で作ったデータをそのまま書庫に固めて持ち運びできるというサンプルです。
もちろん、公開しなければサーバに置いておいてダウンロードして使うというのが本来の
正当な使い方ですし、その場合は何も気にしなくていいですし。




posted by at 2009-11-17 14:41 | DB関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します


Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX