SQLの窓

2009年06月30日

グループ関数の原則

グループ関数の原則

一応 Oracle をベースとしてのお話です。

一番の大原則は、group by で指定された列のみが select で そのまま記述できるというところです。
テーブルは通常正規化されていますから、コードに対する名称は別テーブルある事になります。
ですから、結合して名称を取り出して、その結果を:結合したキーで group by に指定した場合、
キーと名称は一対一ですが、SQL からすれば select に指定できるのは キーのほうだけです。

この場合、どうしてもその場で名称が欲しい場合は max 関数を使いますが、全体としての解決策
はいくつかあります。しかし、とりあえずこの大原則を中心に考えます。

そもそも。

select 表示データリストfrom テーブル名 と group by グループ列 と order by は、データを
処理するプロセスが違います。元のデータに直接アクセスするのが from テーブル where 条件
で、group by グループ列 having 条件は、加工処理です。order by は全ての処理が終わった後の
単純なソート処理です。

select 表示データリスト は、出力フォーマットと考えれば良いでしょう。

そう考えた場合、グループ列( 複数もあります ) を中心に加工された出力結果が仮想的なテーブル
として提供されるのが group by の結果です。グループ列 以外はグループ関数を通して出力する
ように仕様で決められていますし、それ以外の方法は矛盾が生じます( 特例とか無いので )

とまあ、理屈をこねるより group by  のやってる事を自分でかわりにやってみれば解る事で、
コントロールプレイクで集計して最大値や最小値や平均やら求めるアルゴリズムは標準化できても、
はたしてただ表示したいが為に、対象となるキーにデータを付加するのは・・・
実際は、そのデータの為に保存エリアを用意する事になりますが、その時だけの都合的処理で、
仕様としての必然性に欠けますよね。


でまあ、この話はこれくらいで。


もう一つ原則的というか、騙されやすい仕様というか、グループ関数と NULL の関係です。
これは、間違いやすい落とし穴で、 NULL 同士の演算が NULL になるという SQL の原則に
のっとった上での グループ関数の挙動ですが、全て「その行は無視」が原則です。

例外は count( * ) で NULL を含む全ての行。 count( 列名 ) は NULL を除く行数。
count( distinct 列名 ) は、列名が重複しない数( つまり種類の取得 )
その他も NULL の行は無視されますが、以下は注意です。

sum( 給与 + 手当 ) 

給与はともかく、手当は NULL を含むという場合が想定される場合、給与 NULL は 基本給
ですから、その値が NULL という事は理由があって計算に入れる必要が無いのは矛盾しませんが、
手当が NULL の場合、給与+手当が NULL になって、計算が除外されてしまいます。
ですから、以下のように書く必要があります。

sum( 給与 + nvl( 手当,0 ) )

ですが、現実的には結局給与にも nvl しておいたほうが痛い目を見なくて済むと思います。



posted by at 2009-06-30 21:03 | DB関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

VB.net:印刷処理

VB.NET ベースでかなりベタで印字処理するのに、何段階かに分けてまとめているのですが、
とりあえず、単純行印字まではできました。この次はヘッダ部分の印字や合計処理といった
ブレークや集計やら印字抑制やら・・・・

まずまとめるのは無理でしょうね。

VB.NET : 印刷(1)
VB.NET : 印刷(2)
VB.NET : 印刷(3)


PrintPreviewDialog のツールバーの変更
設計書としての印刷フォーマットのサンプル
コントロールブレイクのセオリー

posted by at 2009-06-29 18:50 | VB.net | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魔人の休息

1246208092861789


何と戦ったのか解らないですが、相当疲れてる様子です。

ひょっとしてこれは「スーツ」で、中に誰かが入ってるのかもしれません

現実の不景気もそろそろ不気味な展開が現われそうですね。

そんな気持ちも少し混じってるのかもしれません。



posted by at 2009-06-29 02:11 | Comment(0) | 手書きブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

ExecuteGlobalを使用して文字列内の定義文を有効にして、httpで取得した関数ライブラリを使う

ExecuteGlobal は、ほとんど反則のようなステートメントですが、運用して3年近くなるので
もっと WEB で使えばと思うのです。これ使うと、ASP で、他ドメインにある関数定義使えたり
しますし、なんと言ってもメンテするのに一箇所でいいのが最高です。

VBScript : MDB作成 / http 経由で関数ライブラリを読み込む
ASP : 別ドメインにある関数ライブラリを使用して Mdb を作成する

スクリプトタグで外部参照できる wsf( WSH ) や HTA では、普通に src 属性で読み込めばいいのですが、
以下のルールを守って作っておくと、ASP で使えるだけでなく、ローカルで動的に変更してから関数化できます。
REM **********************************************************
REM ■ 動的にローディングする為の注意
REM 1) UTF-8N で保存する
REM 2) コメントは REM を使用する
REM 3) 条件式として = を使わない
REM ■ 問題回避の対策
REM .htaccess 
REM AddType "text/plain" .vbs
REM **********************************************************


posted by at 2009-06-28 20:25 | VBScript | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

Form(サーバー送信)汎用スケルトン(4)

バージョン4になりましたが、今回で MVC の一部としての画面部分を view.php で
切り離しています。機能的な主軸は、「ファイルアップロード」ですが、2会話による入力
コントロールも行っています

Form(サーバー送信)汎用スケルトン(4)  : ファイルアップロード


Form(サーバー送信)汎用スケルトン : BASIC
Form(サーバー送信)汎用スケルトン(2) : HTTP通信
Form(サーバー送信)汎用スケルトン(3)  : クッキー


posted by at 2009-06-26 17:31 | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

Oracleエクスポートユーティリティ(expdp)パラメータ入力支援HTMLアプリケーション



単純にコマンドラインやバッチファイルでは運用時に間違いやすいので、
コマンドラインを作って実行するだけの HTML アプリケーションですが、
運用ツールとしてあると無いとでは大違いですし、自分でいくらでも作れます。

さらに、この後のインポートのバリエーションは、
こういう定型の画面が無いといろいろ問題が多いのです。

↓こんな画面

ユーザ
パスワード
サーバー
ディリクトリオブジェクト
ダンプファイル
スキーマ


インポートには、大きく分けても、エクスポートしたスキーマにテーブル単位で戻す開発パターンと、
別々のサーバにデータのみ移す移動パターンと、丸ごと元へ戻すリストアパターンがあるのですが、
結局 impdp のパラメータが微妙に違うだけだったりします。

ですから、画面は必要です。


Oracle : 同一スキーマテーブルインポート
Oracle : 別スキーマテーブルデータインポート
Oracle : 別スキーマテーブル置き換えインポート


■ 関連する記事
Oracle : ディレクトリオブジェクト

posted by at 2009-06-25 16:20 | DB関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

女性に見えてくるから不思議ですね

1245083511402197

マンガの凄さというか・・・


元はドクロのはずなのに、口は裂けて大きいのに、
なんか魅力的なキャラになりそうな予感。

ほんと、最初描き始めた時の頭の中は水晶ドクロしか無かったんですけどね。

口描いてるあたりからなんか、妙〜な具合になってきて、

「あれ? これってアリやん」

みたいな。

さすがに体描く自信無かったのでやめましたけど(^^;




posted by at 2009-06-24 21:25 | Comment(0) | 手書きブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

WSHでVBScriptからJavaScriptを呼び出す場合は先に定義が必要のようです



WSH : VBScript から JavaScript の呼び出し


そうそう、使う場面も無いのでたまたま使えてたので気にしてませんでしたが、
あらためてテストするとそういう事でした。ちょっと不思議では有りますが、

HTML 上のオブジェクトがローディング時にもそうなので、まあそうなのかなと。

これで、WSH では .wsf を使う場合において、多少気を使えば VBS と JS の
相互呼び出しは特に問題は無いですね。HTA は、画面表示後であれば当然ながら
OK ですし、ローディング中は試して無いですが、おそらくダメなんでしょう。

VBS から サーバへデータを POST するのに URL エンコーディングが必要なので
テストしてたらそうなりました。




posted by at 2009-06-23 22:16 | VBScript | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

お気に入りディレクトリにあるファイルの表示・非表示を設定する

2009/06/22 リンク先にダウンロードリンクがありませんでした(汗)

ブラウザでダウンロード




Favdirmtn

数日前に、SendToディレクトリにあるファイルの表示・非表示を設定する というのを作成しましたが、
今回そのツールにフィードバックできるような細かい作りになっています。
ディレクトリも対象として、「お気に入り」なので、ディレクトリ内にも移動できるようにしています。

Shell 関連のディレクトリはまだいくつかあるので
( 単純にこのソフトを少し変更するだけでもプログラムメニューに使えます )
順に作っていく予定です。



posted by at 2009-06-19 20:06 | VBScript | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

SendToディレクトリにあるファイルの表示・非表示を設定する

あまり使わない方もおられるかもしれませんが、「送る」という機能は、ユーザーが最も
カスタマイズしやすい、ランチャー機能です。

他の Shell 拡張は、専門知識が無いと無理なものが多いですが、
これは、ショートカット( またはスクリプト )をそこへコピーするだけでエクスプローラ
から使えるようになります。また、ディレクトリを作成すれば、階層構造のメニュー
が出来上がりますし、一時的に必要無い場合は「非表示」にすれば良いだけです。

Sendto_mtn

このツールは、その表示・非表示の一括処理と、
表示状態のエントリのプロパティを1クリックで表示させます。




posted by at 2009-06-15 18:06 | VBScript | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します


Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX